i-ifruit.com

May 18, 2015

農家さんからのお手紙

sweet cherryみなさんはお手紙を うけとることがあるでしょうか。....
最近は お手紙をいただくことも 書くことも めずらしくなってしまったのですよね。


IT機器の浸透したいまこのときにおいては 
ひとのこころの のった文字のお手紙をいただくと
深呼吸してしまいます。



週末、わたしは毎年トマトをいただいている農家さんから
宅急便をうけとりました。

蓋を 開けると、、、、

丁寧に新聞にひとつひとつのレタスがくるんで 収まっているののが見えました。

そうして その上に サランラップに包まれた白い小さな紙がみえました。

出荷、シッピングのおいそがしいさなかに
丁寧に便箋に。



  ・・・・・

  胸が熱くなる思いがしました。

豪雪に閉じ込められた記憶にあたらしい山梨県北杜市高根町、、、、から。



この方は しばらくお目にかかっていないのに
ご無礼をしたままですが 
毎年 トマトをいただいておりました。


さて、本題。


丁寧に毎年のご縁をつなぐことができて
ほんとうにしあわせを感じます。

今季もよろしくお願いいたします。



i_ifruitcafe at 15:14|この記事のURLfarm 

June 11, 2014

「さくらんぼの実るころ」

t02200392_0359064012969655057

大雪の中でしずかに育まれた恵み。
今年もいただけることに ほんとうに感謝いたします。
ていねいに手を添えて ていねいに 収穫されたひとつぶひとつぶ、
この時だけのたのしみ。

みなさま、いましばらくお待ちくださいね。


画像:高砂

i_ifruitcafe at 12:21|この記事のURLfarm | fruit fruit

September 24, 2013

葡萄のころ

BU7wQpmCMAAvnAf


葡萄、、、、 甘いですね。今年のぶどうはとびきり
暑さに耐えて 

でも油断してたくさんいただいていると たいへんなことになりますね。
でも、季節の恵みは この時ばかりですから いーのいーの。

グレープシードオイル 抗酸化作用が高いのですよね。
葡萄のたねから採った 良質なオイルです。

私はこちらの葡萄をいただくようになって 皮も種もバリバリといただくように
なってしまいました。、、、、 

ワイルドだゼ

ほんと、パスタにもオリーブオイルも合います、このぶどうたち。
欧米のほうが どうしても果物文化は先輩です。
身体の智慧を引き出す、取り入れ方をそこは真似たいものです。

同時に 日本には日本独自の文化。

最近だいぶ見直されるようになってはきましたね。
発酵食品を上手にとりいれて 身体の智慧を育みましょう。
お味噌、麹、糠、、、、食欲の秋。

考えるとうれしくなっちゃいますね

i_ifruitcafe at 23:22|この記事のURLfruit fruit 

June 28, 2013

野菜 ・・・ ののな

20100606nozuta 020 梅雨の晴れ間、、、、いかがお過ごしでしょうか。雨曇のうしろにはもう、灼熱の太陽が待ちかまえています。
日差しの強さが日に日にかんじられますね。
さくらんぼが終わり、畑では桃の出荷にぶどうの準備にときっと最も集中しなければならない時期に突入。
現地の伊東さんの奥さまからのメールにも、スタッフの顔つきが最盛期で 変容している(!)とのことでした。
神経をはらわれて、この時期に集中する作業が伝わってきますね。

暑さに向かって体調を整えたく思っておりますと、やはり食べ物に気をくばることが一番になります。
スタミナの維持や 体温調節の要=自律神経系を整えること。
暑いからと言って 冷たいもの、口当たりのよいものばかりを口に運んでいると
秋口に 涼しくなってから 内臓の疲れが現れます。

果物や野菜を上手にとって、偏らない食生活と バランスのよい休息と運動。
大切ですね。

ののな = 野菜 を 日本人は古来から上手に摂り入れてきました。
昨今のように 食習慣が欧米化する前は、、、、。

欧米化された食習慣は さまざまな生活習慣病やホルモン異常、という、お土産までつけてやってきました。
こだわれば、玄米菜食などのマクロビオテック、いろいろな智慧で 健康を、そして環境に負荷の少ない生活を、取り戻そうという動きもかなり増加中。

