図2
第151回金曜サロンスペシャルは、伊原道場稲城キックボクシングジムの栗芝貴会長を話し手に迎えました。
IMG_3504IMG_3432
現役の世界チャンピオン・重森陽太選手が登場する事もあって、会場には重森選手のファンも多く来場いただきました。

栗芝会長からのご挨拶のあと、重森選手のプロフィール紹介、タイトルマッチの模様をDVDで視聴し、実際に試合で使用するゴングを使って、縄跳びやスパーリングを実演していただきました。
また、希望者の方数名には、実際にスパーリングを体験していただきました。

IMG_3587IMG_3562
その後、稲城ジムコーチのソンラム・ソーウドムソンさん、日本フェザー級3位の瀬川琉選手、重森陽太選手からの挨拶の後、栗芝さんのお話しがありました。栗芝さんのお話の中で一貫しているのは「感謝」と言うキーワードでした。
キックボクシングを教えている子どもたちや選手たちにも、周りの人に感謝する心、キックボクシングに取り組む強い心を持ってもらいたいという思いを強くお持ちになっているそうです。
ご自身もキックボクシングを教えることは、世界チャンピオンを輩出する事だけではなく、地域の子供たちにキックボクシングを通して礼儀や感謝を含めた色々なことを教えたい、地域のために貢献したいという思いをお話の中で強く感じました。
IMG_3584IMG_3604
お話の後は、選手のグローブやTシャツ、DVDなどが当たるじゃんけん大会、写真撮影でスケジュールを終えました。
会場の皆さんも栗芝会長による心にくいまでの演出に、最後まで楽しい時間を過ごせました。