2018年11月15日

新しい仲間

みなさま、こんにちは。

だんだん寒さがこたえる季節になりました。
私も今朝、外に出たらあまりの寒さに、もういちどコートを取りに家に戻りました。

ところで、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

IMG_0056


アニモ(左):「なあなあ、知ってるか?」

     「ここに、他の部署から異動になってくるやつがいるんだってよ!」

ひろゆき(右):「え?マジですか?ボク知らないですけど。。。」

         「もしかして、それって、若い女の子だったりしませんか?」

アニモ:「わかんないぞー。筋肉ムキムキの体育会系男子かもしれないしな。」

ひろゆき:「どうしてアニモさんは、そうやって、ボクのひそかな期待を打ち砕くようなことを言うんですか?」

アニモ:「まあ、楽しみにしてようぜ!」


DSCN2430


かゆき(右):「あんた!どこ見て歩いてるのよ!」

        「あたしにぶつかってくるなんて、いい度胸してるわね!」

????(左):「あれれ、すいません。」

          「わたし、目がよく見えないので、、」

かゆき:「そういえば、あんた、見慣れない顔ね! どこから来たのよ?」

????:「わたし、他の部署から異動でこちらへ来ました。ハピです。どうぞよろしく。」

       「いままで、他の部署で働いていましたが、こちらに異動になったのです。」

かゆき:「あら。人手が増えるのね。うれしいわ!」

     「なにしろ、ここは今から年末に向けて大掃除始まるから、大変なのよ!」

     「まず、ここの番長はアニモっていう鳥だから、そいつ挨拶に行くのよ。」

     「実務的なことは、あたしの後輩のひろゆきが教えてくれるわ。」

ハピ:「ありがとうございます。」


IMG_0071


ハピ:「すいません。こちらへ配属されたハピと申します。よろしくおねがいします。」

アニモ:「おう!お前が新顔だったんだな。でも、ずいぶん年取ってないか?」

ハピ:「はい、年のせいで白内障になってしまったので、、、ここでは一番年上かもしれません。」

アニモ:「なんだよ、おじさんかよ。俺たちの予想していたやつとちょっと違ったな。」

ハピ:「はい、しかしこちらでの担当は、癒し・接客係ときいております。そちらのお仕事ならなんとか。。」

アニモ:「そうか、じゃあ頑張ってくれよな。」

     「なにしろ、接客が大事だからな。」


DSCN2435


ハピ:「はじめまして。わたしはこちらへ配属になったハピです。」

    「ひろゆきさんがお仕事について、教えてくださるとのこと。どうぞよろしく。」

ひろゆき:「あ〜ボクが直接教える係なので、こちらこそよろしく。(う〜ん、女の子がよかったな。)」

ハピ:「ここでのお仕事は、癒し・接客係と聞いているのですが、、、」

ひろゆき:「あ、そうそう、癒し・接客の仕事だけど、とりあえずこっちに来てもらえます?」


IMG_0095


ひろゆき:「まず、人に癒しを与えるには、気持ちよさそうに眠ることです!」

      「ちょっとやってみてもらえます。」

ハピ:「こうですか?すごくここ、気持ちいいですね。」

ひろゆき:「そうそう、それで合格です。だいじょうぶ。目をつぶって伸び〜とかしてくださいね。」

      「では、つぎ、いきましょう!」

DSCN2384


ひろゆき:「もらったおやつを、おいしそうに食べる練習です。」

      「あ、すごい。手で挟めるんですね。」

      「その食べ方は、すごく喜ばれると思います。」

ハピ:「こ、これで大丈夫なんですか。ふつうにこれ、おいしいんですけど。。。」

ひろゆき:「人を癒すお仕事は、まだまだいろいろあります。これから練習しましょう!」

ハピ:「はい、よろしくお願いします。」




i_animal at 19:07|PermalinkComments(0)

2018年09月04日

小さなお助けマン

みなさまこんにちは!