しかし、身のとなりで日々実践していくには、あまりこだわりすぎると続かないのが常。
まず、自分の食べているものの出どころ(生産地、生産者さん)を知り、
丁寧に育てておいでの農家さんのものを なるべくわけていただく。
加えて すこし簡素なくらいの食習慣で、よく体を動かす生活が 健康でいられるというもの。

やっと 野菜が「付け合せ」でなく、主役というテーブルもかなり増えてきましたね。
みなさんの お好みの ののな、、、、 なんでしょう。

バジルやハーブも 活用して、彩り豊かにたのしむ夏野菜。愉しみですね。
胡麻酢あえ、梅酢、お味噌、しょうが、大葉、唐辛子、からし、にんにく、、、、、 
日本の香りのものを あわせて 工夫したいですね。 



画像:町田市の薔薇園にて  
 ・・・・ 以前にも書きましたが  桃は バラ科^^ 
     ちなみに にんにく、玉ねぎはユリ科です。
 

i_ifruitcafe at 14:54|この記事のURLhealth&beauty 

May 08, 2013

若葉のころ

IMG_2875

うつくしい季節
緑のなかをかけぬけていくのがとびきり愉しみな このごろ。
こちらは東京都小金井にある 「江戸東京たてもの園」です。
ちょっとだけ トリップできてしまえる、そんな空間です。

五月のお休み、いかがおすごしでしょうか。
お外に おでかけされていますか。

ちょっと 上空の寒気が 気になりますね。
霜、雹? 雷?、、、、 なんとも にぎやかです。

果物たちは今のところ 順調というふうにうかがっております。
たのしみですね。季節の恵み。


さくらんぼ狩りのご案内をさせていただきます。


さくらんぼさくらんぼ狩りの予約はこちらへどうぞ。(完全予約制)

全天候型ハウス内。40分食べ放題。雨でも赤ちゃんをお連れの方にも安心。
週末は特に人気ですのでお早めにご予約くださいね。


アイアンドアイでは、豊錦、高砂、佐藤錦をはじめとして、早生佐藤錦、香果錦、正光錦、ナポレオン、黄色い月山錦などを栽培しています。それぞれに特徴がありますが、いづれも土の力が引き出した「ほんものの味」。

毎年の天候の変動で 出荷時期、出荷量とも とてもデリケートですが
ぜひお問い合わせください。

6月よりさくらんぼ狩りをお楽しみいただけます。ご予約はこちらへどうぞ。(完全予約制)
土日がことさら人気ですので お急ぎくださ〜い〔電話/メールで受付〕055-282-9232 
   6初旬〜6/20ごろまで
  入園料: 2,000円 (大人/中学生以上)
         1,000円 (小学生以上)

      
全天候型ハウス内ですので、雨の日でも安心してお越しください。
地図はこちら





さくらんぼ
ツヤツヤのルビーのような自慢のさくらんぼです。

想像しただけで

本当に甘くってぷりっぷりで も〜う
ほっぺた落ちそうっ




ダンカンさんが狩るっ♪

こんなイメージで 快適だから
ばりぼり いけちゃうっ♪



さくらんぼのタルト


ほーら こんなスィーツにご指名されるぐらいのさくらんぼ
 King of Cherry なのです。

「さくらんぼ狩り」 今すぐ予約は
こちらへどうぞ。









i_ifruitcafe at 18:18|この記事のURLwhat’s UP | sense of wonder

March 31, 2013

はなのころ

20120403001

花冷えですね、、、。 
鳥の声が急ににぎやかになったのが先週のこと。

はじめはラジオの中の声?なのかと思ったのです。
あまりににぎやかに しかも急だったもので。

春分の日をさかいに ひとの毛穴がひらく、と申します。
センサーも開いて、いままで気づかなかった移ろいに
耳をかたむけたり、肌で感じたりするこの頃。

沈黙の春、、、レイチェル・カーソンの1962年の作は、
化学物質の環境や生態系への影響を投げかけるあまりに有名な著書。
「鳥のさえずりもない春のおとづれ」、、、 想像しただけでもおそろしいものです。

