i_monitoringのブログ

RADEX RD1008を使用した記録blogです。

放射線量計測について

放射線量の計測依頼について

知人や親類からの依頼で行なっていた簡易計測ですが、
 口コミで広がり「うちも調べて欲しい」「どこどこの辺りってどうなの?」など聞かれることが多いので
 限定的ではありますがHP上でも受付を行なうことにしました。

 

------------------------------------------------------------------

近距離:常総市(旧水海道市) 3,150円~

近隣(片道20km圏内):常総市(旧石下町)・つくば市・つくばみらい市・守谷市・坂東市など 5,250円~

片道20km以上:5,250円+実費(燃料費・交通費など)

------------------------------------------------------------------


計測はQUARTA-RAD社製の最上位機種を使用しますが、専門機関ではないので目安とお考えください。

  「自分で買って計るにも計測器は高いし、でも、身の回りの線量ってどうなんだろう?」っという方向けです。


私有地や学校の場合は責任者や所有者、校長先生・園長先生などの立会いの許可も依頼者様でお取りください。


公園や道路上、交差点付近などでの簡易計測でしたら、比較的速やかに計測から結果報告が行なえます。

※一部、例外除く。(利用者、交通の妨げになるような計測は行なえません。)



■ 線量測定依頼 ■

2011年07月現在、新規の御依頼は受け付けておりません。

リピーターの方からの依頼のみ受けております。


計測器の車内設置による簡易測定のみ可能な場合はあります。

こちらはお問い合わせから相談の上、計測の可否を回答させていただきます。

RADEX RD1008について

ロシア製 放射線測定器

RADEX RD1008


RADEX RD1008は、ロシアの計測器メーカーQUARTA-RAD社のRADEXシリーズ最上位機種です。
パンケーキ型のGM管を2個搭載し、ガンマ線・ベータ線の測定結果を画面上に同時表示します。
また、背面の丸いスライドシャッターを開け、ベータ線による表面汚染を調べることも可能です。


■ 特徴 ■
・ガンマ線(X線)、ベータ線が測定可能な小型線量計。
・ガンマ線線量率を2~21秒以内と迅速に測定。
・ガンマ線、ベータ線の測定値を同時に表示。
・±15%の精度でガンマ線線量率が測定可能。
・2ユーザーの蓄積量が測定が可能。

・簡易スクリーニング機能。
・警報機能付き。
・測定モードとサーチモードの2つのモード。
・バックグラウンド放射線の値を5つまで計測して記録。

■ 仕様 ■

・検出素子:  パンケーキ型 GM管 × 2  
・検出線種:ガンマ(X)線・ベータ線
・放射線等価線量率範囲:0.1-999.9μSv/ h±15%
・放射線等価量:0.001-999mSV ±15%
・ベータ粒子束密度:6-999 1 / (cm2 * min)±20%
・ガンマ線エネルギーレンジ:0.05-3.00MeV
・ベータ線エネルギーレンジ:0.5-3.5MeV
・ガンマ線しきい値設定範囲:0.05-1.20μSv/h(0.05μSv/h毎に設定可能)
・ベータ線しきい値設定範囲:5-120 1 / с㎡ min(5 1/(сm2・min)毎に設定可能)
・動作温度範囲:-20~50℃
・本体寸法:140 x64x26
・本体重量:175g
・生産国:ロシア(Quarta-Rad社)

放射線量計測について

ロシア製放射線量測定器
RADEX RD1008

RADEXシリーズの最上級モデルです。
この機種で計測した数値を残しています。

基本的に茨城県南西部がメインになります。
(つくば市、常総市、坂東市、つくばみらい市、守谷市、取手市)
機会があればその他の地域も計測してみます。

プロフィール

i_monitoring

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