6月下旬にカナダで開かれる主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)の準備に当たるG8財務相会合の開催が見送られる見通しとなった。外務省幹部が16日、明らかにした。世界経済で中国やインド、ブラジルなど主要新興国を含む20カ国・地域(G20)の存在感が強まっている現状を反映した形だ。 

【関連ニュース】
連立政権に火種次々=普天間、外国人参政権…
岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲
魚介カレー、人気上昇中=イカ丸ごと、専用ルーも
有機ELテレビ、国内市場撤退=存在感薄く、3月末で出荷終了
小沢氏続投で摩擦も=「不起訴処分」には安堵

<トランス社架空増資>黒木容疑者、暴力団に協力し復活(毎日新聞)
生方副幹事長、辞任拒否 「小沢氏は元秘書ら3人逮捕されているのに…」(産経新聞)
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判-東京地裁支部(時事通信)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)
イチから分かる!「不正資金提供事件」北教組裏金の源流は税金(産経新聞)