しかし、昨今の状況は 木々に花が咲いても、かわることなく 鳥がさえずっていても
目に見えても 見えなくても、環境の変化は著しく、
私たちのからだや生態系に大きな影響を与えています。

こころおだやかに温かい気持ちで 生きていたいもの。

私たちが からだの健康を保つには 気の持ちよう=心の健康ももちろん大切ですが
生き方を変えるには  滞りなく流れる身体の血流であったり、代謝がかわることが直接的であると感じています。

動物のように動いてカラダを整えたいと感じている昨今です。


[画像は、川崎市の観賞用の桃の樹です。桃の実のなるものではありません。まぎらわしくてごめんなさい。笑]

i_ifruitcafe at 20:20|この記事のURLwhat’s UP | sense of wonder

December 04, 2012

百匁 ・・・ ねむり姫 な 季節

甲州百目


そろそろですね。ひだまりが恋しい 、、、 。
秋が気温が高めで 一気に冬に進んだ感がございます。
からだも驚いてしまいすよね。乾燥と気温が下がると風邪も流行ってきます。
ビタミン豊富なフルーツでぜひ対策を。


百匁01

干し柿、、、あんぽ柿もちらほら 市場に出ていますね。
そして、みんなが待っているのは、、、、、、
そろそろ、 甲州百匁  ねむり姫 が 登場でしょうか。

= ごめんなさい。現場と連絡を取らずに勝手に記事を書いてるのが バレる(大笑)
ご要望の方は 現地にお問い合わせくださいね。




なんといっても メガサイズがたまらない。

ぽってりとおおきなおおきな 柿を ご堪能いただけます。



百目201112





甲州百目は釣鐘形をした大型の不完全渋柿で、
350g〜400gほど、大きいものになると500g以上のものも。
百目の名称は百匁(約375グラム)から付けられたと言われている。
渋抜きを施して生食するほか、主な産地の甲府盆地では、ほとんどが干し柿として出荷。
毎年11月から年末にかけて民家の軒先に多数の干し柿が吊るされ、
この季節ならではの風物詩となっている。


この糖度の高い柿の渋をアルコール処理で安全に抜き、
まるで マンゴーのようなこっくりとしたのある贅沢な食感を
お楽しみいただける、生食用のぜいたくな柿です。

まるでメガサイズなスィーツのよう。甲州の伝統のぜいたくをぜひご賞味ください。

ご要望の方は ぜひ お問い合わせください。
お問い合わせメール


中央道、笹子トンネルの事故で 輸送そのほかに
影響が出る可能性がございます。
今後の安全対策も含めて 確実な復旧を祈らずにはいられません。


i_ifruitcafe at 10:10|この記事のURLwhat’s UP | NEWS

July 10, 2012

薔薇のなまえ

ピエールドゥロンサール
 

梅雨はまだ続いていますがいかがおすごしでしょうか。

今日は、癒される画像を。..... 

I&Iの畑では桃が着々と収穫に入り、
順次、みなさまのお手元に届くのを待っていますね。

ここに桃の画像を載せてもよいのですが、まぁ桃は実物でのお楽しみ♪ 
写真は食べられませんからねー


さて この薔薇の花。 まるで桃のようにすき透った美しい ももいろ....。 

ピエールドゥロンサールという薔薇だそうです。
桃もバラ科の植物です。(こじつけ)
私は 薔薇はあまり詳しくないのです。観るばかり。


■ピエールドゥロンサール:16世紀の詩人で園芸好きだったロンサールにちなんで、 1985年フランスのメイアンが作出されたそう。



さてさて、この画像の薔薇、どなたが育てておいでかと申しますと、
I&Iの伊東さんの奥さまの 真由美さんなのです。

先日メールで やりとりをさせていただいたら 癒しのショットとして
この薔薇を送ってくださったのです。、、、、やられました〜♪
伺えば もう3年も育てておいでだと。すごーい.....

