2020年05月27日

20200527放課後トレ&ミーティング

雷雨の心配もあり、今日は教室内でのトレーニングをしました。教室でもやれることはたくさんあります。工夫次第です。
DSC_0058
高3部員の新入生への指導係りとしての活動も残りわずか。さみしいのと今後を考えると不安が大きいです。
DSC_0059
ミーティングを長く。部の方針、私の方針を確認。
DSC_0060
〃覯未世韻任呂覆ぁ0貳峩い人、一番登れるひと、一番速い人が偉いのではない。一番やろうとして頑張ろうとしている人が偉いんだ。
DSC_0064
仲間を大切にすること
DSC_0062
E仍海魯螢好が伴う。私は山に行くときは、全員登頂、全員無事下山を目標にしている。だから個人の勝手な行動は厳禁。練習でもトレーニング内容が厳しいのではなく、しっかりやろうとしないことには厳しいのだ。そこを良く理解して活動するように。
DSC_0063
こ惺酸験茲鬚靴辰りすること。
DSC_0061
ゾ,弔海箸鯡槁犬箸擦此⊂,弔燭瓩飽貔厳命頑張ろうとすることを目標にする。DSC_0065
なかなか新入生部員には伝わらない
し、理解しがたいことかもしれません。
DSC_0066
2年生部員たちは理解して、しっかりやろうとしていると思います。
DSC_0070
さすがに6年目ともなると当然かと思います。
DSC_0069
IMG_20200527_184142
全員で頑張っていきたいと思います。
DSC_0068
明日は放課後運動公園ボルダリングの予定です。
私自身も必死にやろうとしなければなりません。たとえそれが小さなことでも。




i_climbing at 23:22|Permalink

2020年05月26日

20200526放課後トレ

今日は短縮授業で早い時間からのトレーニング。暑くて部員たちはバテ気味でした。
DSC_0050
山岳部、スキー部の放課後の学校での練習はひたすら体力トレーニングしかありません。
DSC_0051
基本的な体力向上がすべてです。DSC_0052
自分自身のためのトレーニングということを忘れないでほしいです。
DSC_0053
自主的活動。やらされているのではないです。とはいえ、部活動ですので統制も必要です。
DSC_0054
自主と自由を勘違いしてはいけません。
DSC_0055
規律を重んじ、前向きに挑んでいくことが大切です。チャレンジから生まれることは多いはずです。
DSC_0056
もうすでに過去に例のない未曾有の時代。前例がないことへのチャレンジだらけです。チャレンジということは「成功」するか「失敗」するかは分かりません。しかし、「失敗」を恐れてやらないでいるわけにもいかない時もあります。石桜精神で挑むべきことも…………。
DSC_0057
自信がないことでも、自信があるような顔でやらなければいけないことも。この歳になっても、孤独にチャレンジすることがまだまだたくさんあります。


i_climbing at 22:53|Permalink

2020年05月24日

20200524クライミング認定講習会

今日は新入部員のみの活動。運動公園にて、施設を使えるための認定講習会を受講しました。
DSC_0053
DSC_0054
まずは屋内外のボルダー場の使い方や注意点を教わりました。
DSC_0055
DSC_0056
4ルート中2ルートを安全に登り、安全に降りる試験。
DSC_0057
DSC_0058
IMG_20200524_123206
全員無事認定書をゲットしました。これで少しは放課後に運動公園に移動してきてのトレーニングが可能になります。
IMG_20200524_123151
DSC_0061
その前に、体力トレーニングですが……。そして、さらにその前に生活面を含むクラブ活動方針の周知徹底です。
部活動の意義と私の方針を理解してやろうとする気持ちを持つことから、真の部活動開始です。今年はバタバタとスタートしてしまったので反省です。
DSC_0064
新入部員の人数が多いと、何かと問題が勃発しやすいです。誰かがやればいい、自分には関係ない、返事や挨拶もやろうとしないことが多々あります。普通のことから教えていかなければなりません
DSC_0051
ニュースで誹謗中傷が問題視されています。人がいる限り、なくなることはないものです。しかし、無くす努力をすることは必要です。ひとりひとりの意識でしかないでしょうが…………。
DSC_0052
運動公園では久しぶりの晴れのもと、たくさんの人たちで賑わっていました。道路も飲食店も通常に近付いています。
終息はまだまだでも、収束を目指してWITHコロナで頑張ろうとするしかないです。


