国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS-8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らが確かめた。米国微生物学会誌(電子版)に掲載された。

 菅谷部長らは08~09年、患者184人を分けてラニナミビルとタミフルを投与。同シーズンはAソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、試験した患者でも約95%が感染した。すると、ラニナミビルを投与した患者はタミフルを投与した患者より平均60時間以上早く回復した。一方、タミフル耐性でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者の治療効果に差はなかった。

 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済む。これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果も確認されている。

 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している。【関東晋慈】

【関連ニュース】
◇特集◇新型インフルエンザ
◇新型インフルエンザ◇ワクチン輸入、257億円分解約
◇新型インフルエンザ◇期限切れワクチン 234万回分廃棄へ
◇新型インフルエンザ◇水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析
パンデミックに挑む:布施晃さん=国立感染症研究所広報委員

救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)
日本最大級のドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしも、個人特化型アフィリエイトサービス「もしもアフィリエイト」を開始します!!
死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ? 姉妹3人は受診-全身にあざ・大阪府警(時事通信)
山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書(時事通信)