2024年04月14日

あいの会4月度定例会(2024.4.13)

私たちあいの会の4月度の月次定例会を、
4月13日(土)夜に行いました。

Zoomによるオンラインのみで開催しました。

コロナ禍で運営方法も色々変わりましたが、
直接会って顔を見て話す大切さは維持しつつ、
隔月で定例会はオンラインonly開催として、
できるだけ気軽に参加できる方法にしています。

この日は少人数の参加だったこともあり、
必要な共有や連絡事項は行いつつも、
ざっくばらんに思い思いの話を語り合いました。

オンラインでも、直接会う場合でも、
とにかく定期的に顔を見て声を聞く機会を作る。
その基本は維持していきたいと思っています。


i_nokai0708 at 01:00|PermalinkComments(0)定例会 

2024年04月13日

TOKYO MX「笑顔で生きよう~池袋事故 遺族の決意~」放映(2024.4.13)

TOKYO MXで4月13日(土)、
松永拓也取材の特集番組が放映されました。

★番組公式ページ
https://s.mxtv.jp/bangumi/program.html?date=20240413&ch=1&hm=1600

★番組公式動画
https://twitter.com/i/status/1778256668855267602

30分間の番組です。

TVerなどで観られるようになりましたら、
後日ここのページに追記して報告いたします。

i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)取材&報道 

2024年04月12日

京都での松永拓也講演の告知(2024.4.23開催)

松永拓也が京都で講演を行います。

事前申込不要で、どなたでも来聴可能です。
ここでもお知らせさせていただきます。

日 時:2024年4月23日(火)14:20~17:00
場 所:京都先端科学大学 京都太秦キャンパス北館 みらいホール
    (京都府京都市右京区山ノ内五反田町18)
題 目:交通事件遺族の現実
その他:事前申込不要、入場無料

2024あいの会0423松永京都講演チラシ

今回はかねてあいの会が親しく交流している
亀岡暴走事故のご遺族との縁で実現しました。

第2部のパネルディスカッションでは、
この事件のご遺族も登壇される予定です。

平日午後の開催とはなりますが、
ご都合のつく方がいらっしゃいましたら、
ぜひ足を運んで耳を傾けてほしいと思います。

i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)講演会 | 講演活動

2024年04月10日

松永拓也の心情等伝達制度のその後の経緯

松永拓也は心情等伝達制度を使い、
加害者に自らの心情を伝えていました。

♧前回ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/61365158.html

今月に入り、その結果が来ました。
松永自身もブログで報告し、
報道もされましたのでここで紹介します。

♧松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12847458944.html

♧東京新聞WEB記事
https://www.tokyo-np.co.jp/article/319737

♧東京新聞2024.4.7朝刊
2024あいの会0407東京新聞

♧日本テレビWEB記事
https://news.ntv.co.jp/category/society/d78feaa1cb5c49d8961402c440399e4c

ここにも回答とその前提の伝達内容を貼りますが、
くわしくは上の記事を読んでもらえたらと思います。

今回報告も結果ではなく、あくまで途中経過です。
その後の加害者との面会の調整もあります。
今後、失望させられる可能性もゼロではありません。
なので手放しで制度や状況を肯定はせず、
私たちも冷静に推移を見守っていきたいと思います。

2024あいの会0407心情等伝達制度_回答

2024あいの会0407心情等伝達制度_伝達内容



i_nokai0708 at 01:00|PermalinkComments(0)

2024年04月02日

松永拓也中傷についての朝日新聞記事(2024.4.1)

松永拓也への誹謗中傷に関する取材記事が
朝日新聞で掲載されましたので報告します。

2024あいの会0401朝日新聞
2024.4.1朝刊

とかく交通遺族は誤った偏見を受けがちです。

保険会社が入り、損害賠償がなされることが
そんな偏見を助長しているのかもしれません。

逮捕された殺害予告犯の言っていた
「高齢者からお金を取った」
などもその典型例です。

少し調べれば誰でもわかることを調べず、
自分の思い込みで他人を攻撃する愚かさ。

私たちが本来すべきことではありませんが、
言われなき誹謗中傷については毅然と対応し、
本来訴えるべき交通安全や命の尊さについて、
今後も変わらず発信していきたいと思います。


i_nokai0708 at 01:51|PermalinkComments(0)取材&報道 

2024年03月25日

松永拓也の心情等伝達制度の利用報告(2024.3.22)

