石川県チャリティー100km歩行大会

100km歩こう!人間ってすごい!仲間って素晴らしい!感謝・感激・感動を体感しよう!

石川県チャリティー100km歩行大会公式サイト

第2回大会(2009)感想

祝☆100キロウォーク親子完歩♪


今回
初めて100kmウォークに
参加させていただき
素晴らしい体験が
できました。
ありがとうございます。

当日、朝
雨に打たれながらの
スタートは本当に不安で
したが
だんだん快晴になってき
て 途中からは
ハイキング気分でした♪

しかし...。
七尾にさしかかった
飯山にてコースアウト!

ついで
テルメチェックポイントにて駐車場違いで
テルメ一周.....(>_<)

数々のトラブルを
乗り越えつつも..。

小原さんの会社での
マッサージや
テルメのチェックポイントでは
温かいお味噌汁に
疲れた身体を癒すことができました☆

当日の夜は
仲秋の名月や星もキレイで
AM5:00
三共フーズチェックポイントでは
ちょうど美しい日の出を見ることができました。

ここまで来ると
さすがに足は痛かったのですが、眠気は全くなく

身体は疲れてたけど
気分は最高↑でした☆

ゴール手前にて
先にゴールしていた
飯田さんから車から
エールを送っていただき

AM8:33☆ゴ-ル!
13位で女子では2位でした(所要時間 25時間33分)
午前中は深い眠りの中に
いましたが

母が
近くまで歩いて来ているとの情報が入り

ゴール手前1キロ先まで
歩いて行きました。

中崎会長も歩いてらっしゃいまして

約500メートル後ろに歩いていた母と
PM14:05 ゴールしました ☆
そのときの気分は
本当に最高でした♪

親子で100Km歩くことが
できました!
本当に感謝・感激・感動 ですね!

このような機会を
与えて頂いた
小原社長

株式会社オハラの皆様

そして
各チェックポイントで
お世話になったサポーターの方々

一緒に歩いて頂いた方々

励まして頂いた方々

本当に感謝します
ありがとうございました

おかげで少し引き締まり
ました♪

来年も参加できたら
歩きます(^O^)


ゼッケンNo.117 中堀

リベンジ!


 今年も100キロ歩行大会に参加しました。昨年は75キロリタイヤとなり、ゴール地点で一緒に歩いた仲間たちが 足を引きずりながらも
完歩していく姿を応援しつつ、来年こそはという思いがありました。今年は 昨年の経験をふまえ 練習、準備を整え本番の日を迎えました。 当日は能登鉄道を100キロ歩行参加者にて鉄道ジャックし、スタート地点七尾まで。 いざ、スタート。
 前半の50キロ、なんと体が軽いことか。ほぼ、ノーダメージで、55キロチェックポイントに到着。後半戦はさらに調子が上がり、軽いジョギングモードへ。70キロポイント到着、まだまだ余力十分で残り30キロ。
 ところが、壁は突然やってきた。昨年リタイヤした75キロ付近にてピタリと足が止まる。なかなか前に進まない。
これからは、昨年の自分と今年の自分の戦い。昨年は止めようとする考えが頭をいっぱいにしたが、今年は歩ききる思い、自分に負けたくない思いが頭を占拠。なんとか80キロポイントまでたどり着く。壁は乗り越えた。 あとはただゴールを目指すのみ。
医療チームのおかげで調子も戻り、歩いたり、ジョギングしたりの残り20キロ。最後のゴールもジョギングしながらフィニッシュ。
 昨年の自分にリベンジ!問題は100キロという距離ではなく自分自身であったことに気がつく。止めるのも自分、続けるのも自分。
あたり前のことが、ストレートに胸に響く。この思いを共通したく、仲間をサポートしながら来年は歩く思いでいる。
サポートスタッフに入るのは、一番思いを共通したい奥さんと夫婦で完歩してからにしようと計画中である。
                                                       No68 nakano
 
 

手術後の完歩、皆さんに感謝!