i_climbing at 23:36|Permalink

2020年05月23日

20200523岩手山焼走第2噴出口跡ピストン

小雨降るなか、8:15学校出発。昨日の放課後に準備をしておいたザックに各々の必需品をコンコースで移し変えて出発。
DSC_0050
岩手山焼走コース登山口着9:00。本来ならば県高総体1週間前なので、多くのチームが直前練習で登っているはずです。同じような考えの学校がいるかと期待していましたが、誰もいませんでした。
DSC_0051
高校生どころか、登山者は誰もいませんでした。自然監視員の方に話をうかがうと、「山に入る人も少ないし、熔岩流を見る観光客も少い。」とのこと。「おそらく今シーズンの団体登山は初なのでは。」と。
DSC_0052
9:20登山開始。目標は第1噴出口跡。
IMG_20200523_143213
新緑のなか、元気に登っています。
IMG_20200523_143148
10:10〜10:20休憩
登山口より2.2kmの道標地点で。カッパを着ての登山は暑いので、しっかり水分補給です。
DSC_0055
いつも雪が遅くまで残る第2噴出口跡直下には今シーズンもまた雪が残っていました。
IMG_20200523_143135
11:00〜11:15第2噴出口跡休憩
雨と風が出てきて、さらにガスも濃くなってきたので、今日はここで終了。
DSC_0061
高3部員6人。
IMG_20200523_143035
高2部員3人。
IMG_20200523_143116
高1部員11人。
DSC_0065
中学生部員3人。
IMG_20200523_143057
私を含め合計24人でのプチトレッキングでした。
DSC_0067
12:00〜12:15熔岩流展望所で昼食休憩。
DSC_0068
12:30下山完了。
IMG_20200523_143013
12:45出発。
DSC_0070
13:30妙泉寺。片付けをしっっかりと。
14:00ミーティングをして本日の部活動終了。
DSC_0072
14:20学校解散。明日は新入部員のみの活動となります。運動公園でのクライミング認定講習会に参加予定です。


i_climbing at 21:12|Permalink

2020年05月22日

20200522放課後妙泉寺山行準備

放課後に妙泉寺に移動して、明日の山行準備をしました。
ザック・ザックカバー・カッパ・手袋・スパッツ・登山靴等を準備しました。
DSC_0050
明日は岩手山焼走りコースを歩いて第一噴出口跡をピストン予定です。
DSC_0051
今シーズン初の岩手山の麓を歩いてきます。そして本来であれば高総体で登る予定のコースを……。
DSC_0053
特進EXの後半組は7時間目の授業終了後に移動して作業をしました。
DSC_0054
明日は雨予報。風邪をひかないように注意しながら石桜精神全快で挑みます。
DSC_0056
それにしても気温の変化に体が順応しません。体調管理には十分気をつかわなければなりません。


i_climbing at 23:25|Permalink

2020年05月20日

20200520放課後運動公園ボルダリング

今日は放課後運動公園に移動して第2ボルダー場で遊びました。
新入部員にとってははじめての本格的ボルダリングとなりました。
DSC_0052
DSC_0053
DSC_0058
最初は全く登れなかった新入部員も楽しく元気に登り、少しずつ高度をあげていました。
DSC_0056
DSC_0054
DSC_0055
たまには校外でのトレーニングも必要です。私も同じです。外に出て考えて気付くこともたくさんあります。井の中の蛙にならないようにしなければなりません。
DSC_0061
新しくできた第一ボルダー場も見学。早くやりたそうです。楽しそうなのですが、怪我も怖いです。室内ボルダー場も立派です。24日(日)の認定講習会で新入部員がライセンスをとれば、是非遊ばせてあげたいです。
DSC_0050
今日はなにもかも寒い1日でした。
人道的なことと義務は放棄するという世の中の風潮に困惑。やるべきことをやろうとしてから物を言うようにしていかなければなりません。当たり前のことです。
DSC_0063
4月から自分の立ち位置が変わり、自分なりには精一杯やってるつもり。ただし本当につもりです。何一つ全うできず。力不足を痛感。仕事量は減ったものの、益々雑務と責任だけが……。雑務は適材ですが、責任は……。適材適所とはよく言ったもの。それでもやれる範囲で背伸びせずにやろうとするだけです。
DSC_0057
夏の甲子園も中止。高3球児達の辛さに比べれば何ということないです。さらに「期待や含み」を持たせることの恐ろしさも。
DSC_0059
当然、野球だけではありません。高3岳人も同様です。皆もがき苦しみ頑張ろうとしています。
うれしい報告が。東京の大学に通っているOBから、内定をもらったとのこと。このご時世、必死で頑張っているのでしょう。


i_climbing at 23:32|Permalink

2020年05月19日

20200519放課後トレ

今日は冷たい雨が降っていたので校内での時短トレーニングをしました。部員全員、しっかり自分のために頑張っていました。
DSC_0050
DSC_0051
DSC_0052
IMG_20200519_212825
DSC_0054
昨日のニュースでは、今年は富士山の全登山コースが閉鎖で登ることができないと。コロナの影響が強すぎです。
さらには県中総体も中止が決定。
なにもかにもがコロナに踊らされています。


i_climbing at 22:14|Permalink

2020年05月18日

20200518放課後トレ&高3卒アル撮影

今日は軽めのトレーニング。敷地1周ラン後に柔軟。その後は座学。クライミングのDVDを見ました。
DSC_0050
DSC_0051
そして本日は、高3の卒業アルバム用の写真撮影がありました。例年、優勝旗や賞状を持っての撮影なのですが、今年度はそうはいかず。高総体・インターハイが中止となり、全ての大会がなくなってしまった高校3年生。目標としてきたものが失われ、ショックを受けている部員を思うと……。大会を思い出させるようなものはないほうがいいと考え、何も持たずに撮影しました。悔しくて、そして苦しいのはまちがいないですから……。それだけ本気で取り組んだ証です。
IMG_20200518_205055
コロナによって、大会や目標を失ってしまった今年度の3年生のストレスははかりしれません。我々の比ではないことでしょう。
DSC_0054
後輩部員はじめ私も、彼らの思いを胸に今後とも精進していかなければなりません。