あこがれますね。


こういう お心配りにはほんとうに ハートをぎゅいんと掴まれちゃいますね。
奥さまは、事務連絡への切手も富士山の切手や 「南アルプス」の刻印のスペシャル。
かわいいメモもついていて。

今年のさくらんぼの状況についても メールで 真由美さんが書いてくださったおことばに
響きました。

  「さくらんぼは 今年はきびしい状況でした。
   今年は すこし 樹には 休んでもらいます。」

  

    ずしん 

自然を相手のお仕事、さまざまを越えておいでのお言葉だと感じました。


せっかくなので お願いついでに 日常のお写真もということで
I&Iの伊東家の二代目のビーグル犬「はなちゃん」の写真もいただいてしまいました。
薔薇のアレンジメントと共に☆
伊東家の次女として お嬢さま と いっしょに姉妹のように過ごしておいでだそうです。
かわいいなぁ〜
__ 2


おいしい桃を いただきながら しばし 癒しのお時間を☆


     真由美さん ありがとうございまーす♪



 

i_ifruitcafe at 15:03|この記事のURLwhat’s UP | farm

May 26, 2012

アカシア

IMG_0177
アカシアの花の天ぷら 
自然の恵みを、、、と ご近所の甘い香りのニセアカシアを天ぷらにしてみました。
ほんわり 甘くて優美ないただき方です。

もう、10日ほど前のお話なんですが。、、、


IMG_0172

(お花以外は 毒性もあるそうなので召し上がれません)

緑道を歩いていると どこからともなく 甘い香り.... 。そうそう、毎年季節になるとやって来てくれるもの、、、、それが自然の恵みですね。

寒い日もあったりで ことしは桜も 桃も開花がゆっくりでした。
心配する日もたくさん。、、、、でも、おいついてくれたでしょうか

今年も もうすぐ おいしい紅い実がみなさまにどとくことでしょう、、、 楽しみですね。



ご注文はこちらからも可能です。

「畑のとなり」産直shop


産地直送の農産物を心をこめてお届けします










i_ifruitcafe at 23:57|この記事のURLrecipi 

April 06, 2012

春の恵み

20120404001春の恵み hspace=


いかがおすごしでしょう。寒さのきびしかった冬を越えて。、、、、春の日差しとともに つぎの季節。もも畑では 摘雷の作業の真っただ中。そして、花が咲くと、受粉、と 連なっていきますね。先週、春の嵐の過ぎ去ったあとは、東京でも 桜が一気に満開に。嵐が行き過ぎたあとは空が クリーンに輝いていたと感じましたよ。

森の息吹、鳥のさえずりを心から いとおしんで、野の恵みをいただきましょう。

画像は、ふきのとう。菜花です。
ふきのとうは どのように召し上がりますか? ・・・・ 天ぷら、炒めてお味噌で和えて。
私は、案外 生のまま刻んで お味噌汁の最後に ふぁっとちらして 薫を楽しむのが好きです。
薬味のような使い方、案外楽しいですよ。パスタにトッピングもおいしいです。

苦いのがまた、いちだんとおいしいのですが もしも、ニガテでしたら、さっと湯がいて お水に少しさらすと
苦味はぬけますね。でも、わたしは子どもたちにも 苦いまま食べてもらってましたね。だって、年に一度の春の味。この深い旨味=苦味こそ 味わっていてほしいからです。