松永拓也が心情等伝達制度を利用し、
加害者収監の刑務所に行ってきました。

3月22日(金)に行ってきました。

あくまで謝罪は法廷内で行うと主張し、
松永が謝罪は法廷外ですべきと伝えると、
「それなら謝罪しない」
と言って収監されていった加害者です。

そのような加害者が刑務所収監後、
自身の罪と向き合うことができているか。

心情等伝達制度は始まったばかりですが、
それを知る手がかりになると考えます。

松永自身もブログで報告しています。
制度そのものや使うと決めた理由、
伝達内容の詳細を書いていますので、
そちらを読んでもらえたらと思います。

♧松永拓也の報告ブログ記事
 https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12845537437.html

またそれについて報道もされていますので、
一部ですが、NHKの記事を掲載しておきます。

♧NHK記事ページ
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240322/k10014399671000.html

加害者がどんな反応をするか未知数ですが、
続報があれば追って報告していきます。

i_nokai0708 at 00:07|PermalinkComments(0)想い 

2024年03月21日

松永殺害予告犯逮捕について

3月19日、あいの会の松永拓也に対し、
殺害予告をしていた男が逮捕されました。

松永自身もブログで報告していますので、
ここでも紹介しておきます。

松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12844982884.html

決して大見出し記事ではありませんが、
翌日の各紙でも掲載されています。
(画像は一部)

2024あいの会0320読売新聞_脅迫犯逮捕
読売新聞 2024.3.20

2024あいの会0320朝日新聞_脅迫犯逮捕①

2024あいの会0320朝日新聞_脅迫犯逮捕②
朝日新聞 2024.3.20

「●●を殺す」
と表明すれば逮捕されます。

軽い気持ちかどうかは関係ありません。

そうした現在の警察の姿勢は、
社会秩序を維持するために必要なことで、
あいの会としても強く支持しています。

遺族として訴えるべきことを訴える。
私たちはそんな当たり前のことを行っています。

もちろん、色々な意見があって当然ですし、
私たちの活動に否定的感情を持つ人もいます。

しかし脅迫したり、殺害予告するなどして、
活動を封じようとする卑劣な行為には
断固反対する姿勢は今も今後も変わりません。

あいの会にとって、一緒に活動する会員は、
大切な仲間であり、時に家族でもあります。

その身の安全が脅かされたり、
いわれなき不法な目に遭うことがあれば、
必ず警察と連携し、毅然たる対応をしていきます。


i_nokai0708 at 02:30|PermalinkComments(0)取材&報道 | 想い

2024年03月20日

テレビ東京「ザ・ドキュメンタリー 途絶えぬ記憶」(2024.3.17)

小沢家は心情等伝達制度を使いました。

制度ができて、おそらく初の利用者です。
その過程をテレビ東京より取材されており、
今回放映されたので報告します。

既に3月17日に放映済の番組となりますが、
YouTubeないしTVerで視聴可能です。

♧「ザ・ドキュメンタリー 途絶えぬ記憶」公式ページ
 https://www.tv-tokyo.co.jp/thedocumentary240317/

♧テレ東BIZ YouTubeページ
 

♧TVer視聴ページ
 (※2024年4月19日まで視聴可能)
 https://tver.jp/episodes/epc5r36a2g

心情等伝達制度を知ってほしいがため、
小沢は今回の取材を受けていました。
そしてその過程は確かに紹介されています。

また同時に、この日の番組では、
小沢家の16年間の物語としても描かれています。

ただ心情等伝達制度は特別な制度ではなく、
小沢家の行動も例外的なものではありません。
加害者が収監された全被害者が利用できます。

そのことはここでも伝えておきたいと思います。

2024あいの会0318テレ東あす朝_001

2024あいの会0318テレ東あす朝_002

2024あいの会0318テレ東あす朝_003

2024あいの会0318テレ東あす朝_004

2024あいの会0318テレ東あす朝_005

2024あいの会0318テレ東あす朝_006

2024あいの会0318テレ東あす朝_007

2024あいの会0318テレ東あす朝_008


i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)取材&報道 

2024年03月18日

あいの会群馬ファミリーツアーの報告(2024.3.16)

