原爆症の認定申請を却下された被爆者が国を相手取り、却下処分の取り消しなどを求めた原爆症認定集団訴訟(東京訴訟)の上告審で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は、2審でただ1人、原爆症と認められなかった要石謙次さん(84)の上告を棄却する決定をした。

 決定は19日付。要石さんの敗訴が確定した。

 2審・東京高裁は2009年5月、国から原爆症と認定されなかった原告10人のうち、9人を原爆症と認定し、処分を取り消す判決を言い渡したが、要石さんについては、広島市を訪れたのが原爆投下から12日後の1945年8月18日だったことなどから「被爆の程度は低い」と判断していた。

JR東海道線 また「あすか」 草津駅で線路に人(毎日新聞)
官房長官、こっそり東京離れる…説明も拒否(読売新聞)
<将棋>王将戦第4局 羽生、突然の開戦(毎日新聞)
海岸にダイオウイカ漂着=最大級の無脊椎動物-新潟(時事通信)
【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 「池子」は一括解決を(産経新聞)