釣魚不全

釣魚不全、タイトルロゴ
■ 記事"見えなかった"のページです。

 見えなかった

posted by ビワコチビタナゴ at 15:07 on November 30, 2008
category in this blog: plants  and/or gadabout's gabbling

0811287786今日の昼前、マヌケで節穴のような目を持つビワコチビタナゴに笑ってしまいました。この28日から今日までの三日間、いや、拡大解釈すると今年の8月上旬からの四ヶ月間、この水草が身近なところに生えていることを知りませんでした。

それが、どうして解かったのかといいますと、11月28日にオオアカウキクサとアカウキクサ外来アゾラを詳しく調べるつもりで、タナゴを撮影している時によく使っている例の観察用水槽で、そのアカウキクサの仲間ニ群を泥水ごとカポッとすくって持って帰ってきていたのです。それを今日、洗面器にあけて広げてみると泥水にコロっとしたゴミのようなものが混じっていて、つまんで捨てようかと思いつつも興味本位で水で洗ってみたらコレでした。三日間この水草が紛れ込んでいたということに全く気がつきませんでしたし、泥だらけの状態だったということにしろコレが解からなかったのです。それから急いで昼食を摂り、同じ場所へ駆けつけてみると、あるはあるは...、結構たくさん浮かんでいました。28日にも私の網膜にはその映像が映っていたハズなのですが.....その時は見えませんでした。

この場所は、今年の8月にも訪れています。その時は、シャジクモ類を探していましたので、他の水草には目が届かず、アカウキクサ外来アゾラはなんとか確認していましたがオオアカウキクサは見えませんでした。絶滅危惧種とかについては、「私達人間の網膜に映った映像を正しく解析する脳の一部の機能が絶滅しかけている」のが原因で、そんな状態におかれてしまったのではないのだろうか?と感じました。知らずに踏んづけていませんか?アタナも!

--- < 追記がある場合は、以下に表示されます > ---

--- < 以下、コメント欄 > ---

この記事へのコメント

1. Posted by FJ   November 30, 2008 18:46
なんだか不思議なスタイルな葉っぱさんですね。
いろんなのがいるものですね〜。

本日湖北で海老獲りをしてきました。
竿を出そうかと思っていたんですけれど、
いつも釣りしているポイントに魚影が見当たらなかったので止めました。
ていうか、山本山という面白い名前の山に登ったりなんかして遊んでいたら雨が降ってきちゃいまして。

登口の神社の境内でドブ貝を見つけ家の水槽に入れてみると、アブラボテさんが興味津々。
しばらく見ていると例のお腹のでっかいメスが体当たり。
すぐさまオスも体当たり。
ええっ!こんなにあっさり人前で!ってな感じでした。
---------------------------------------------------------------------------------
2. Posted by bi   November 30, 2008 21:08
FJさん、こんばんは、
"オオワシ"もう来てませんでしたか?行かれたあたりの南西斜面ではオオワシが一服しているのがよく見られるらしいです。昨日もそっち向けて大砲のような超望遠レンズを構えておられる方がたくさん居られました。

繁殖期じゃなくても二枚貝に興味を示すのですか?殻表面に食べられるものが付いていたとか、体が痒かっただけとか、ほんとうのことが解かったらまたお教えください。

ps:
滋賀県には在来のアカウキクサは無いらしいので記事訂正しました。すくってきたソイツはすぐ処分です(汗)。

---------------------------------------------------------------------------------
3. Posted by FJ   December 01, 2008 06:18
メスの体当たりはいかにも産卵管を差し込むような動作でウニョウニョ。オスはビシャと白い煙幕を出しつつ体当たりてな感じでしたので、体が痒かっただけとは・・。そうなのでしょうか?

