鳩山由紀夫首相は19日、4月下旬から5月上旬の大型連休を利用した外国訪問を見送る意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の決着期限を5月末に控え、この問題に専念する姿勢を示すためとみられる。展望の見えない普天間問題が、首脳外交にも影を落とした形だ。
 歴代の首相は、まとまった日程を確保できる大型連休中に海外を訪問し、首脳外交を展開するのがほぼ通例となっている。鳩山首相は、今月29日に都内で開かれるメーデー中央式典への出席を検討しているほか、5月1日には水俣病犠牲者慰霊式に参加するため、熊本県水俣市を訪れる考え。しかし、外国訪問は計画していない。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)
藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)