文部科学省は19日、国公立大入試の確定志願者数が前年より1万4255人増の48万9275人になったと発表した。募集人員で割った志願倍率は4.9倍で、前年の4.8倍を上回った。
 内訳は、国立が36万407人で4.5倍。公立が12万8868人で6.7倍だった。学費が安く、地元出身者への優遇もある公立は5年ぶりの高い水準となった。 

【関連ニュース】
高校無償化に4624億円=8.98%増の5.7兆円

小沢幹事長 「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
<雑記帳>道路標識の支柱に腐食防ぐ新素材導入 埼玉県警(毎日新聞)
陸幕長に再発防止を指示=連隊長発言で北沢防衛相(時事通信)
消費税や年金、与謝野氏「超党派で協議を」(読売新聞)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)