i_climbing at 21:45|Permalink

2020年05月17日

20200517箱ケ森登山

今シーズン初、そして新入部員にとっても初の山行トレーニングをしました。8:15学校出発。8:30妙泉寺で山行準備。30分でしっかりと準備を終えて妙泉寺出発9:00。今日は5人が欠席。それでも多いです。
IMG_20200517_175707
9:40箱ケ森登山開始。登山口近くまで林道を歩きます。乗用車ですと走ることができますが、さすがにマイクロバスは厳しいです。
DSC_0060
昨年もやったのですが、地層で化石探し。見つかりませんでした。
DSC_0061
オガセの滝。ここまでは林道です。10:15〜10:30登山口休憩
DSC_0063
DSC_0064
登山口から少し登ると尾根に出ます。するとブナの原生林となります。
IMG_20200517_144110
尾根筋を登り続けて、ようやく平になり景色も少し見えるところに出ます。11:10〜11:25ピーク706m 休憩
IMG_20200517_144053
IMG_20200517_144039
休憩後は平なブナの原生林を歩いて急登に向かいます。
IMG_20200517_144023
途中、ブナのグランドマザツリーも。
DSC_0070
尾根筋には一株の大きくて立派なクロビが登山道の真ん中にどっしりと。この山の下にある太田薬師の山頂にもクロビの大木が御神木のようにあります。
DSC_0069
そして山頂直下の長い急登。久しぶりに登りましたが、かなりキツく感じました。汗が滝のように流れました。
IMG_20200517_144227
12:05〜12:25山頂昼食休憩
IMG_20200517_143851
DSC_0081
DSC_0082
山頂はニリンソウ畑でした。
DSC_0083
下山は違う道を。一周してきて13:30林道出。ほっと一安心。
DSC_0084
14:00全員無事下山完了バス着。今日の山行で出会った方は2組6人だけでした。往復10.8km、4時間20分の山行でした。里山ですが、良いトレーニングになりました。
IMG_20200517_125459
14:30ベースキャンプに戻り、後片付け。15:00ミーティングをして妙泉寺解散。15:20学校解散。
DSC_0085
来週は岩手山焼走りコースの第一噴出口跡をピストン予定です。今日よりも距離も所要時間、さらに斜度もキツくありません。新入部員は今日のコースをトレースできたことを自信に思い頑張ってほしいです。



i_climbing at 19:51|Permalink

2020年05月15日

20200515放課後トレ

通常時程に月曜日から戻り、ようやく1週間が経ちました。
今日も放課後のトレーニングとなりました。
DSC_0050
DSC_0051
DSC_0052
DSC_0053
DSC_0054
DSC_0055
DSC_0056
DSC_0057
DSC_0058
DSC_0059
明日は、高校特進EX組が模擬試験なので、部活動はオフ。明後日は山行トレーニングをする予定です。
DSC_0060








i_climbing at 23:45|Permalink

2020年05月13日

20200513放課後トレ&座学&県山協理事会

今日は敷地5周ランニング後に、今シーズン初の座学をしました。
DSC_0071
読図の練習です。
IMG_20200513_185408
山岳部ですので、地図を読むことができなければなりません。
DSC_0069
新入生部員たちも先輩たちに教わりながら頑張りました。
DSC_0070
座学終了時間、自らトレーニングに励む生徒もいます。
DSC_0073

夜は県山岳協会の理事会に参加。
IMG_20200513_222945
総会ができなく書類審議のための準備です。
IMG_20200513_223042
運動公園での施設の利用等についても案内がありました。
IMG_20200513_223005
そろそろ生徒たちにもボルダリング等もやらしてあげたいものです。


i_climbing at 22:16|Permalink

2020年05月12日

20200512放課後トレ

今日は書道部の活動日。「コロナ川柳」を近代詩文体で書きました。
DSC_0054
書道部の活動終了後に山岳部・スキー部の指導をしました。今日はサーキットで終了。自分のために頑張るを目標に。
DSC_0058
DSC_0059
DSC_0057
IMG_20200512_180706
DSC_0062
DSC_0063
DSC_0061
DSC_0064
DSC_0056
DSC_0065
部員たちは必死に自分との闘いに挑んでいました。
DSC_0068
誰も経験したことのない世の中。学校運営も臨機応変に。前例のない取り組みをするためには躊躇することなく押し通すしかありません。ひとつの案を出すだけでも何日も考え悩んで。実際には思いつきではないのですが……。気にはしたくないのですが、気になってしまいます。