自然のものってありがたいですね。柔らかくて甘くて、、、、
土とお水のよいところの食べ物はミネラルたっぷり。
食べていて自然に力がわくのを感じるのです。

春をさがしにおでかけくださいね。

i_ifruitcafe at 22:28|この記事のURLfarm 

December 09, 2011

甲州百目 こうしゅうひゃくめはいかがでしょう

陽だまり sweets 甲州百目 こうしゅうひゃくめ

まあるい くちどけ。

なんといっても メガサイズがたまらない。

ぽってりとおおきなおおきな 柿を ご堪能いただけます。



百目201112





甲州百目は釣鐘形をした大型の不完全渋柿で、
350g〜400gほど、大きいものになると500g以上のものも。
百目の名称は百匁(約375グラム)から付けられたと言われている。
渋抜きを施して生食するほか、主な産地の甲府盆地では、ほとんどが干し柿として出荷。
毎年11月から年末にかけて民家の軒先に多数の干し柿が吊るされ、
この季節ならではの風物詩となっている。


この糖度の高い柿の渋をアルコール処理で安全に抜き、
まるで マンゴーのようなこっくりとしたのある贅沢な食感を
お楽しみいただける、生食用のぜいたくな柿です。

まるでメガサイズなスィーツのよう。甲州の伝統のぜいたくをぜひご賞味ください。

ご要望の方は ぜひ お問い合わせください。
お問い合わせメール


i_ifruitcafe at 16:45|この記事のURL

October 07, 2011

じゃがいもほくほく

t02200293_0240032011531079693


『自然界・生命界では、自分の一生は、子どもを生んで育て上げたときが、一生の終わりになっています』、、、ということばを目にしました。

ある農業者の方のことばです。

先週の火曜日には 私のところの近くの田んぼでも
刈とられた稲が はざかけで天日干しされていました。

金木犀が薫っています。

田んぼのそばの、カマキリや 殿様バッタ ショウリョウバッタの姿は、そろそろ・・・ 名残惜しく感じます。

・・・・・  自然界で ひとの手の及ばないことがたくさん起こり、
また、ひとの手によって起きてしまった取り返しのつかないこと。

その中で なにも なすすべはないのかと 考えることもあるでしょう。

私が小さいこどもを抱えて、環境への配慮ということに意識を向けるようになってから
しばらく経ちます。相当しばらくです。
まだ、こどもは一般的に自活していませんから 育てあげた時を迎えてはいません。
経済的自立がひとつの区切りであることは確かでしょう。でも。

次世代につなぐ配慮ができるひとになるのは 決して大人になってからのことではありません。
ちいさいうちから 周りの人に影響をうけながら 自分で生命をつないで縁をつないで
進んでいくのです。


ご縁のあった、じゃがいもを育てている方から たくさん作ってわける先を探している、と
お声がかかりました。
こどもたちも 育てた方からの直接のお芋に目を輝かせておりました。
食卓にあがってしまえば、誰が育てたものなのか、近所のスーパーで買ったものなのかは
本当はあまり区別はつきません。

でも、私の家族は 「どなたが育てたかを 知っている・・・!」

さあ、どなたとおわけしましょう... 畑の恵み わくわくします。



i_ifruitcafe at 12:37|この記事のURL

August 11, 2011

夏の午後の音いろ

110811_sumomo
たいせつにしたいこと ってなんですか。
こころのこもったこと ってなんでしょう。
うつろう季節の中で、同じ状態を保つことはできないのです。

気がついているのに 想像もできるのに
実際の過ごし方は ちょっと ちがっています。

「日暮らし」がないています。
今朝 近くの森の尾根道を
まわりを眺めることができるぐらい ゆるく、トレイルランにでかけました。

たくさんの生き物の痕跡がありました。
生きているものばかりではないのですが いとおしく感じます。

せみのあな、、、、抜け殻、強いものにやられてしまったところを
大勢の蟻たちに囲まれて運ばれている....カマキリ。


  ・・・・・・

午後になって とおくで聞こえていた雷とともに
どんどん辺りが暗くなって、あっという間に雨。


たんたんと日々の中で息づく私たち。
今週末の日曜日は 満月です。

いとおしい時を 心を 愛でましょう。



最後の李 ソルダムを とりだしてお皿にのせました。
李の作業を畑で手伝ったことのある息子に 「どうぞ」と言って差し出しました。
畑でかぶりつく うまさを知っている息子です。