毎日暑い暑いといっていたら、あっという間に9月になりました。
今年の夏は台風が多いですよね。
これから季節の変わり目ですので、体調にお気を付けください。

さて、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。


DSCN2207


かゆき:「みなさん、夏はどこか行きましたか?」

     「あたしは、どこへも行かなかったのよ!何か文句ある?」

     「あー暑い暑い。暑いときは水分を取らなきゃだめなのよ!」


DSCN2142



かゆき:「ここが、あたしの水飲み場。いいでしょ!」

     「ちょうどいい高さになってるのよ。」

     「こうして、飲みたいときにいつでも。。。。。」

DSCN2141



かゆき:「ちょっと、なんなのよ。。。」

     「ドアが開いちゃって、飲めないじゃないのよ!」

     「ちょっと、まって、どんどん動かないで!」

     「こうなったら、ひろゆきにドアを押さえてもらうわ。」


DSCN2283


かゆき:「ねーねーひろゆき、ちょっと起きてよ!」

     「あたしの水飲み場のドアがどんどん開いて、飲めないのよ!」

     「ちょっと、起きて押さえてよ!」

ひろゆき:「ぐーーーぐーーー。」

かゆき:「もう!なんなのよ!こんな時間に爆睡しちゃって。 ちゃんと接客しなさいよ。」


DSCN2288


かゆき:「あ、いいところにアニモだわ!」

アニモ:「なんだよ!いきなり。何か用なのか?」


DSCN2295


かゆき:「それがさあ。あたしの水飲み場なんだけど、あたしが飲もうとすると、どんどん動いちゃうのよ!」

     「開かないように、ドアを押さえておいてほしいんだけど。」

アニモ:「なんだ、そんなことなら簡単だぞ!」

     「お前の水飲み場ってどこだよ?」

かゆき:「あたしのおうちのドアについてるのよ。」


DSCN2298


アニモ:「おーいかゆき! ドア、しっかり持ってるから、水飲んでいいぞ!」

かゆき:「それじゃ全然、押さえられてないから!!」



i_animal at 14:40|PermalinkComments(0)

2018年07月11日

おやつの時間

みなさまこんにちは。

夏がこんなに早く来るとは思いませんでした。
気温も真夏並みにぐんぐん上がって、入道雲がきれいです。

動物たちは、脱げない毛皮を着ていますので、
熱中症には十分注意してくださいね。

さて、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

DSCN2110


ひろゆき:「みなさん、こんにちは。毎日暑いですね。」

      「え?このほっかむりは何かって?これは、病院のスタッフさんが涼しくなる布を巻いてくれたんです。」

      「なにしろ、ここ数日、ものすごい暑さですから。。」

      「これから、病院はおやつタイムなんです。ボクもここで待機しています!

