2016年07月

2016年07月10日

7月度グリーフサポートの報告(2016.7.9)

この週末の7月9日(土)は、山口県から、
グリーフサポートやまぐちの山根和子さんをお招きし、
グリーフサポートや遺族の歩みを話し合いました。

またいのちのミュージアムからも、
土屋由美子さんと中土美砂さんも駆けつけていただき、
半ば交流会的な催しとなりました。

2016あいの会0709グリーフ1

2016あいの会0709グリーフ2

2016あいの会0709グリーフ3

グリーフサポートのワークを前半に行いましたが、
(ケアとサポートは異なるという話もあり)
まず自分の人生を年表にして、
どこで喪失や落ちる経験をして今に至っているか、
あらためて振り返ってみるという作業を行いました。

次に喪失に関わって経験したこと、変化したこと、
言われて傷ついたことなどを付箋に書き出し、
ホワイトボードに「心」「行動」「身体」「社会(周り)」
に分けて貼り出し、こういうこともあるということを
話し合う時間を過ごしました。
ちなみに身体と社会(周り)が多い結果となりました。

2016あいの会0709グリーフ4

山根さんは「体験学」という表現を使っていました。
体験したことをただ伝えるのではなく、
体験して学んだことを伝えるのが大切との話です。

そして、支援のあり方、自治体との関わり方、
犯罪被害者支援の歩みなどを振り返って、
山根さんも(そしてあいの会の一部も)メンバーだった
2012年に解散してしまった全国交通事故遺族の会の
「20年の歩み」のDVDを30分ほど皆で観ました。

2016あいの会0709グリーフ5

その後はいつもの流れの懇親会で、
ざっくばらんに楽しく語り合うことができました。

こうして他の団体ともつながりを広げ、深めていくことを、
私たちはこれからも大切にしていきたいと思っています。

最後に・・・
7月7日は、中村正文、小沢恵司、小沢恵生の誕生日でした。
おめでとうございます。
そしてその翌日7月8日は、あいの会の4歳の誕生日でした。

i_nokai0708 at 08:37|PermalinkComments(0)定例会 | 交流