茎に小さな葉が ついていて いとおしいので つい写真をとりました。

節電対策で 家の雨戸を閉めていて。昼間なのに こんな暗がりの中
うかびあがった、おいしそうなソルダムに 
ついつい 口の中に甘い感覚が よみがえってきます。



i_ifruitcafe at 18:17|この記事のURL

July 28, 2011

豊かさ

110728_0855~01


気がつくと ブルーベリーソースが
トッピングされていたのです。

自分のからだは まるで かたまりたての石膏像のように
まだ水和熱があってほんのり温かでした。

 ・・・・ とは   昨日観た、私の夢のなかのお話です。



私の庭でもブルーベリーの樹の2本目が色づき始めました。
1本目の樹はもう 半月以上も前に色づいて収穫しながら、いただいてしまいました。
デザ―トにするほどの量でもなく、あまりに数が少ないので
ヨーグルトやクラブソーダの飲み物、サラダに
ぽろんと トッピング。 

たったそれだけなのですがトッピングって不思議ですね。

そこに ひかりが集まるかのように そのものの奥行きが換わります。
「豊か」に なるように感じるのです。






この暑いなかでも、凛と和服をお召しになったご婦人をお見かけすると
なんとも涼しげで うつくしくあこがれてしまいます。

日本は着物や和風建築にしても 西洋の「立体」に対して、「平面」の文化との解釈がございますが
生活の中での「粋」を 昔から四季折々に慈しみ、身につけ、伝えつないできたと
感じることがございます。

たとえば、シンプルな お料理でも
「中高に盛る」・・・器への盛り付けの配慮で ぐっと引き立つものですね。
視点をどこに集めるか、 光の力を借り、 陰影をつける。

「和装」も たたんでしまえば 真ったいらになる「平面の美」です。

収納も場所をとらずに たんすに真ったいらになって入ってしまう。
これはすごいことですね。
ウォークインクローゼットな今の暮らしは 西洋のものですものね。


着つけの中で 身体という立体に添わせる、ほんの少しのたちあがり、
引き、抑え、など アクセサリーやスカーフを足していく文化ではなく、
マイナスも美を演出する「粋」の美学を 幼いころから身につけていた日本人。
手放す美しさ= 簡単なようでいて なかなかむずかしいものです。 

暑い夏こそ、日本の美に 涼を感じます。

視線をどこに置くかで 豊かさはかわりますね。
こころゆたかでありたいものです。




i_ifruitcafe at 09:54|この記事のURL

July 09, 2011

ももの神さま

06f4f735.jpg桃には神さまが
宿っていると 何度も感じたことがあります。

どなたも
『もも』がここに在るとどこからともなくおいでになります。けして、IT機器を経由されてみえる方ばかりとは思えないのです。

桃の力もあるのでしょうが

…『鼻が利く』
と、いうお方たちが大勢なのかもしれません。


『さて、そろそろだろう』と。



桃をお求めになるために 通いつめてくださるかたが ある時、急においでにならなくなりました。


翌シーズン、ご主人が
ふらりとお立ち寄りになり、奥さまのご療養の中でのご様子を お話くださいました。

黙ってうかがいながら、私は、ご生前に喜んでいただいていたご様子を想いました。その歳はじめの桃を 3玉、お包みして お渡しいたしました。


桃には さまざまなシーンが うつりすんでいて
桃は、何でも知っているようなのです。


i_ifruitcafe at 10:42|この記事のURLmoblog 

July 02, 2011

涼をよぶ

f740a317.jpgこの夏は みなさん工夫されていますね… 。

葦簀、簾、シェイド、ゴーヤなどのグリーンカーテン、風鈴、団扇、すえひろ、氷枕、、、。

でも でも 大事なことが あります。
外のことに効果を期待するのではなく ご自身のbodyの確認です。


基礎代謝をあげる 
低体温にならないようにする

体質にもよりますが
さまざまな環境下で、カラダを冷やすお食事をされていたりで、知らないうちに冷やしています。
食事でカラダの内側を整えて、適度な運動を心がけ、体温を低体温にしておかないことも、大切です。
自律神経系を鍛えてカラダの適応力をあげましょうね… 。

