節分(2月3日)を前に、三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で、福升作りが進められている。

 福升は、厄よけなどを願う縁起物で、17センチ四方、深さ9センチ。側面に打ち出の小づちと赤鬼、夫婦岩、底には、お多福が描かれ、「家運隆昌」「商売繁盛」の焼き印が押されている。

 社務所では、白衣に緋袴(ひばかま)姿の舞女が、升の中に福豆と厄よけのお札を入れ、紙で包む作業に追われている。今月末までに1500個用意し、1個5000円で授与する。

 同神社の節分会は2月3日午後2時から。【木村文彦】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分の縁起物:くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺
掘り出しニュース:4メートルの赤鬼 仁王門前に登場
節分祭:準備着々、福豆2万8000袋--中央区・湊川神社 /兵庫
節分会:恒例、多彩なイベント--伊勢・おかげ横丁 /三重

民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
彬子さま、オックスフォード大で哲学博士(産経新聞)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
<車上荒らし>巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる(毎日新聞)