2017年02月12日

国土交通省への要望書提出(2017.2.6)

2月6日(月)、国土交通省に要望書を提出してきました。

2017あいの会0206国交省001

・ドライブレコーダーの設置義務化について
・運行管理の強化について
・東京オリンピックに向けた安全対策について

2017あいの会0206国交省007

要望書PDF
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/20170206国土交通省提出要望書.pdf

参考データPDF
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/20170206国土交通省提出参考データ.pdf

他にもまだまだ訴えたいことはあったのですが、
論点はこの3つに絞ってまとめました。

国土交通省では、複数の部署にわたる5名の方に、
私たちのお話を聞いていただきました。

***

まず、ドライブレコーダーの設置義務化については、
事故が起こってからの原因分析よりも、
事故を未然に防ぐための防止策に力を入れていること、
ドライブレコーダー設置は現在バスに義務付けしているが、
今後はバス以外の業種にも横展開の方向で考えていること、
バス以外への業種に対しても既に強く警告はしていること、
などのお話を聞くことができました。

交通の訴訟で、加害者側が「強制力がないから出せない」
という対応をした事例を要望書の中で出しましたが、
国土交通省もこの話には強い関心を持っていただき、
開示の請求がされれば対応できること、
ドライブレコーダーは時間、速度、距離の記録なので、
真相究明に支障のある黒塗りはないはずとの話を聞けました。

***

次に、運行管理の強化については、国土交通省としては、
「中小・零細だから不十分でも仕方がない」
などの言い訳は認めないとの毅然とした姿勢を聞けました。

あいの会では、よく安全管理者講習に講演に行きます。

ただそんな中で中小・零細の事業者は、
「安全指導はできない」
「小さい会社なのでそこまではできない」
「監査だけ乗り切ればいいし、資料さえ揃えておけば大丈夫」
という声があるという話をこれまでも聞いていました。

そして安全管理者講習受講自体、
個人事業主は受講を免れている現実もあります。
所有車両5台以上が受講対象で、それ以下は対象外だからです。

もちろん、勝手に運送業を始めるのは違法ですし、
そんな中でもいわゆる白業者がいるのも事実です。

こうした中小・零細の事業への対策も多く話し合いました。

国では、事業者が新しく雇い入れた運転者への実技研修を、
今までは努力義務だったのを義務としたとのことです。
これにより雇い入れた運転者がベテランだろうが関係なく
1から一通り研修させるようにしているとのことです。

また問題を起こした事業者が、会社を解散させたり、
別会社を立ち上げ直したりして画策する処分逃れも、
いまは国のシステムで一元管理できるようになっていて、
全国どこでも、たとえ業種を変えても、
決して逃げられないようにしてくれているとのことでした。

***

最後に、東京オリンピックに向けた安全対策については、
人力車や自転車を使う場合などの話も出ましたが、
今回の東京オリンピック開催をビジネスチャンスとばかりに、
とんでもないことを考えてくる人は出てくると思われますし、
法律を知らずに危険なことをやりかねない人も出るはずです。

パッとみて、乗せているのがお客様か友達かわからない場合も
あると思いますが、私たちは取り締まりを強化してほしいと話し、
それは国土交通省でも目を光らせていくとの話がありました。

***

その他にも、自動運転の話や、依然として大型トラックが、
窓に視界を妨げるカーテンやぬいぐるみを置いたりして、
悲惨な巻き込みを起こしていることへの意見交換をしました。

遺族は声を上げても、直接現実を変える力はないけれども、
国土交通省の人たちには実際に現実を変える力があります。
だからこそ国土交通省の人たちには期待をしたいし、
これからも意見交換の機会を作っていきたいと思いました。

2017あいの会0206国交省006



i_nokai0708 at 10:32|PermalinkComments(0)陳情活動 

2017年01月30日

犯罪被害者支援セミナーでの講演活動(2017.1.27)

1月27日(金)、当会の中村正文が、
犯罪被害者支援セミナーで講演をしてきました。

埼玉犯罪被害者援助センター(彩の国サポートセンター)
主催のセミナーで、埼玉県蕨市での開催となりました。

wa

埼玉犯罪被害者援助センター
(愛称:彩の国サポートセンター)
http://www.svsc8080.jp/

保護司、民生委員、児童委員、市職員、市社協職員、
などが今回お話させていただく対象の方々でした。

中村は今回の講演で、自らに降りかかった悲劇を振り返り、
突然悪質な交通事件に巻き込まれ、最愛の妻を奪われ、
慣れない育児を抱え、どれだけの苦難と向き合ってきたか、
残された家族がどのような状況に陥ってしまったのか、
交通犯罪とはどのようなものか、それは決して、
事務的に処理されるべきではないことなどを話してきました。

そして、そうした交通事件をなくすために何ができるか、
単純に、安全を守ること、ルールを守ること、
それだけでどれだけの悲劇がなくすことができるか、
そして自分だけでなく、それを周りに伝えていくことの大切さ、
などについても、話をしてきました。

講演活動を続けることは、時間も気力も体力も使いますし、
辛い経験を振り返って話すので消耗も激しいのが事実です。

しかし遺族の心情を少しでも多くの人に伝え続けていくことで、
無法な運転者を減らし、悲劇をなくしていけると思いますので、
無理のない範囲でも、講演活動は続けていくつもりです。


i_nokai0708 at 00:31|PermalinkComments(0)講演活動 

2017年01月22日

あいの会新年定例会(2017.1.21)

2月4日(土)はあいの会の新年定例会でした。

今回は特に内々の少人数で行い、
会を立ち上げた最初の頃の話や、
個人のプライベートな話なども、
気兼ねなく話し合う場となりました。

2017あいの会0121新年会002

また官庁への陳情を考えている案件があり、
二次会では喫茶店に場所を移し、
ノンアルコールで要望書の検証も行いました。

2017あいの会0121新年会003

今年はあいの会設立から5年になります。

ですので、今年の9~10月あたりに、
設立5周年行事を行おうと考えています。

毎月の定例会もそれに向けた準備に、
ある程度の比率を傾けることになりそうです。



i_nokai0708 at 11:05|PermalinkComments(0)定例会