心拍に適度の刺激をもらって、血流を整える。仲間との対話も大事です。
医師も薬もないころ、人々は『智慧』を伝えあってカラダを整えてきました。

ダンスや音楽 = リズムを刻んで 太鼓などの楽器を たたいて病気を治療したり、、、、。

情報化社会の中で 正しいものを見極めるのが むずかしいこの頃、
最も大事なのは 自身との対話ではないかと 私は感じています。

農作業は たんたんとした自然との対話かな と感じたことがあります。
しかし、自然と向き合うことは 自分と向き合う、禅問答のような時間でもあるように思いました。
それは、現代人にはもっとも必要な時間のような気がいたします。

             そうだ、、、畑に行こう 

 


・・・・・ とか、気軽にいうと農家さんにとっても怒られます(笑)

が 行ってみないうちはなにもわからない、と いうことに 私は過去に気づきました。
なにが 思うようになって、何が 思うようではないのか。
都会での当たり前がもろくも 崩れ去ったり、逆に 畑のとなりに身を置くと、
都会よりも、ずっと豊かなことを教えられたり。

   ・・・・・・・・・・・・・

畑に限らず、ぜひ 感覚を研ぎ澄ますために 
自分にあった方法で  ご自身だけのしずかな時間を 見つけてみてはいかがでしょう♪


i_ifruitcafe at 21:37|この記事のURLmoblog 

June 01, 2011

桜桃 オウトウ=さくらんぼ

image4
ごぶさたしております 季節は「さくらんぼ」  

緑がいっそう鮮やかな頃、輝く宝石のようなルビーの、、、恵み。
日本文学にみる「さくらんぼ」は、なんといっても 太宰 治さん。

・・・・・ 蔓を糸でつないで、首にかけると、桜桃は珊瑚の首飾りのように見えるだろう。
 ・・・・・ こどもたちは桜桃など見た事も無いかも知れない。食べさせたら よろこぶだろう。________________
太宰 治『桜桃』より 


この世の中においしいものはたくさんあるけれども、樹からそのままの、本当にこころから「ああ、おいしい」と思えるものって 探してみると案外ないはずです。

日本人は弓型のこの島国に在ることで 本当に感性も、そして味覚も他国に比べてとても豊かだと思います。
風雅なたしなみを いつも どんな時でも忘れない、そんなつよさ、たおやかさが、私たち「ヤマトの国」の誇りだと感じている昨今です。


さて、そうしたことを 身体で感じて、感謝するには、、、、「いただくこと」がいっちばん♪

季節の恵みを ぜひ どうぞ、、、、、、。 
さくらんぼ狩りのご案内 と あわせまして、こちらからの販売もご利用ください。


 今年は 気温の低い日がございましたので
 いくぶん 収穫がゆっくりです。
お待たせしてしまうこともあるかもしれません。

さくらんぼさくらんぼ狩りの予約はこちらへどうぞ。(完全予約制)

全天候型ハウス内。40分食べ放題。雨でも赤ちゃんをお連れの方にも安心。
週末は特に人気ですのでお早めにご予約くださいね。


アイアンドアイでは、豊錦、高砂、佐藤錦をはじめとして、早生佐藤錦、香果錦、正光錦、ナポレオン、黄色い月山錦などを栽培しています。それぞれに特徴がありますが、いづれも土の力が引き出した「ほんものの味」。

毎年の天候の変動で 出荷時期、出荷量とも とてもデリケートですが
ぜひお問い合わせください。

6月よりさくらんぼ狩りをお楽しみいただけます。ご予約はこちらへどうぞ。(完全予約制)
土日がことさら人気ですので お急ぎくださ〜い〔電話/メールで受付〕055-282-9232 
   6初旬〜6/20ごろまで
  入園料: 2,000円 (大人/中学生以上)
         1,000円 (小学生以上)