i_climbing at 21:21|Permalink

2020年05月11日

20200511放課後校内トレ

今日は全学年交代制による学年集会をおこないました。マスク着用での体育館集合を呼びかけたのですが、着用していない生徒がいて、教職員手作りマスクを配布。全てなくなってしまいました。
そんな折り、嬉しい出来事がありました。教職員で、マスクを作っている様子を学校ホームページblogで見ていただいた保護者の方から、手作りマスクをいただきました。大変ありがたいことです。感謝です。マスクを持っていない生徒に配布し、感染予防に努めさせていただきます。
DSC_0052
部活動は、高3部員が新入部員へしっかりとリーダーシップをとってのトレーニングをしました。高3部員にとっては、大切な勉強です。一生懸命頑張ってやってくれました。
仕上げは校庭が空いていたのでサッカーをして遊びながらのトレーニングをしました。
DSC_0050
DSC_0051
山岳部としての登山活動やクライミング。さらに共同生活である合宿やテント泊は現在のところ自粛中です。他の部は少しずつ通常活動に戻ってきています。羨ましいです。超部活動推進派である私は我慢しています。なかなか理解されていないようですが、仕方ありません。ピエロですから………。不平不満だけを言っても意味はないですが、皆さんストレスが溜まってきたの吐き出すしかありません。それでも吐き出され、あるいは言われる方がキツいということに気付けば良いことになると思うのですが……。


i_climbing at 21:00|Permalink

2020年05月09日

20200509妙泉寺&岩山トレーニング

今日は高校特進・EXクラスの土曜授業日。部活動は妙泉寺現地集合13:00。今シーズン初のベースキャンプ所へ。新入生部員にとってははじめての修行となりました。
IMG_20200509_154733
まずは雨戸を開けて、約半年ぶりに日を。
IMG_20200509_131922
登山靴も
DSC_0059
私のスィートルームも。
DSC_0058
いつになったらここで合宿ができるのでしょうか。
IMG_20200509_153929
妙泉寺開店準備終了後は岩山へ移動してトレーニング。
とにかく野山を駆け回りました。
DSC_0063
IMG_20200509_153903
DSC_0065
DSC_0066
DSC_0067
DSC_0068
DSC_0070
DSC_0071
DSC_0073
IMG_20200509_153821
IMG_20200509_153808
DSC_0077
IMG_20200509_153751
IMG_20200509_153732
IMG_20200509_153718
DSC_0081
DSC_0082
IMG_20200509_153658
IMG_20200509_153641
通常ですと山頂までのランニングや階段トレをおこなうのですが、沢山のハイカーが訪れているので団体での行動は自粛。上には行きませんでした。広場での繰り返し練習でしたが、部員たちは楽しそうにトレーニングに励んでいました。何よりです。明日はオフです。
DSC_0086
月曜日からは通常時程となります。徐々に学校も感染症対策に努めながら通常活動を目指していきます。


i_climbing at 23:47|Permalink

2020年05月08日

20200508放課後部活動

昨日に引き続き、放課後に学校でトレーニングをしました。
DSC_0050
マイナーな部なので校庭の隅すら居場所がなく、自転車置場でこっそりとやるしかありません。
DSC_0051
大きな声を出させるわけにもいかず、おもいっきり暴れさせることもできず、もどかしいです。
DSC_0052
それでも新入部員はじめ部員たちは一生懸命トレーニングに励んでいました。
DSC_0053
やろうとすることが大切です。26人での基礎体力トレーニングには限界がありますがなんとかするしかありません。
DSC_0055
山という大自然が本来のフィールドですので、のびのびと生きる力を育みたいものです。
DSC_0054
時短と工夫の力量が私には必要なのですが、専門家でもないし、勉強不足なので引出しがありません。残念です。
DSC_0056
明日は午後から妙泉寺に行き、岩山という学校よりは広いフィールドでトレーニングをする予定です。
DSC_0057
人知れず、何事もこっそりと目立たないようにやれることをやるだけです。謙虚が一番かもしれません。
IMG_20200508_172621
GW期間中、人知れずこっそりと体育館の床をピカピカにしてくださった裏方の主さんと同様に、ひっそりと頑張ることが日本人としての美徳かもしれません。古い考えでしょうが、私もそうなりたいし、そこを目指して黙々と頑張れるだけ頑張っていきたいです。
出ているつもりは全くありません。それでも出る杭は打たれます。打たれ弱いので打たれないようにしなければなりません。


i_climbing at 21:42|Permalink

2020年05月07日

20200507学校再開・部活動再開

約1週間ぶりに生徒が登校してきました。生徒がいて学校です。
DSC_0051
体育館では換気をしながら。3密を避けてバレーボールの授業がおこなわれていました。元気に、そして楽しそうに体を動かしていました。
DSC_0055
放課後は約2週間ぶりに部活動をしました。もちろん時短活動です。
DSC_0056
DSC_0057
DSC_0058
DSC_0060
DSC_0062
DSC_0063
明日も軽めのトレーニングをする予定です。
IMG_20200507_170816