ああ、あの人たちはオオワシを狙っているんですか?昨日は数名いました。
いくらするんじゃ?てなレンズを構えているひと。
でもそのあと3,40台くらいのバオンバオンのバイク乗りが道の駅に溢れていました。
昼間でもああいうバイク乗りはツーリングするんですね。
オオワシ狙いの人々はさぞかしガックシな思いをしたのかも・・。
---------------------------------------------------------------------------------
4. Posted by FUJI   December 03, 2008 18:25
確かに興味は多少なりともあるようです。
家のシロヒレタビラも雄は1個だけ試験的に入れてある(貝は自宅のどのタイプの水槽で長く持つのかという試験中)二枚貝を中心になわばり張ってます。
ただ,雌は産卵時期ではないので全然ただの通りすがりですけど。
この時期よく腹部膨満の病を患う魚が多いので,産卵管が伸びたり縮んだりしているかどうかを確認すれば目安になるかもしれません。
ですが,そのままの冬の低温では孵化→浮上できないように思います。

ちなみに試験結果途中ですが,屋内水槽ではやはり水量が多く,軽い日差しが入る,魚の密度が少ない方が二枚貝には良さそうです。2m水槽のはやはり調子がいいですね。
---------------------------------------------------------------------------------
5. Posted by FJ   December 04, 2008 05:32
おはようございます。
FUJIさん。例のアブラボテのメスさんが☆になってしまいました(涙
以前、お腹パンパンになって水槽の上層を漂うような状況になった事があります。
どうしたんだろうか?と思っていると3日くらいで治って元のスタイルに戻っていました。
それでも若干大きめなお腹の状況でした。
今回の貝投入後、一晩でスマートになったなぁと思っていたら先日またもやパンパンに!
あれれ?と思っていると・・・・(大泣
最近、タナゴさんを☆にしていなかっただけにショックであります。
家の水槽は冬でも24,5度くらいあるようです。水変えの時など水槽内はヌルイんです。
新しい水は冷たい。これってやばいかな〜と思いつつ。
ビワコチビタナゴさん。お借りしてしまってすみません。
---------------------------------------------------------------------------------
6. Posted by FUJI   December 04, 2008 10:16
24.5度というのは水槽内にヒーターでも入れているのでしょうか?
室内のエアコンなら一日つけっぱなしという状況も少ないようなので,そう思ったのですが。
老齢,ストレス,餌の状況,水温変化,水質などが起因として季節の変わり目にはよく発生します。しかし,一度スマートになったのなら消化不良系なのかもしれません。
水温の変動が少ない方が罹患率も低いようですが,飼料の方ももう一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

同じく失礼しました。
---------------------------------------------------------------------------------
7. Posted by bi   December 04, 2008 21:55
FJさん、FUJIさん、こんばんは
知らない内にお話が進んでいるようですね。
わたしの出る幕はなさそう^^)v. おまかせしま〜す。

以下、ひとりごとです:
私の叔母ちゃんは90cm(水量約130L)水槽に、カネヒラ、ヤリタナゴ、アブラボテ、タイリクバラタナゴを30数尾詰め込んで飼っています。それに加え、この夏は全長25cmくらいの錦鯉までツッコミました。私は、そんなにたくさん入れたらダメダメって言っていたのですが、3ヶ月くらい聞き入れてもらえませんでした。おまけにカワイイカワイイと言っていつも餌(それも配合飼料ばかり)を大量に与えていました。一応10月に錦鯉は出したようですが、水がずいぶんと臭っていました。そしたら、先月に水交換(谷水の冷たいので80%くらい一挙に替えたらしい)直後にエロモナス発症(運動神経もヤラれてました)+白点病で、90cm水槽はそのまま病院と化しました。叔母ちゃんはずっと家にいますので室温25℃くらい、水槽内も24℃はありました。そうそう、そういえばその叔母ちゃんのタナゴ達はしょっちゅう貝殻に平打ちをしていました、あれはやっぱり痒かったようです。カネヒラとタイリクバラタナゴの数尾が処置手遅れで生ごみになってしまいました。ナマンダーアーメン!
---------------------------------------------------------------------------------
8. Posted by FJ   December 05, 2008 06:24
またまたお借りします。
水温ですが、ヒーター無しでも何故か下がらないんです。家はマンションで室内はそれ程寒くならないのが原因でしょうか?
逆に夏は30℃を越えますので、昼間の4時間くらいは照明を消して扇風機ですけれど・・。
60cm水槽にヤリタナゴ♂3、カネヒラ♂1、アブラボテ♂2、ギンブナ5、ドジョウ5、ヨシノボリ5くらいです。ちょっと過密でしょうか?ギンブナを隔離しようかと思いつつ出来ないでいます。
飼料はテトラフィンがメインでたまにフナタナゴ用とかいう細かい粉末のものとキャットをあげています。
---------------------------------------------------------------------------------
9. Posted by FUJI   December 06, 2008 11:34
またまたビワチビさん恐縮ながらお借りします。
我流診断だと“過密”ですね。
魚サイズ如何にその組み合わせは,ストレス溜まりを誘発する組み合わせですよ。
何故かというとなわばりを極端に誇示する種類がそれだけ入っているのはちょっとキツイ。
餌の方も開封した後はどんどん酸化が進みます。普段から室温が高いのなら,冷蔵庫保管で早く使い切ることが大事。+餌のバリエーションを増やすこと及び魚種の組み合わせを考えることも健康に育てる&繁殖させる秘訣です。
なお,この状況をお聞きし,ビワチビさんが挙げた例の「軽い版」じゃないかと思うんですが,いかがでしょうか。
飼育環境において,魚間でのストレス以外に水替えのストレスというものもあります。かといって過密になれば水質悪化も早くなり,水替えが必要となります。
この辺を一度見直してみると,また発見があるかも・・ですよ。(実はあるんですが,意味深に書いてしまいました。すみません。)
---------------------------------------------------------------------------------
10. Posted by FJ   December 06, 2008 18:39
またまたお借りします。これで最後にしたいと思います。
FUJIさん丁寧にありがとうございます。
もともとはドンコさんが居て、その餌にと稚魚を投入したのが始まりでした。タナゴと思っていた稚魚は3cmくらいのフナへと育ちまして、ドンコに食われずに生き残っちゃいました。
タナゴさんも1cmくらいの小さなヤリタナゴだったんですけれど、一匹カネヒラが混じっていてこいつが今では10cm近くある立派な♂です。
でもアブラボテ♀が☆になった事で追い掛け回したり等の争いも無く、寒くなった事もあって水槽の隅で皆で体を寄せ合っている事が多いです。みんなで5cm四方の所に固まっているんですよね。過密じゃない?(笑
でも、近いうちにフナさんにはお帰りいただく予定でいます。
---------------------------------------------------------------------------------
11. Posted by bi   December 07, 2008 21:34
どうもどうも。
解決するまでお続けくださって結構です。