DSCN2124


かゆき(右):「ねえねえ、アニモ。これから、おやつタイムよ。」

        「あんた、こんなところにいると、もらいそこなうわよ!」

アニモ(左):「え?おやつタイム。なんだそれ?」


DSCN2126


かゆき:「あんた、おやつって、知らないの?」

     「いつものごはんとは違った、おいしいものを、ちょっとだけ食べるのよ。」

アニモ:「オレのごはんは、いつもおいしいぞ!」

     「オレラは、ご飯はほとんど何かの種だからさ、アワとか、ヒエとかカナリアシードとか、、」

     「それが混ざっていて、どれでも食べていいんだぜ!」

かゆき:「だから、そうじゃない美味しいものが、きっとあるのよ。鳥にも!」

     「それをちょっぴりもらうのが、おやつなの!」

DSCN2135


かゆき(右):「ねえねえ、ひろゆき!」

ひろゆき(左):「ガブガブ、、、なんですか、かゆき先輩。」

かゆき:「あんた、鳥のおやつって知ってる?」

ひろゆき:「なんですか突然。早くおやつ食べちゃいましょうよ!」

かゆき:「だって、アニモがおやつ知らないっていうから。。。」

ひろゆき:「うーん、鳥のおやつって、聞いたことないですね。あ!果物とか野菜はどうですか?」

      「僕の知り合いの十姉妹さんは、野菜食べてましたよ。」

かゆき:「分かったわ。スタッフに言ってみる!」

DSCN2125


かゆき:「ねえねえ、院長!」

院長:「なに!かゆきちゃん、どうかしたの?」

かゆき:「アニモにおやつあげたいんだけど、野菜買ってきてもらえる?」

アニモ:「え!オレ、野菜苦手だぞ!」

かゆき:「じゃあ、何かとっても好きなものってないの?」

アニモ:「う〜ん、果物だったら好きだけどな。」

かゆき:「ねえねえ、院長。果物あげてもいいでしょ?お願い。」

院長:「わかった、わかった。アニモが好きな果物を買ってきてあげるよ。」

アニモ:「オレ、メロンが食べたいぞ!」

院長・かゆき:「え〜〜〜」

     


i_animal at 11:40|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

誕生日に思うこと

みなさま、こんにちわ。

天気が急激に変わって、寒かったり暑かったり、大雨が降ったり、
なかなか体がついていけないです。

体調管理が難しい季節ですので、皆様も体に気を付けてお過ごしください。

ところで、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

DSCN1955


ひろゆき:「みなさん、ボク今日は誕生日なんです。」

      「スタッフの皆さんが、ボクの誕生日を祝ってくれるそうです。うれしいな。」



DSCN1965


スタッフ:「ひろゆきくん。特製ケーキだよ。(砂糖の粉に見えるのは整腸剤だけど。。)おいしいよ!」

ひろゆき:「みなさん。ありがとうございます。僕なんかの誕生日を祝っていただいて。」



DSCN1979


アニモ:「おーい、みんな、なんか楽しそうだな。」

     「なにやってるんだ?」

スタッフ:「あ、アニモ。いま、ひろゆき君の誕生日を祝ってたんだよ。」

     「アニモ、ケーキ食べる?あ、アニモは猫缶は食べないよね。」


DSCN1991


アニモ:「おい、かゆき。みんなでケーキ食べてるぞ。」

     「お前も行ってきたらどうだ?」

かゆき:「あたしは、いいの。あたしは誕生日わかんないから、お祝いしてもらってないし。」

     「それに、あたし猫缶すきじゃないから。」

アニモ:「なに、意地はってるんだよ。」

     「おまえ、猫缶好きだったろう?」


DSCN1993


アニモ:「そうだ!オレが猫缶取ってきてやるよ。」

     「お前の部屋で、二人でこっそりパーティーしようぜ!」

かゆき:「え?本当。あたしも誕生日会できる?」

アニモ:「おう、俺にまかせとけって。」


DSCN1997


アニモ:「ハッピーバ〜スデ〜、トゥ〜ユ〜、ハッピイバースデ〜、トゥ〜ユ〜!」

かゆき:「ありがとう、アニモ。相変わらず音痴だけどね。」

アニモ:「しょうがないだろ。オレは音程がとれねーんだよ。」

     「ほら、猫缶だぞ。オレ頑張って倉庫から引っ張ってきたぞ!」

かゆき:「アニモ、優しいね。」

     「猫缶本当は大好き!」

i_animal at 15:15|PermalinkComments(0)

2018年03月27日

旅立ち

皆様、こんにちは!
桜が満開とのこと。お花見に行きたい。。。
去年はお花見に行く前に、雨が降ってしまったから、今年こそはリベンジ。
それにしても、毎年桜が咲くのが早まっているのでは?と思います。
私が小学生のころは、入学式のころに満開になっていたという記憶があります。

