「私が尊敬するのは聖徳太子」。自民党の谷垣禎一総裁は18日の記者会見で、今の政治状況で求められる歴史上の政治家は誰かとの質問にこう答えた。鳩山邦夫元総務相が、自らを幕末の志士、坂本龍馬になぞらえる中、「和を以て貴しと為(な)す」という聖徳太子の融和の精神を強調したかったようだ。

 谷垣氏は「竜馬は私の旧選挙区にあった寺田屋で襲われた」と述べ、邦夫氏への対抗心もあらわにした。しかし、「(聖徳太子では)思い入れが伝わらないかもしれません」とも述べ、温和な性格があだとなり、党内の批判を押さえ切れていない現状を自嘲(じちょう)気味に語った。

【関連記事】
小池百合子元防衛相が邦夫氏にひじ鉄!? 新党結成で「返事なし」 
来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」
「邦夫の乱」 与謝野、舛添両氏は「別の道」へ 新党構想早くもつまづき
自民・与謝野氏らが新党結成ではなく党改革実現を目指すことを確認
自民・石破氏「賛成も共感もしない」 鳩山邦夫氏の離党表明を酷評
20年後、日本はありますか?

常勤看護職の離職率が5年ぶりに減少(医療介護CBニュース)
首相動静(3月12日)(時事通信)
<捜査書類漏えい>「事件起こせば辞められる」 大阪税関・関空支署職員が漏らす(毎日新聞)
実験中、防塵マスクつけさせず 同大に是正勧告検討 京都南労基署(産経新聞)
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」(産経新聞)