 今年のお盆と、その2週間後に、狭心症で冠動脈補強の手術をしました。それ
までは、100mくらい歩くと、胸が苦しくなり、ニトロをなめながら歩いてい
ました。このままだと、100km歩くのに、ニトロが100錠くらいいるかな
~と思い、つらい手術を2度も受けて、主治医に言いました。「100km歩け
るようにしてください。」と・・・。
 念のため、財布の中とポケットに、ニトロを20錠持って歩きました。Tシャ
ツには、倒れた時の緊急連絡先を友達が書いてくれました(笑い)。羽咋付近で
は馳さんの道案内ができるほど快調な歩みでした。そう言えばこのころから、行
列がばらけて無くなっていましたね。
 去年、「やまじゅう」で道に迷って、着いたのが真夜中だったので、今年はそ
の反省もあり、明るいうちに「やまじゅう」に着こうと目標をたててクリアしま
した。高松付近の夕日がとてもきれいで写真を撮りながら歩きました。そこから
の夜道は、オハラさんの会社の人が2人先を歩いていたので、道に迷わず大変助
かりました。懐中電灯を途中で落としてこわれ、真っ暗な夜道でしたから。
 おはらさんの所に着いたら安心して、エアサロンパスを忘れ、その後の痛みが
大変でした。それまでは、まだ十分に体力、時間共に余裕があったので、途中で
カラオケを歌いに行こうと思っていたのですが、東山を通らず右折してしまい、
また次の「マンボウ」が、全く知らない所だったので、あきらめて小原さんたち
について行き、美味しい糸こんにゃくを食べて、いつもの「東山ー片町コース」
に悲しみの別れを告げました(笑い)。でも寄り道しなくてよかった。「こっち
よ、こっち!」というサポーターの人の声を聞き逃していたら絶対にまた道に迷
ってた(笑い)。
 途中の中継点でのマッサージがとてもきもちよく、バナナやドリンク、味噌汁
もとても美味しかったです。顔見知りの皆さんの温かい言葉で、いっぱい元気を
もらって心地よく次へ歩き出せました。テルメの後の道案内がこれまた難しかっ
たので、温泉入るのもあきらめて歩き始めました。真夜中の月がとってもきれい
だったし、まあいいかと思いながら・・・。
 松任の夜道は最高に楽しかったです。いつもの見慣れたオリオン座が左手前方
から、時の流れとともに真正面に輝き、歌を歌いながら歩きました。星の美しさ
に見とれて国道を横切ってしまい、行けども行けども中継点のコンビニが見つか
らず、ついにコンビニに電話して、サポーターに連絡してもらい、そこで去年と
同様、道に迷ったことに気がつきました。今井さんに発見してもらい、正常ルー
トに戻ったときには、もうすでに美しい夜明けになっていました。
 去年、手取川大橋で30分くらい美しい海に見とれて遊んでいたので、今年は
写真を撮ったりして10分くらいで切り上げ、新田さんと歩きはじめました。J
Rの美川駅でものんびりでき、小舞子の美しい松並木を見ながら歩けて幸せでし
た。歩かなければ見られない風景を2日間も楽しめて、「とても幸せな徒歩旅行」
でした。
 末尾ですが、このようなすばらしい体験を、昨年と同様にさせていただき、サ
ポーターの皆さんや、事前に準備してくださった皆さんに心から感謝いたします。
 北陸大薬学部・藤下修(1127会)

反省しました。


100キロの挑戦の先には完歩か学びしかないと気合い十分で望んだが、55キロで撃沈しました。
言い訳、弁解無用でただ自分に力が足りなかっただけです。
この悔しさをバネに来年こそは自分に勝ちます。

121番 NBBM-No1

完歩できました!


初めて参加しました。
途中、挫けて諦めたりもしましたが…サポーターの皆様のパワーや沿道の皆様の励ましをいただき最後まで歩くことができました。
本当にありがとうございました!

ゼッケン94

今年も100km完歩したよ!!


