原田泳幸(はらだ えいこう、1948年12月3日 - )は、日本マクドナルドホールディングス株式会社、日本マクドナルド株式会社代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)。長崎県佐世保市出身。元アップルコンピュータ株式会社代表取締役社長兼米国アップルコンピュータ社副社長。妻はシンガーソングライターの谷村有美。2005年6月に「原田永幸」から「原田泳幸」を自称(戸籍上の名前は永幸のまま)。これは1994年春頃、アップルコンピュータ在籍時での発言「泳げる頃にはNewtonの日本語版が見られるでしょう」に由来する。なお、故郷の佐世保市にある佐世保バーガーの人気店「Stamina本舗 Kaya」は実弟が経営しているが、日本マクドナルドとの関連は無い。マクドナルドから社長として迎えるという打診がありヘッドハンティングされた事で、アップルを退社したがアップルの主力製品マッキントッシュコンピュータは略称がマックであった為、この移籍はマスコミから「原田氏、マックからマックへ転身」等と報道された。概要日本マクドナルドを短期間で建て直した経営者として、評価は高い[1]一方で批判も多い。「結論は最初から決まっていて、人の意見は聞くふりだけ」、「現場の声を聞かない。店長の残業代金不払い訴訟(「名ばかり管理職」問題)は、その結果」、「マクドナルドは踏み台。外食産業でのFC拡大は一時的に利益を大きくさせても、長期的には企業体力を落とす事例があるのにあえて強行するのは、利益拡大時にマクドナルドを切り捨てて次の場所に自分を売り込むためではないか」、などの指摘がある[1]。2009年12月に「GQ Men of the Year 2009」の一人に選ばれた。学歴長崎県立佐世保南高等学校卒業東海大学工学部通信工学科卒業職歴1972年 日本NCR(株)入社1980年 横河ヒューレット・パッカード(株)入社1983年 シュルンベルジェ・グループ入社 取締役マーケティング部長、取締役ATE事業部長1990年 アップルコンピュータ・ジャパン(株)(当時)入社 マーケティング部長1993年 同社 ビジネスマーケット事業部長 兼 マーケティング本部長就任1994年 同社 取締役マーケティング本部長就任1996年 米国アップルコンピュータ社 ワールドワイドコンシューマーマーケティング/SOHO担当バイス・プレジデ

ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査(産経新聞)
150キロの巨大鏡もち展示=京都〔地域〕(時事通信)
「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)
<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
民主・村越氏、小沢氏の議員辞職求める  (産経新聞)