09年の衆院選熊本3区から出馬し、比例復活当選した民主党の後藤英友衆院議員(43)の出納責任者で、公職選挙法違反(日当買収)の罪に問われ、熊本地裁で有罪判決を受けた井上広世被告(42)の弁護側は1日、福岡高裁に控訴した。

 井上被告は衆院選で、派遣会社社長らと共謀し選挙期間中の運動報酬として派遣社員8人に現金計約73万円を渡したとして起訴され、無罪を主張していた。地裁は1月28日に懲役1年6月、執行猶予5年を言い渡した。井上被告の有罪が確定し、連座制が適用されれば後藤議員は失職する。

【関連ニュース】
選挙違反:後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 比例代表・九州
公選法違反:後藤氏派違反 出納責任者有罪判決 後藤氏が辞職を否定 /熊本
公選法違反:後藤氏派違反 井上被告、執行猶予付き有罪 弁護側、控訴の方針 /熊本
公選法違反:後藤氏派違反 共謀有無どう判断 出納責任者きょう判決 /熊本

連続女性殺害で69歳被告の死刑確定へ 最高裁(産経新聞)
薬事法違反 容疑でタミフル輸入代行業者ら6人を逮捕(毎日新聞)
内閣人事局長に松井副長官=政治主導を推進へ-政府方針(時事通信)
「自転車世界一周」最後の旅へ 鳥取の40歳冒険家(産経新聞)
<窃盗>下着盗みました…被害者ブログにメール、発覚(毎日新聞)