      
全天候型ハウス内ですので、雨の日でも安心してお越しください。
地図はこちら





さくらんぼ
ツヤツヤのルビーのような自慢のさくらんぼです。

想像しただけで

本当に甘くってぷりっぷりで も〜う
ほっぺた落ちそうっ




ダンカンさんが狩るっ♪

こんなイメージで 快適だから
ばりぼり いけちゃうっ♪



さくらんぼのタルト


ほーら こんなスィーツにご指名されるぐらいのさくらんぼ
 King of Cherry なのです。

「さくらんぼ狩り」今すぐ予約は
こちらへどうぞ。









i_ifruitcafe at 04:30|この記事のURL

March 21, 2011

春の香

t02200293_0240032011117086149

干からびたかに見えた、家のプランターのすみに、あたらしい花芽があり、ちいさなお花をほころばせてくれました。・・・・・・ 思わず、ちいさく あっと声をあげてしまいました。気が配れていない私を、笑っているかのように、自然はあたらしい命を運んでくれていました。
たいへんごぶさたしております。 季節のうつろいのなかで たんたんとおなじように重ねているようで、一年一年、異なる様相で大切にすぎております。大きな自然の災害の中で、あらためてさまざまな関わりをみつめなおすこのごろ。あたりまえがあたりまえでなく、どんなにありがたいことかを感じます。ご縁のあるみなさまにおかれましては、静かに心安らぐ時がめぐってくることを祈るかぎりです。

i_ifruitcafe at 08:49|この記事のURL

July 24, 2010

夏本番

dd15ad31.jpg連日の暑さ… 驚くばかりです。
たっぷりの果汁にとろける食感の桃は今が最高。もう召し上がりましたか。i-iの桃。血圧を下げる効果のあるカリウムやコレステロール値を下げるナイアシンも含みます。もちろん抗酸化作用でアンチエイジング効果も。さて、果物と合わせて、こんなときこそ 夏のお野菜からパワーをいただいて 乗り切ります。カラダを冷やしてくれるお野菜とカラダを温めてくれる薬味になるショウガを合わせるのが私はお気に入り。
画像はなすとかぼちゃを油で焼いて めんつゆに浸しただけ。インゲンを彩りにトッピング。きゅうりはコップなどで叩いて割りました。味をしませる智恵ですね。アクセントにショウガのみじん切りをたくさん入れています。
さぁ、今日も食を大事にすっきり元気に過ごしましょう。


i_ifruitcafe at 10:25|この記事のURLmoblog 

June 23, 2010

あじさいのころ

t02200293_0240032010605622620季節が深く進んでいきます。昨日は夏至でした。地球の北半球に位置する日本では、1年で昼がもっとも長く、太陽が一番高く昇る日。
都会では肌で季節を感じることを大事にしたくて、ついつい自然探しをしてしまいます。自分の感性を研ぎ澄ます時間。食べ物のセンスを磨くことととても近い気がします。画像はヤマアジサイ:クレナイ です。
東京都日野市の高幡不動に咲いていました。
しっかりとした野の華やぎが どっしりとした日本女性の色香のようでした。






今季最終の真っ赤な宝石
さくらんぼをお届けします。
一週遅れて届いたさくらんぼは今週で3週目。なんとも早いお別れです。
ゆく季節をいとおしみながら、、、、次の恵みをまちましょう。


さて、こちらの紅のデザート。
t02200293_0240032010597100743”クープ レーヌ ド ボア”
 
いつもの多摩のケーキ屋さん 
グラン・クリュの今季の新作
洗練された紅がうつくしい食欲をそそる逸品です。

フランボワーズソースがそのまんまのワイルドでピュアな香り。
そして、そこに加わる絶妙な触感。
ひんやりぷるるんの宝石をいただいているような。

ぜひ、お店をのぞきにきてくださいね^^

i_ifruitcafe at 23:12|この記事のURL