i_climbing at 21:12|Permalink

2020年05月06日

20200506振替休日 八幡館山

明日から学校が再開します。まずは時差登校の短縮授業からスタート。さらに部活動も時短でおこないます。
マナーとして「マスク着用」「ソーシャルディスタンス」「手洗い・消毒」を生徒、教職員で意識して。さらに「3密」を避けて。やれる対策は個人個人がやろうとすることが大切です。
DSC_0082
私は部活動をしていない期間が長過ぎで、今の体力では岩手山に登る自信がないです。気持ちを高めるためにもプチトレーニング。以前から気になっていた八幡館山へ行ってきました。
DSC_0068
自宅から自転車で移動。登山口まで3.5kmを15分で。
DSC_0064
この登山道には十二支があるということで楽しみに登りました。
DSC_0063
登山口である入り口には「子(ね)」=ネズミ。
DSC_0088
一合目には「丑(うし)」=ウシ
DSC_0089
IMG_20200506_143239
二合目には「寅(とら)」=トラ
DSC_0072
三合目には「卯(う)」=ウサギ
DSC_0073
四合目には「辰(たつ)」=リュウ
DSC_0074
五合目には「巳(み)」=ヘビ
DSC_0075
六合目には「午(うま)」=ウマ
DSC_0076
七合目には「未(ひつじ)」=ヒツジ
DSC_0077
八合目には「申(さる)」=サル
DSC_0078
九合目には「酉(とり)」=トリ
DSC_0079
あまり聞いたことのない十合目には「戌(いぬ)」=イヌ
DSC_0080
そして頂上には「亥(い)」=イノシシ
DSC_0084
頂上まで約500m、約10分で到着。
山頂にある眺望図。
DSC_0085
盛岡市内が一望できます。
5分ほど休憩をして下山開始。
DSC_0086
飯岡山もくっきり見えます。
登山口まで約5分で下山完了。
DSC_0087
シラネアオイも綺麗に咲いていました。
DSC_0082
自宅を出発して八幡館山を登り、往復60分でトレーニング終了。
DSC_0081
登山よりも自転車がトレーニングになりました。
DSC_0066
エンレイソウも咲いていました。
DSC_0067
明日から部活動も再開します。
感染症対策を意識しながら、今やれることをやろうとして頑張るだけです。
何が正しくて正解かも分からず、明日からの学校再開、そして次週からの通常活動を公言しましたが、現在のところでは結果オーライ。判断ミスであれば責められ、何もなければ当たり前。これからは成り行き任せでいくしかありません。



i_climbing at 17:12|Permalink

2020年05月05日

20200505子供の日休日

ゴールデンウィーク4日目。
天気の良い子供の日の休日。
こんなに長い時間、自宅にいたことがあっただろうか。
はじめての庭の草取り。
運動不足か、腰が痛いです。

早朝の岩手山。
DSC_0056
DSC_0057
夕方の岩手山。
DSC_0061
DSC_0060
小岩井の牧草地を走り回っていた狐。
DSC_0062
明日がゴールデンウィーク最終日。明後日からは学校が再開します。 


i_climbing at 19:09|Permalink

2020年05月03日

20200503憲法記念日休日

まずは寮に行き健康等のチェック。
DSC_0051
学校活動再開に向けてのホームルームが1日にあったので、少しは顔つきが変わったような気がしました。
DSC_0052
山岳部の部室もしばらく使用されていません。野良猫が住み込んでしまうかもしれません。
DSC_0053
桜もかなり散りました。
DSC_0054
今日は気温が高過ぎの傾向。3日ほど前は降雪により真っ白になっていた岩手山の雪もかなり融けました。
IMG_20200503_110226
登山自粛とはいえ、3密を避け、遭難や怪我のリスクの低い鞍掛山にはたくさんの登山者が集まって、初夏の山登りを楽しんでいたようです。
IMG_20200503_110151
小岩井農場近くにある「ヤドリギの木」。たくさんのヤドリギが宿っています。花言葉=困難に打ち克つ・忍耐。まさに今はこれしかないでしょう。
IMG_20200503_130319
夕方の散歩は七ツ森へ。桜が綺麗です。
DSC_0055
道端にはソーシャルディスタンスを守れないツクシがびっしり。コンクリートとコンクリートのほんの僅かな隙間にある土に力強く生えていました。たくましいです。
IMG_20200503_164731
明日は緊急事態宣言が延長されます。仕方ないことです。学校再開の7日までに色々な意味での体力を温存しておいたほうがいいかもしれません。





i_climbing at 20:28|Permalink

2020年05月02日

20200502岩手山神社茅の輪くぐり

久しぶりに学校に行かずに、自宅のスキー用品と登山用品の入れ換えをしました。毎シーズン恒例となっています。
LINE_P20200502_183750537
夕方の犬の散歩は近場に車移動をして。小岩井の桜も見頃になってきました。
IMG_20200502_213221
一本桜も
1588412242252
そして自宅から15分程度のところにある岩手山神社に行ってきました。
DSC_0050
新型コロナウィルスの早期終息を願って茅の輪くぐりをしてきました。
DSC_0052
神にも頼る思いです。
DSC_0051
ドラゴンボール?の石碑もありました。