さて、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

DSCN1860


アニモ(手前):「おい、かゆき!聞いてくれよ。」

かゆき(奥):「なによ!ひとが寝てるところに!びっくりするじゃないの。」

アニモ:「いやー、俺だってびっくりなんだけどさ。」

     「旅ねずみのユキが、どうやら新しい旅に出発するらしいんだよ!」

かゆき:「え?はやくない?」

     「せっかく新人教育が終わって、これから配属しようって時に!」

DSCN1858



アニモ:「そうなんだよな。せっかく接客係を頼もうと思っていたんだけどな。」

かゆき:「え?もしかして、あたしが厳しくしすぎたのかな?」

     「それで、辞めちゃうってことない?」

アニモ:「いやー、ユキちゃんも今の若者だから、そうかもしれないけどな。」

     「ひろゆきが、すごくかわいがって面倒見てたからな。」

     「嫌になっちゃったわけじゃないんだろう。きっと何かわけありなんだよ。」


DSCN1857


アニモ:「それでさ、ユキちゃんがみんなにお礼のあいさつしたいんだって。」

かゆき:「あ!!!今日、ひろゆき、出張で、いないんだわ。」

     「あいつ、自分がいないときにユキちゃん旅立ったら、ショック受けそうだわ。」

アニモ:「そうだよな。ひろゆき、なんで今日に限って出張なんだ?」


DSCN1812


ユキ:「あの〜、みなさま、ごあいさつしたいのですが。。。」


DSCN1846


かゆき:「あんた、本当に最後の最後まで、ずうずうしいわね。」

     「先輩の背中に乗ったりして、他のところでは許されないからね!」

ユキ:「わあい。先輩の毛皮、とってもあったかくて、きもちいいです〜。」

    「いろいろなことを教えていただいて、ありがとうございました。」


DSCN1849


ユキ:「それでは、これまでありがとうございました。」

    「みなさま、体にお気をつけて〜」

かゆき:「あんた、ひろゆきにお世話になったでしょ!」

     「挨拶しないで、旅立つ気なの?」

ユキ:「はい、ちょっと時間に余裕がなくて、申し訳ありません。」

    「ひろゆき先輩には、よろしくお伝えください。」

かゆき:「あ〜あ。ほんとに旅立ったわ。」

     「今どきの若者は、あっさりしてるわね。あたしも少し考え方変えないと疲れちゃうわ。」




i_animal at 16:53|PermalinkComments(0)

2018年02月28日

仕事仲間

みなさま、こんにちは。
なんだか最近、目がかゆいような、、いや、私は花粉症じゃないはず!
そんな季節になりました。
季節の変わり目で、なんだか落ち着かない気持ちになりますね。


