岡田克也外相は7日の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記が中朝首脳会談で6カ国協議復帰に前向きな考えを示したことについて「(北朝鮮の関与が指摘される)韓国哨戒艦沈没の問題が明確にならないと前に進める状況ではない」と指摘した。さらに、韓国政府が月内に発表する調査結果について「結果いかんでは6カ国協議どころではない」とも述べた。

【関連記事】
哨戒艦沈没 韓国が米国に調査結果説明へ
魚雷爆発が結論 哨戒艦沈没で合同調査団 韓国メディア報道
中国、首脳会談を報道 「世代交代しても中朝関係は不変」と金総書記
米、徳之島に「NO!」 首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕
北朝鮮対応で韓国との連携を再確認 日米高官
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

米軍訓練の分散移転へ調整=10日に閣僚会議(時事通信)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
<谷亮子氏>参院選に民主から出馬表明 「五輪は金目指す」(毎日新聞)
外国人弁護士の法人経営容認へ=規制緩和で秋にも法案提出-法務省(時事通信)