DSC_0057
安心した落ち着いた生活がしたいものです。
DSC_0058
明日の朝は寮当番。
LINE_P20200502_183750529



i_climbing at 23:36|Permalink

2020年05月01日

20200501臨休中の登校日

今日は生徒の健康等の確認や今後の予定や明日からの過ごし方の再確認のための登校日でした。
Capture_VID_20200501_174859_20200501_205816
時間差、3クラスづつの登校。30分ホームルームで終了というはじめての試みをしました。
Capture_VID_20200501_174859_20200501_205808
マスク着用、ソーシャルディスタンス、手洗い・消毒はルールではなくマナーとして教えていかなければなりません。
Capture_VID_20200501_174859_20200501_205743
全クラス教室前には、アルコール消毒液が設置されています。
Capture_VID_20200501_174514_20200501_210138
久しぶりに元気な生徒の声や顔を見ました。
Capture_VID_20200501_174956_20200501_205702
生徒が居て、学校です。
Capture_VID_20200501_174859_20200501_205904
連休明けの7日からは少しでも前を向いた活動を目指します。ウィルスとの共存です。闘うだけではありません。
Capture_VID_20200501_174514_20200501_210220
文科省からいただいた洗えるガーゼマスクも生徒たちに配布しました。
IMG_20200501_211313
ここは耐えるとき。皆でマナーを守り、学校再開に向けて頑張ってほしいです。
Capture_VID_20200501_174717_20200501_210011
それにしても、何が良くて、あるいは正しくてかも分からずに。「対策」を練り、それを押し通して学校をまわすことに疲れてきました。
とはいえ、学校という小さな組織。教職員の力をひとつにすることができればやってやれないことはないはず。国や県、市町村をまわすとなれば、想像もつかない労力でしょう。それを考えればなんと小さなことで疲れているのかと。自分自身を奮起させなければなりません。


i_climbing at 22:04|Permalink

2020年04月30日

20200430掃除&マスク作製3日目

当たり前のことですが4月も終わりです。学校の桜も……。掃除が大変になってきます。いつも用務員さんたちが綺麗にしてくれています。感謝です。
DSC_0085
昨日は昭和の日で休日。朝は寮生の健康チェック当番。色々、溜まっている様子。
DSC_0071
午後には召集がかかり、再び寮へ。
皆、ストレスが……。耐える時期です。
DSC_0070
青空へ延びる天国への階段を1歩1歩です。今、やれることをやろうとするだけです。
IMG_20200429_171615
小岩井地区の桜もようやく。
IMG_20200429_171543
小さいですが、なかなか良い形をしている小山です。
DSC_0072
そして今日は教職員によるコロナ対策作業3日目です。明日は生徒登校日です。
DSC_0074
文科省から届いた洗えるガーゼマスクを配布するためにクラスごとに仕分けです。
DSC_0073
アルコール消毒液とハンドソープを満タンに。明日、生徒を迎えるに当たって先生方は一生懸命です。感心です。
DSC_0077
しばらくは付き合っていかなければならないウイルス。感染防止の自作ポスター?教えていくのも大切な教育です。
IMG_20200430_105912
各教室に掲示です。
DSC_0083
トイレ掃除も。ボタンを中心に。
DSC_0078
手洗い場等の水回りも再度綺麗に。
DSC_0080
とにかく、丁寧に一生懸命やっていただきました。
DSC_0079
仕上げは恒例のマスク作製。最終日の今日は厳しい様子ですが、頑張りました。
DSC_0081
そろそろ前を向いていかないと……。
薬師神社で願掛け。一刻でも早い終息を願って。
DSC_0084
というよりは、二ツ森コースの下見でした。薬師神社からの道は立ち入り禁止となっていて残念。楽しそうなトレーニングコースでしたが諦めました。
IMG_20200429_171600



i_climbing at 20:08|Permalink

2020年04月28日

20200428掃除&マスク作製2日目

今日は新校舎の除菌という名の大掃除をしました。昨日同様、机、椅子、ドアノブやスイッチ。ロッカーなどを吹き上げました。DSC_0062
献身的な先生方のおかげでビカビカになったと思います。感謝です。
DSC_0063
掃除終了後は、会議室でマスク作製に励みました。マスクがないという生徒たちのためにです。一枚一枚、心を込めての力作です。
IMG_20200428_132033
黙々と。素晴らしいです。
IMG_20200428_150153
かなり増えました。有り難いです。
学校の通常再開に向けて。やれることはやっておかなければなりません。不平や不満を語るのであれば行動をしてからだと思います。
DSC_0067
明日は昭和の日で休日。「昭和の日」といっても生徒たちはピンとこないかもしれません。
DSC_0069
私は朝に寮に遊びに行き、安否確認をしてきます。
IMG_20200428_150055
一刻でも早くの終息を願い、岩手山神社の茅の輪くぐりもいいかもしれません。神頼みも必要かもしれません。


