筒井寛秀さん88歳(つつい・かんしゅう=東大寺長老、元同寺別当・華厳宗管長)23日、肺炎のため死去。葬儀は26日午後1時、奈良市雑司町406の1の東大寺塔頭(たっちゅう)の自坊・龍松院。喪主は東大寺執事長の長男寛昭(かんしょう)さん。本山葬の日程は未定。

 奈良市出身で1935年に得度。大正大卒。東大寺執事長などを経て90年、第212世別当・華厳宗管長に就任。祖父寛聖さん、父英俊さんに続く3代の別当は東大寺初となった。

 大仏殿の昭和大修理では、勧進部長として資金集めに全国を回った。別当在任中は、南大門の国宝・金剛力士立像の解体修理や境内の総合防災工事に取り組んだ。鎌倉時代に東大寺を再興した高僧、重源上人の研究家としても知られる。著書に「学僧多忙」などがある。

「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
チンパンジーも自分の名前認識=脳波、特異な波形示す-東大など(時事通信)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)
2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)
診療時間内で対価得られる診療報酬を-日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)