45a5dcc4.JPG今年も100㎞完歩しました!! ゴール前の天候が強く晴れて暑かったよ感動した大会だったと思いました。是非、来年ももう一度のチャレンジしてみたいサポーターの皆さん、励まししてくれて有難うございました。 ゼッケン 54番

愛と感動と幸せの100km完歩


ほとんど好奇心とノリで初参加。

50kmを過ぎた頃からひとりで歩いていましたが
ひとりで歩いたという感覚がほとんどありませんでした。
暗い夜道も前後左右に誰もいなくても孤独感がなく、
常に「人」の温かさに支えられたおかげで
すごくのんびりですが、前へ進んで行けました。

何百回…何千回もリタイヤが頭によぎりましたが
念のためiPodに「負けないで」と「サライ」を入れてあったので
特に小松に入ったあたりでそればっかりリピートして聴いて
ひとりで24時間テレビ気分を満喫しました。

100km完歩ということで
来年は心おきなくサポート隊になって
心から激励班となりたい所存です。

「人」に感動して涙を流しながら歩いたことは
子々孫々まで語り継いで行きたいと思います
(ちょっとおおげさかしら)。

大感謝!大感激!大感動!
すべての方へ心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

※GPSを持って歩きました。
ご興味ございましたらログは↓↓でご覧ください。
http://doublepikkeler.web.fc2.com/gosokurou/100km.htm


ゼッケン№138与利

99999歩


e314ce30.jpg万歩計の歩数は99999歩までしかカウントされない。
本当の歩数は10万歩を超えてどれだけ歩いたのだろう。

今朝起き抜けには、やけに痛かった脚が会社に行く頃にはシャキシャキと動くようになり
いつもと変わらぬ足取りで階段もトントンと上り下り。

いままでのウォーキングの成果がこんなところにも現れるとは 我ながら驚く。


参加した人たちの中には筋肉痛でギクシャクとしていた人が多かったので、みんなから突っ込まれまくり。

楽しかったイベントでした。
ゴールには美味しいお弁当と温かい笑顔が待っていて
次々にゴールに入ってくる完歩者たちの顔には、疲れと安堵感と少しの誇りが光っているようでした。

参加してよかった。
完歩できて幸せだった。


七尾から小松まで100キロの道のりを 寝ずに歩ききるイベント。100キロ歩行。


歩行中、よろめいた背中をそっと支えてくれたのは応援してくれたみんなの声です。
ありがとう。

このイベントに関わって下さったすべての方々に
言葉では伝えきれないほどの大きな感謝を捧げます。
本当に本当にありがとうございました。

楽しかった!


ゼッケン 146

感動の100km完歩


初めての参加でした。
 
開会式での突然の雨で先制パンチをくらいましたが、その後は天気に恵まれ気持ちよかったです。夜も満月がきれいでしたね。
会社のメンバーの方々がハイスピードで10キロ先を先行する中、わたしは最後方のグループで仲間と励ましあいながら、ゆっくり進みました。
 
後半はほんとにきつかったです。気力で進んでました。しかしながら、道中出会った参加者の皆さんからの励まし、サポーターの方々の熱烈な応援のおかげで無事ゴールすることが出来ました。皆様本当にありがとうございます。
一人だったら途中で挫折してたかもしれません。
一緒に歩いてくれた、たかごうさん、なかがわさん、ありがとうございました。(ゴールは3人仲良く笑顔で♪)
 
わたしはまだ若いですが、一生モノの思い出をつくれました。
本当に感謝・感激・感動の100キロでした!
 
No108
 
 

ありがとうございました


初めての参加で無事完歩しました。
 
しかもトップゴールのおまけ付き。自分だけの力では成し得なかったと感じております。
 
寝る間も惜しんでボランティアスタッフとして参加くださったみなさまに感謝申し上げます。
 
ブログの更新もこまめにされた池端さん、ありがとう!
 
ゼッケン148番

事務局公式Twitter

サイト内検索
ギャラリー
  • 完歩証お送りします!
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • 忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • お忘れ物のご連絡です。
  • スタート駐車場について
モバイルQRコード
石川県チャリティー100km歩行大会モバイルサイト
▲携帯のバーコードリダーで
読み取ってください。
大会事務局

株式会社オハラ
100km歩行大会実行委員会

TEL:076-288-6572
FAX:076-288-6573


事務局公式ツイッター
大会情報を発信します!


★管理ログイン★