i_climbing at 23:04|Permalink

2020年04月27日

20200427掃除&マスク作製1日目

まずは除菌という名の大掃除。先生たちで旧校舎1階から4階までのドアノブやトイレ、水回り、机、ロッカーなどを吹き上げました。
IMG_20200427_211736
IMG_20200427_132749
DSC_0051
IMG_20200427_100027
先生方は少しでも綺麗にと頑張っていました。自分の高圧洗浄機を持ってきて、生徒たちのために一生懸命トイレの掃除をしてくださった先生もいます。皆さん凄いです。
DSC_0053
次は、「マスクがない」という生徒に渡すために手作りマスクの作製。
DSC_0054
まずは石鹸でよく手を洗い。
IMG_20200427_160659
アルコール消毒もしっかり。
DSC_0057
皆さん、カニを食べているときのように無言で集中して作っていました。
IMG_20200427_211524
意外と皆さん上手です。器用です。普段、山岳部の活動でゼッケン縫い等をしているのですが、私は苦手です。
IMG_20200427_132806
学校長も一緒になって作製。
IMG_20200427_211340
かなり上手です。
DSC_0061
明日は新校舎から体育館あたりの除菌という名の大掃除を頑張りたいです。
DSC_0055



i_climbing at 21:46|Permalink

2020年04月26日

20200426IH中止決定

インターハイ中止が決定。高校三年生は悔しいのが当たり前ですが、仕方ありません。登山の会場地である群馬の先生は「開催するには問題が多すぎで厳しい」と嘆いていましたから………。実行委員会が厳しいなか、周りからやってくれとは言えないでしょう。
DSC_0073
私の全国役員としての最後の御奉公も幻と消えました。群馬IHでの副審判長で区切りよく引退したかったのですが、モヤモヤと不完全燃焼で終了です。
DSC_0075
学校の桜も雨に打たれ、少しずつ散り始めてきました。
DSC_0074
会議室からの桜もなかなか綺麗です。
IMG_20200426_104948
鳥たちが遊びによく来ます。
IMG_20200426_104934
学校再開予定の5/7までには、さらなる対策強化が必須です。
DSC_0080
というよりは、私個人の考えとしては、長期化する予想に備えて、考え方を少しずつ変えていかなければならないと思っています。
コロナと闘うのではなく、感染予防に努めながらの共存をしていくことに変換が必要かと思います。
今までは「ルール」であったことを、当たり前にやる「マナー」としていくことが大切なのではないかと思います。
IMG_20200426_104810
これは寮母さん自作の「キッチンペーパーマスク」コスト低で軽くてお手軽な感じがしていいです。
DSC_0077
文科省から届いた「ガーゼマスク」生徒全員分です。
IMG_20200426_093336
夕方の犬の散歩は南昌山山麓にある水辺の里。なかなか良いところですが、水害でやられたまんまになっていました。
DSC_0082
桜もあり、心穏やかになるような気がします。
DSC_0083
宮沢賢治の詩碑です。南昌山を詠んだようです。写真後ろの真ん中の尖った山が南昌です。
DSC_0084
明日も休校で生徒登校はないです。教職員も3分の1出勤です。


i_climbing at 18:31|Permalink

2020年04月25日

20200425休業

岩手県内でも休業要請に協力し、人を集めない努力をしているたくさんの企業や店舗が出てきました。
網張温泉国民休暇村
IMG_20200425_090447
小岩井農場
IMG_20200425_090507
自然を求め過ぎで、人が密集してしまうことを危惧して「日本山岳スポーツクライミング協会」が登山自粛を呼びかけた鞍掛山登山口駐車場も、いつもの週末に比べれば少ないです。
DSC_0055
鞍掛山登山口にある相野沢キャンプ場も使用休止。全国的にキャンプ場も休止だそうです。岩手県もやっているキャンプ場はありません。空気の良いところでゆったりするのも不要不急の外出になってしまうようです。
IMG_20200425_090410
午後からは学校に行き、学校再開に向けての対策続きをしてきました。
長い休校期間ですので、ゴミ箱も空にしておかなければなりません。
DSC_0058
できる範囲でソーシャルディスタンスの確保をしなければなりません。
DSC_0061
休校に入る前と学校再開したときの違いがなければ、何の対策もしてないということになり、学校も部活動も何もかにも再開できません。
DSC_0060
せっかく綺麗に桜が咲いているのに………。
IMG_20200425_173301
IMG_20200426_093530
夕方は勘十郎森へこいつと散歩。私が自作したマスクを着けてみたところ、あまり嫌がっている様子がなく一枚。決して虐待ではありません。すぐはずしましたので。
IMG_20200426_093414
盛岡市内もよく見えました。
DSC_0071
もう少しで下山口のところまで下りてきたら、一瞬「牛?」かと思うくらいの大きなカモシカが登場。犬はビビり吠えのうえ猛ダッシュで逆走。仕方なく登り返して登り口まで戻りました。
IMG_20200425_175313
ツクシも多く顔を出し、自然の営みを感じます。
IMG_20200425_205836
里は春なのに、岩手山は雪が増えています。
DSC_0070
自然を満喫することも不要不急の外出になるという寂しいことが起きてしまっています。


i_climbing at 19:58|Permalink

2020年04月24日

20200424臨時休校

学校は本日より新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として臨時休校になりました。前回の特別時程による対策よりもさらに段階をあげての措置です。岩手県ではまだ発症者は未確定ですが、ニュース報道等を見ていると、全国的にはこれが日本かと思える大惨事になっているように思われます。他人事と思ってはいけないですし、一大事が起きているということを生徒たちが意識できるようにするのも大切なことだと思います。

