石北海景

活動の残滓をここに

先日受験した日商簿記検定試験2・3級の成績票が届きました。合否速報で結果だけは先に分かっていたのですが、点数は結構気になっていたところです。そういえば、受験票には「7月14日に発送」と書いてあったような。早いですね。

3級成績

大問 点数
問1 20/20
問2 8/10
問3 30/30
問4 10/10
問5 30/30
合計 98/100

概ね自己採点通りでした。ただ、問5は損益計算書の穴埋めで「減価償却累計額」を「備品減価償却累計額」と書いてしまった部分で減点されていませんでした。過去問集等の予想配点では採点対象外になっている空欄がいくつかあって「ホントかな?」と思っていたのですが、実際にそのような採点がされているようです。

もうちょっとで満点も狙えた、なかなか良いスコアでした。

2級成績

大問 点数
問1 20/20
問2 14/20
問3 14/20
問4 16/20
問5 20/20
合計 84/100

こっちは自己採点より若干高い点数でした。問3は完答こそ諦めたものの、わかる部分を確実に埋めていったのが奏功して、効率良く部分点をもぎ取れていました。

受験者平均点が60点を超えていたためかなり問題が簡単だったことが予想されます。受験当日は2級対策が付焼き刃もいいところで、通常の難易度なら多分コケていたことでしょうが、かなり運が良かったです。諦めて帰宅せず、記念でも良いからと受験しておいた当日の自分に拍手!

今は、というと

次回の1級受験に向けて、参考書を少しずつ消化し始めました。ネットの噂どおり、2級よりはかなり難しいですね…。計算が難しいのではなく、「この場合はこう」というパターンが多すぎて、3つ覚えて2個忘れるような状態で、道のりが長いことを痛感しております。

まあ、参考書からして2級の3倍くらいの分量があるわけですから、生半可な覚悟では手を出さない方が良いヤツでしょうね。試験まではまだ日がありますし、中だるみしないよう頑張っていきたいと思います。

2017年度受験予定・結果待ち

資格名 備考
日商簿記検定1級 2017.11月受験予定
情報処理安全確保支援士 2017.10月再受験予定

至近1年間の戦果

資格名 結果
日商簿記検定2級 2017.7月 合格
日商簿記検定3級 2017.7月 合格
情報処理安全確保支援士 2017.6月 不合格
一般計量士 2017.5月 合格
電気通信主任技術者(線路) 2017.1月 合格
情報セキュリティマネジメント試験 2016.10月 合格
技術士一次試験 2016.10月 合格
公害防止主任管理者試験 2016.10月 合格
電気通信主任技術者(伝送交換) 2016.8月 合格
応用情報技術者 2016.6月 合格

取得済み(2012~2017年度)

資格名 年度 備考
電気主任技術者 第一種 2015
第二種 2013 二種・三種併願
第三種 2013 二種・三種併願
エネルギー管理士 2012 電気分野で受験
甲種ガス主任技術者 2014
技術士 一次試験 2016
環境計量士 騒音・振動 2015
一般計量士 2016
公害防止管理者 大気一種 2012
水質一種 2013
騒音・振動 2014
ダイオキシン類 2015
主任管理者 2016
第一級陸上無線技術士 2014
日商簿記検定 2級 2017 春期(2・3級併願)
3級 2017 春期(2・3級併願)
電気通信主任技術者 伝送交換 2016 上期
線路 2016 下期
応用情報技術者 2016 春期
基本情報技術者 2014 春期
情報セキュリティマネジメント試験 2016 秋期
ボイラー技士 1級 2013
2級 2013
危険物取扱者 甲種 2012
乙種1類 2012
乙種2類 2012
乙種3類 2012
乙種4類 2012
乙種5類 2012
乙種6類 2012
消防設備士 甲種1類 2013
甲種2類 2013
甲種3類 2013
甲種4類 2013
甲種5類 2013
乙種6類 2013
乙種7類 2013
続きを読む

先日受験した日商簿記検定試験2・3級の結果が出ていましたので、確認してきました。

合否照会

3級は見込み通り合格、2級は採点が厳しくないといいなあ…というところでしたが、こちらも無事合格でした。

試験を振り返って

3級

参考書に載っているのと同じような問題が多く出題されており、ところどころ用語埋めで躓いたものの、危なげなくボーダー到達できました。

2級

試験当日は、参考書に載っているレベルの問題よりも更に簡単な問題が多かったような気がしていましたが、後々ネットで他の受験者のコメントを見てみても、やはり同じような感想を抱いた方が多かったようです。引っ掛け問題や悪意のある問題は特になく、むしろひねりが無さ過ぎてトラップの存在を疑ってしまう程でした。

当日の受験記にも書いたとおり、十分に勉強できていなかったせいでスラスラ解けた訳ではなかったにしろ、一夜漬けで持ち上げた知識とたまたま下がった難度がピタリと噛み合い、危ういながらもボーダーを踏み越えた格好です。午後を捨てて帰らなくて良かったです。

今後について

今回はたまたま2,3級同時合格できましたが、2級に関しては運に救われた部分が大きく、2級の標準合格ラインの実力には達していないと思います。この反省を踏まえもう少し地固めをしておきたいのと、秋期に向けた大型試験の勉強予定が他にないことから、1級にもチャレンジしてみるつもりです

実は既に1級の参考書を一通り揃えており、早速ぱらぱらとめくり始めたところで、2級より相当難しいなあというのが第一印象です。計算自体は簡単な四則演算ばかりなのですが、この場合はこの数値を考慮する、この場合はこの数値を無視する、といった場合分けが沢山あって覚え切れるか大変心配です。

簿記検定試験は年3回実施されるものの、1級は冬期に試験がなく、次回(秋期)に落としてしまうとその次のチャンスは更に8ヶ月後となってしまうため、ダラダラ長引かせないためには次でスパッと仕留める必要があります。壁の高さは自覚していますが、4~5ヶ月で「はじめての簿記」レベルから1級合格に至れば胸を張れると思いますし、頑張ってみたいと思います!

↑このページのトップヘ