さて、アイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

DSCN1785


???「あのー、どなたかいらっしゃいますか?」

    「わたし、〇〇会社のホタテと申します。」

    「ひろゆき君を訪ねてまいりました。」



DSCN1780


かゆき:「え?あんた、誰なの?」

     「勝手に入ってきて。インターホン使ってよね。」

     「まあ、いいわ。」

DSCN1783


ホタテ:「あ、すいません。」

    「以前、ひろゆき君と現場で一緒だったホタテといいます。」

    「ひろゆき君には、アポ取ってあったんですけど、伝わってなかったですか?すいません。」

かゆき:「いいわよ。それにしても、あんたイケメンね!」

     「ひろゆきなら、奥にいるわよ。さっき外回りから帰ってきてたから。」


DSCN1802



ひろゆき(左):「おまえ、今日はどうしたの?」

ほたて(右):「いや、ちょっと近くに用事があったから、寄ったんだけど。」

        「ひろゆき君に相談したいことがあって。」

ひろゆき:「お前が相談って、めずらしいな。なんだよ。」

ほたて:「それがさ、この前、バレンタインデーだっただろ。」

     「そのとき、同じ課の2人の女の子から、別々にチョコをもらったわけ。」


DSCN1798


ひろゆき:「お前、相変わらずモテモテだなあ。うらやましいわ。 で、どうしたのよ。」

ほたて:「そのうちの一人の子は、前から気になってた子で、ラッキーなんだけど。。」

ひろゆき:「じゃあ、ホワイトデーでその子にお返しして、付き合えばいいんじゃないか。」

ほたて:「それが、、、、その2人の女の子は、友達らしいんだよ。」

     「それって、片方だけと付き合ったら、ケンカになっちゃいそうじゃないか?」

ひろゆき:「おまえ、気を使うね〜。まあ、そのマメなところがモテるんだろうな。」


DSCN1796


ほたて:「ひろゆき君、笑ってる場合じゃないよ。」

     「だって、期限は3月14日だよ。同じ課だし、出かたを間違えたら地獄になっちゃうよ。」

ひろゆき:「うわ〜。どうなるか、すげー楽しみになってきた。」

      「お前、また、報告に来いよ!」

ほたて:「人のことだと思って。。。相談する相手まちがえたな。」


i_animal at 10:32|PermalinkComments(1)

2018年01月22日

仲直りしよう

みなさま、こんにちわ。
今年もよろしくお願いいたします。
あっという間に、新年を迎えて、もう1月も下旬。。。
時が過ぎるのをとてもはやく感じます。

今日は午後から雪が降り始めて、もう5センチぐらい積もってしまいました。
車で来たのは間違いだったか。。。

そんな日も、アイアニマルの動物たちは元気です。

DSCN1726


アニモ(右):「なあ、なあ、ひろゆき!」

        「おまえ、クリスマスの夜、仕事早退して出かけたんだってな!」

ひろゆき(左):「ええ、そうですけど。何か問題が?」

         「院長にも許可いただきましたし。。」


DSCN1720


アニモ:「ちがうよ。お前もわからないやつだなぁ。」

     「かゆきだよ、かゆき!」

ひろゆき:「え?かゆき先輩がどうかしたんですか?」

アニモ:「かゆきは、あれでも、女の子だろ!」

     「クリスマスにぼっちなの気にしてるんだぜ!」

     「お前が、いそいそと出かけちゃったから、かゆきのヤツ、ひとりになっちゃただろ。」

     「顔には出さないけど、さびしそうだったんだぜ。」


DSCN1742


ひろゆき:「がーん。かゆき先輩がそんなこと気にしてたなんて。。」

      「かゆき先輩をぼっちにさせてしまったボクは、なんて思いやりにかけた猫だったんだ。。。」

      「後輩として失格だ。」

      「そうだ、かゆき先輩をこのボクのお気に入りの箱に、はいってもらおう。」

      「すごくあったかいし、寒がりのかゆき先輩は、喜ぶんじゃないかな。」


DSCN1735


スタッフ:「ねえ、ねえ、かゆきちゃん。」

     「あっちで、ひろゆきくんが呼んでるよ。」

かゆき:「え?なんであいつがあたしを呼んでるのよ!」

     「彼女とLINEばっかりやってるんじゃないの?」

スタッフ:「なんだか、ひろゆき君のお気に入りの箱に、かゆきちゃんが入っていいみたいよ。」


DSCN1738


かゆき:「あんたのお気に入りの箱って、これなの?」

     「なんで、こんなに狭いのよ!」

ひろゆき:「うわー。先輩、押さないで下さいよ!ボクの大事な箱が、壊れちゃいます。」

      「あ、それから、かゆき先輩。ボクがクリスマスに出かけたの、デートじゃないですよ。」

      「前の職場の先輩と、スノボですから!」

かゆき:「なんだ!じゃあ、あのいつも着ないような派手な服装は?」

ひろゆき:「スノボのウエアーです!」



i_animal at 18:58|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

クリスマスにしたいこと

みなさま、こんにちは。
あっという間に一年が過ぎ、もう、2017年も残すところあと数日となりました。
今年は12月がすごーく寒くて、びっくりしました。
みなさま体調に気を付けて、お過ごしください。