我が家の屋外の水溜り(琵琶湖のことじゃ無いです、水草水槽です)には、今朝うす氷が張っていました。月刊掲載のカネヒラもその横に飼っています、ここ二週間くらい餌を切っていましたが正解だったようです。あ、そや、今月号の写真を撮らないと....(汗)
---------------------------------------------------------------------------------
12. Posted by J.J. Watt Jersey   May 10, 2013 17:07
見えなかった:釣魚不全Weblog - Article page Christian Louboutin Outlet http://www.clwomens.com/
---------------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメントは下記フォームにご記入ください

:お名前(入力必須)
:リンクするURL
:入力情報を記憶させる場合はチェック
絵文字パレットアイコン:クリックで絵文字パレットの呼び出し/消去

コメント本文(HTMLタグは使えません):


Javascriptで、ここに文字数が表示されます。

  • 本文の入力は、全角800文字相当以下の文章まで可能です。(お使いになっているブラウザの種類によっては入力した文字の数が正確に表示されないこともあるらしいです、ご自分の環境ではどの数字までがOKなのか把握していただけると助かります。)
  • 文字列をペーストした場合なども含め、文字数は、カーソルを入力枠内で置き直してクリックしていただければチェック出来ます。
  • 文字数オーバーのまま送信する(ボタンを押す)とエラーページへ行ってしまいます。エラーページからは、ブラウザの「戻る」で帰ってきて本文の文字数を見なおしてください。
  • お名前コメント本文の記入は必須です。 文字数オーバー送信し、エラーページから戻った時は再度お名前を記入して下さい。
  • どうしても800字以内で書き切れない場合は、いくつかのコメントへ分けていただいても結構です。しかし、あまり長文のコメントを頂戴しましても管理人の低い解読能力によりマトモな返事が期待できないかもしれません。
  • URLの記入は任意です。 本文からはリンクが出来ませんので、URL欄にご記入いただくと、お名前の文字からのリンクとなります。
  • 一旦お書きになったコメントをご自分で削除したり訂正したりできる方法は無いようです。削除や訂正が必要な場合は追加コメントでその旨をご指示いただくか、管理人へメールいただければ個別に対処できるかもしれません。
  • 時々、管理人の都合で文字化けするかもしれません。ご容赦ください。m(..)m
(ここでCSSのよる回り込みを解除しています。)
tanakia-lan