22日午前11時ごろ、堺市西区築港浜寺西町の堺泉北港で作業中のタグボート船長から、「クジラの死体がある」と堺海上保安署に通報があった。巡視艇2隻が駆け付け、港近くの大阪湾でクジラの死体を発見、岸壁にえい航した。
 港を管理する大阪府港湾局などによると、クジラは体長約10メートル、幅約4メートル、重さ約10トン。死因は不明だが、死後数日経過しており、多少腐敗しているという。
 港湾局によると、大阪湾にクジラが入ってくるのは珍しいといい、担当者は「死んでから漂流したのか、湾内に迷い込んで来たのかよく分からない」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】「ジャマモク」でヘルシーに! 海藻博士の奮闘記
〔写真特集〕ビーチ&レイクサイドフォト
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
〔写真特集〕巨大海洋生物 ダイオウイカとその仲間
日本の沿岸捕鯨、年120頭容認=南極海は大幅削減-IWC議長案

<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
<無銭飲食容疑>男逮捕 44円しか持たず焼き肉店で23点(毎日新聞)
渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)
<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)