福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニエンスストア9社に対し、暴力団を取り扱った雑誌などを販売しないよう要請し、うち大手6社が販売中止を決めたことが25日、分かった。4月から県暴力団排除条例が施行されるのを前に、撤去要請に踏み切ったという。県警は「規制ではなくお願いで、販売中止は各社の自主的な判断だ」としている。 

【関連ニュース】
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
暴力団対策部を新設=全国2番目

過去最高額の平成22年度予算案、今夕成立(産経新聞)
平成15年の強盗容疑で男逮捕 顔の特徴で探す「見当たり捜査」で(産経新聞)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」-仙谷戦略相(時事通信)
普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部(時事通信)
日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示-鳩山首相(時事通信)