【新報道2001抄録】与野党幹部と政府側から長島昭久防衛政務官が出演し、米軍普天間飛行場移設問題で沖縄県名護市辺野古への移設に日米が大筋合意したことについて議論した。

 ――迷走の原因は鳩山由紀夫首相の認識不足か

 長島氏「必ずしもそうではない。前政権が決めたものを変えたかった。ただ、現実問題として簡単に変えられないと認識し、普天間の一日も早い閉鎖と沖縄の負担軽減を協議してきた」

 石破茂自民党政調会長「名護市長選前に現行案を基本にやるということだったら自民は協力するといってきたが、首相は応えず、その結果、(反対の)民意が示された。(首相は)民意を軽んじていないか」

 高木陽介公明党幹事長代理「安全保障の問題は野党時代でも学ばなければならない。首相になって8カ月たって無理だというのは、国民をばかにしている」

 下地幹郎国民新党国対委員長「日米がファジーな結論をすることが今は大事。よく知恵を絞ってやっている」

 阿部知子社民党政審会長「首相は『僕の認識不足』といって全部(責任を)引き取らないでほしい。もう一度仕切り直すべきだ」

【関連記事】
仲井真知事「ご丁寧にご説明いただきまして…、大体マスコミで聞いてた通り」
首相続投で参院選へ、民主党は責任論回避 社民党の連立離脱も…
自分で作った“辺野古反対”の世論 踊る首相に嘲笑  
自らの言葉と矛盾 辺野古移設を説明、沖縄県民ソッポ
首相、仲井真知事に「座って恐縮でございます」
中国が優等生路線に?

家庭用電気メーター検定を「見直し」…仕分け(読売新聞)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
<自民党>参院選比例代表に三原じゅん子さん擁立(毎日新聞)
<練供養会式>青天に輝く金色の面 中将姫伝説を再現(毎日新聞)
<北教組不正献金>木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑(毎日新聞)