さて、アイアニマルの動物たちは今日も元気です。


DSCN1666


ひろゆき(左):「あのー、かゆき先輩。ちょっと相談があるんですけど。。。」

かゆき(右):「なによ!あんたが相談なんて、めずらしいわね。」

        「いっつも、ほう・れん・そう 忘れるくせに!」

ひろゆき:「いや、ちょっと、クリスマスイヴに有休を取りたいんですけど。いいですか?」

かゆき:「え!なにいってるの。あたしたちはいつも出勤だっていってるでしょ!」

     「だいたい、接客係はだれがやるのよ!」

ひろゆき:「いや、たまにはかゆき先輩がやっていただければ、、、」

      「あ、もう、院長に許可とってしまいました。すいません。」


DSCN1693


かゆき:「あー本当にもう、いやになっちゃう。」

     「クリスマスに一人で出勤だなんて!」

     「ひろゆきのヤツ、いっつも寝癖のついた毛皮で出勤してるくせに、今日に限って

     なんだかおめかししちゃって!どうしちゃったのよ!」

DSCN1692


かゆき:「もう、今日なんか、ほんとに出かけたくもないわ。」

     「あっちもこっちもカップルばっかりで! デパートでアクセサリーなんか二人で選んじゃってさ!」

     「こっちは、クリスマスも仕事だっていうの!」

     「あ!もうこんな時間なんだ。もしかして、ひろゆき、今日帰ってこないのかしら?」

     「う、もう〜、なんだか腹が立ってきたから、戸締りして寝ちゃうわよ!」


DSCN1696


今年もいろいろありましたね。かゆきちゃん、来年こそはイケメンゲットできるといいですね。

では、みなさま良いお年をお迎えくださいませ。

i_animal at 19:27|PermalinkComments(0)