あいの会で3月16日、群馬県館林市まで
有志で日帰りツアーをしてきました。
子どもを連れてこられる家庭は子連れで、
ファミリーツアーの実現となりました。

貸切バス(ハイエース)を借りて、
池袋で集合・出発するバス組と、
現地集合組に分かれはしましたが、
現地で下記旅程をみなで楽しみました。

カルピスみらいのミュージアム
(工場見学)
   ↓
向井千秋記念子ども科学館

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_002

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_007

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_018

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_049

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_060

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_077

2024あいの会0316群馬バスツアー①カルピスみらいのミュージアム_082

アップ用マスキング集合記念写真

現地ではメディアの取材も入りました。
近いうち何らかの形で放映されると思います。

今回メイン行き先がカルピスとなった経緯は、
販売元のアサヒ飲料が当会活動に賛同され、
講演依頼されたり寄付されたりがありました。

筆者の私見ですが、工場見学は不思議です。
一度行くと、その食品の理解が格段に深まり、
以前とは見る視点が全く違ったものになります。

私たちを理解しようとしたアサヒ飲料について、
私たちあいの会も理解を深めたいと思いました。

今回もカルピスについての色々もそうですし、
アサヒ飲料で出しているそれ以外のブランド、
例えばウィルキンソンやバヤリースもここと知り、
視野が広がり、勉強になることがたくさんでした。

試飲のカルピスもとてもおいしくいただきました。

あいの会ではこうした楽しむ時間も大切にします。

家族を奪われるというつらい経験を経て、
本来は縁のないほうが幸せだったはずの会です。
しかしこうして出会って行動を一緒にする以上、
楽しい思い出作りもしていきたいと思っています。

i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)交流 | 想い

2024年03月14日

「まごころ奨学金」についての中村正文取材記事掲載(2024.3.12)

「まごころ奨学金」

というものがあります。

ほとんどの人は知らないと思います。

その、まごころ奨学金について、
当会の中村正文が取材を受けていた内容が
読売新聞で記事になったので紹介します。

犯罪被害者の子ども支援へ
「まごころ奨学金」拡大
原資は被害金、10年間で7・6億円
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240312-OYT1T50071/

2024あいの会0312読売新聞_まごころ奨学金
読売新聞 2024.3.12 夕刊社会面

中村も奨学金を利用した一人です。

中村は、2010年に奥様を奪われ、
一人で男の子2人を育ててきました。
その苦労はあいの会会員みなが知っています。

詳細は読売新聞記事を読んでほしいのですが、
そうした中村が奨学金を知って利用し、
助けられた事実はとても大きいと考えます。

今の日本で「奨学金」と名の付くものは、
大半がただのローンに過ぎないもので、
本来のscholarshipの意からは乖離しています。
この制度について、日本は発展途上です。

そんな中、完全給付型のまごころ奨学金は、
本当に奨学金の名に値する数少ない一つです。

ただ記事でも問題提起されていますが、
もちろん課題もたくさんあります。

原資は詐欺被害金です。
その大元には詐欺被害者の痛みがあります。

また中村自身、
「インターネットで(中略)偶然見つけた」
と記事で語っていますが、
遺族が必死に探して、偶然見つけなければ、
出会えないものであっては困るわけです。

もっと広く知られるべきですし、
そのための努力がもっとなされるべきです。

この記事もできるだけ多くの人に読まれ、
まごころ奨学金を一人でも多くの遺族が知り、
広く活用されることを願ってやみません。


i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)取材&報道