しばらくは部活停止ですので、学校の様子等を掲載したいと思います。
 
今日は生徒下駄箱をキッチンハイター稀薄消毒液で全て拭きました。
DSC_0050
さらに、授業中の密接を防ぐために教室内の物を廊下に出し、それから机の配置を決め、昔懐かしいビニールテープでの位置決定作業等をしました。
DSC_0051
運動不足ですので、このような作業だけでも良い運動になります。
DSC_0052
生徒たちも、鬱ぎこんでばかりいるのではなく、前を向いて何とかこの苦難を乗り越えていこうとしてほしいです。


i_climbing at 20:55|Permalink

2020年04月20日

全都道府県緊急事態宣言

DSC_0083

DSC_0073
DSC_0072
桜が開花したのに、心には全く春が来ない今回の一大事。本当に恐ろしいことです。

DSC_0079
DSC_0081

日本山岳・スポーツクライミング協会からは 

 新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。
 山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。
 新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。
 全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。
 この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いいたします。
 山岳スポーツに係わる皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。
 近々事態が収まり、山で、岩場であるいはスポーツクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。
 

IMG_20200419_130958
IMG_20200419_130932
DSC_0074
DSC_0077
合宿所である妙泉寺に久しぶりに行って来ました。水芭蕉が咲き始め、ここにも季節上は春が……。今年は使うことができるのでしょうか?不安です。

DSC_0085
DSC_0086
ウイルスも洗い流すことができればいいのですが……。

DSC_0089
IMG_20200420_174847
DSC_0093
IMG_20200420_174820
学校は時差登校と時短活動。残念ながら部活動は活動停止。国の一大事、世界の一大事。少しでも対策をしリスク軽減に努めるのが国民の義務でしょう。仕方ありません。なにもしないほうが問題になるかもしれません。

DSC_0084
感染未確認の本県だからこそ、やれることはやらなければならないと思います。

全国のニュースを見ると凄いことがどんどん。変死が……。大変です。他人事と思っていたのでは。



i_climbing at 23:39|Permalink

2020年04月16日

20200416放課後校内トレーニング

今日は放課後にトレーニングをしました。
DSC_0060
DSC_0061
DSC_0062
DSC_0064
DSC_0066
DSC_0067
DSC_0068
新入生が在校生に対して自己紹介。
DSC_0069
在校生はそれを聞いてから受入れ、拍手と挨拶を。
DSC_0070
高1部員11人。中1部員1人。合計12人のチャレンジャーたちです。
DSC_0071
緊急事態宣言が発出されました。いつまでかわかりませんが、やれる範囲でやれることを楽しんでやろうとするだけです。
IMG_20200416_165422



i_climbing at 22:50|Permalink

2020年04月15日

20200415県高総中止

現状では当然のことであり、覚悟はしていたのですが、いざ現実となるとなんともやりきれなく悔しくてどうしようもないのが本音です。
IMG_20200416_013002
弱い自分にも腹が立ちます。
IMG_20200416_013058
ここまで頑張ってきた高校3年生運動部員のほうがもっと悔しいとは思います。
IMG_20200416_013123
しかし、愚痴を言っても何もはじまらないし、前を向いて今できることをやろうとするしかありません。仕事もそうです。
IMG_20200415_194312
トレーニング終了後、ミーティングをして、高校3年生たちには提案。「まずはゴールデンウィークまで放課後トレーニングを中心に自分自身、そして後輩たちのために今まで通り頑張ろう。そして日帰りでできる里山を楽しく登ろう」と。「そして、想いでの鯨山や鶏頭山、裏岩手を日帰りで登り、5月末の高総体予定の日に岩手山焼走りコースを登り、区切りとしよう。」と。納得はできないでしょうが、分かってくれたようです。
IMG_20200415_194021
それでもなぜかミーティング終了後、鬱憤を晴らすかのように自主的に元気よく走っていました。
私はいつものごとく、机にじっとしていることができず、虎泰を連れて朝島山へ。
DSC_0058
中1から5年間、インターハイ出場そしてインターハイ優勝を目指して、人一倍努力をしてきた虎泰。悔しさは計りしれません。
DSC_0059
私は山頂から叫びました。
DSC_0057
何事もそうです。グチュグチュ言って、否定的になっても仕方ありません。情けなくなるだけです。
IMG_20200415_193952
人はすぐに誰かのせいにしたくなる弱い生き物。今回は誰も悪くありません。「コロナ」だけです。責めるところ、批難するところ、悪くいうところはありません。責任を問えるところもありません。
DSC_0056
人にどう思われようが、前を向いて突き進んだほうが自分のためにきっとなっていくことでしょう。


i_climbing at 23:53|Permalink
過去の記事