2017年11月24日

新人教育

みなさま、こんにちは。
急に寒くなって、一気に季節が進みましたね。
いま、公園では紅葉がとてもきれいです。
風邪が流行っていますので、皆様お気を付けくださいね。

さてアイアニマルの動物たちは、今日も元気です。

DSCN1610


かゆき(左):「アニモ! あんた、若い女の子だからって、甘くなってたら、ダメじゃない!」

       「あたしといっしょに、新人教育するって言ってたでしょ!」

アニモ(右):「オレは別に甘くしてないよ。若い女の子だから、初めから厳しくしたら、かわいそうだろ!」

かゆき:「あ〜もう、本当に、男ってこれだからダメだわ。」

     「ちょっとかわいいからって、デレデレしちゃってさ!」


DSCN1614


ゆき(左):「あ、アニモさん、どうしましょう。 これから私、かゆき先輩と一対一で研修ですって。」

      「あたし、ちょっとかゆき先輩が苦手で。。。」

アニモ:「あ〜あ。かゆきも容赦しないな。」

     「ゆきちゃん、そうしたら、ひろゆき君のところに一時避難しときなさい。」

ゆき:「わかりました。アニモさん優しいですね。ありがとうございます。」

アニモ:「いやいや、どういたしまして。」


DSCN1567


かゆき:「ひろゆき、あんた、新人をかくまってるわね!」

     「お見通しなんだから、早く出しなさい。」

ひろゆき:「わ、わかりました。 かゆき先輩、どうしたんですか。」

      「いきなり1階にいるから、びっくりしましたよ。」

ゆき:「ひろゆきさん、すいませんでした。わたし、一対一の研修、受けてきます!」

ひろゆき:「あ、無理しないで頑張って。」


DSCN1617


かゆき:「あんた、まず、顔をよく見せなさい!こっちまっすぐ向いて!」

ゆき:「あ、はい。」

かゆき:「接客は身なりが重要なのよ。チェックしてあげるわ。」

     「あんた、ちょっと毛づくろいしすぎ?化粧が濃いんじゃない?顔が白すぎるわ。」

ゆき:「あ、いえ。。。これは地毛なので。もとの毛が白いんです!」

かゆき:「へえ〜。じゃあ、大きな声で挨拶してみて。」

ゆき:「えっと、実は大きな声が出ないんです。」

かゆき:「え?なんで出せないのよ、はずかしいの?」

ゆき:「いえ、私、かゆき先輩とは声帯の構造が違うので、、、」

   「先輩、そんなに私のこと嫌いですか。う、うう、泣。」


DSCN1577


かゆき:「ああ、ごめんごめん、ちょっとやりすぎたわ。」

     「じゃあ、小さな声でもいいから、接客のあいさつの練習しましょ。」

     「はい、相手の目を見て、こんにちわ!」

ゆき:「こんにちわ!」

かゆき:「まあまあ、いいじゃないの。」

ゆき:「かゆき先輩、ありがとうございます。」

   「あの〜。かゆき先輩にお願いがあるんですけど?」

かゆき:「なんなの?いってみなさい。」


DSCN1587


ゆき:「うわー。かゆき先輩のお腹、気持ちいいですね。」

   「わたし、かゆき先輩のお腹の毛にうもれるのが夢だったんです。」

かゆき:「なんだか、おちょくられてるみたいで、ムカつくわ!」

i_animal at 19:08|PermalinkComments(0)

2017年10月18日

新しいなかま

皆様こんにちは。

ここのところ、急に寒くなって、冬ものを出すのが間に合っていません。
もうすこし秋らしい素敵なお天気が続いてほしかったのですが、
なんだか、雨ばかりで寒くて、昨日は暖房を入れてしまいました。

さて、アイアニマルの仲間は、今日も元気です。

DSCN1449


アニモ:「おい、院長! ちょっと聞きたいことがあるんだよ。」

院長:「どうしたの、アニモ君。めずらしく、自分のお部屋から出てきて!」

アニモ:「あのさ、チョットかゆきに用があって、探してるんだ。」

院長:「ああ、かゆきちゃんなら、さっき猫の入院室にいたわよ。」

アニモ:「ありがとな、院長。」


DSCN1455


アニモ(右):「おう、かゆき!探してたんだぞ。」

かゆき(左):「なによ!アニモ。あんたこんなとこまで出てきて、めずらしいわね。」

アニモ:「おお、聞いたぞ。夜にカサコソしてた音って、イケメンじゃなかったんだってな。」

かゆき:「そうなのよ!ほんとに失礼な、小娘のネズミだったんだから!」

アニモ:「それなんだけど、あのネズミ、俺らの仲間になるんだろ。ちょっと相談があるんだ。」

かゆき:「じゃあ、あたしのおうちに来て相談する?」


DSCN1459


アニモ:「あのさ、あのネズミなんだけど、まだ若いねずみなんだよな?」

かゆき:「そうよ!本当に礼儀を知らない小娘なんだから!」

アニモ:「じゃあ、俺たちの後輩ってことになるんだよな?」

かゆき:「そうね。きっちり常識を教えてあげなくっちゃ。」

アニモ:「オレ、まだそのネズミに会ったことないんだぜ。みんなの前で挨拶してないだろ。」

かゆき:「そうね。ヒロユキといつも一緒にいるから、ここに呼んでみる?」


DSCN1463


ゆき(真ん中):「あの〜、およびでしょうか?」

かゆき:「そうよ、あなた新しく仲間になるらしいじゃない。」

     「アニモがまだ、挨拶してないから会いたいって言ってるの。」

     「この病院で一番先輩なんだから、あんた、ちゃんと挨拶しときなさい!」


DSCN1462


ゆき:「あ、アニモさんですか?はじめまして。旅ねずみのゆきです。」

   「道に迷ったところを助けていただいて、ありがとうございます。」

アニモ:「はは、はじめまして、、かわいい娘さんですね。どうぞゆっくりしていってください。」

かゆき:「ほんとにもう、どうして男って、こうなの? むかつく!」



i_animal at 17:52|PermalinkComments(0)