2020年06月

2020年06月25日

6月22日放送のNEWS23について

6月22日(月)に、TBSのJNNニュースとNEWS23で、
松永拓也さんの取材が放送され、ブログでも報告しました。

JNNニュースの内容はまったく問題ありませんでした。
松永さん宛に約1万通にも及ぶ手が届いたことが紹介され、
それだけ多くの人が松永さん一家を襲った事件を
憤り、悲しみ、気遣っていることに共感を呼ぶ内容でした。

しかし同夜に放送されたNEWS23の編集内容は、
松永さんの意図と乖離した、誤った内容になっていました。

81歳のお父様が運転をやめないと悩む娘様が、
松永さん宛にメールを送ってきたのが発端でした。
松永さんも、こうした家庭はきっとたくさんあると思い、
自身も現実を見て勉強したかったという考えもあり、
TBSも間に入り、今回の親子との対話実現となりました。

実際の親子との対話は終始和やかに進み、
松永さんも免許返納を説得する意図も言葉もなく、
今回限りの対話ということで応じていました。

しかし放送されたNEWS23では、
テロップから高齢者を分断する文言が出たり、
出演男性が悪者であるかのような切り取りもされ、
それに松永さんが怒りに身を震わせるような
(実際はそんなことはない)過剰な演出もされ、
「今後も対話を続けていく」と松永さんの意思とは、
まったく無関係な話まで作られてしまっていました。
(ですので、今後対話希望の連絡をいただいても、
 応じることができないこともお伝えいたします)

今回のNEWS23の放送内容については、
私たちも問題だと考えたので、前回ブログを落とし、
6月24日夜、TBS担当記者ともZoomで話し合い、
TBSサイトの該当ページは一旦落としてもらい、
訂正した内容で再アップすることで同意しました。

TBS側も誤った放送内容であったことは率直に認め、
反省もしているので、私たちも責めることはしません。

ただ松永さんの意図とは大きくかけ離れた映像が
一度でも広く流れてしまったことは事実ですので、
今日から約3回に分けて、松永さんは自分のブログで、
本当に伝えたかったことをアップしていく予定です。

松永拓也のブログ
https://ameblo.jp/ma-nariko/

あいの会ブログでもその内容を紹介していく予定です。

2020あいの会0622NEWS23_001


i_nokai0708 at 08:58|PermalinkComments(0)取材&報道 

2020年06月23日

TBSでの松永拓也さん取材報道(JNNニュース、NEWS23 2020.6.22)

6月22日(月)に、TBSのJNNニュースとNEWS23で、
松永拓也さんの取材映像が出たと報告していましたが、
NEWS23の編集内容について、いくつか意見もいただき、
会の中でも今一度議論が必要と判断しましたので、
一旦アップ記事を非公開にさせていただきます。
(2020年6月23日(火) 22:10)


i_nokai0708 at 00:42|PermalinkComments(0)取材&報道 

2020年06月22日

オンライン講座(佐々木成三さんによる刑事力コミュニケーション) 2020.6.20

あいの会で先週末の6月20日(土)、
講師の方を招いてオンライン講座を開催しました。

講師にお招きしたのは、刑事コメンテーターとして、
最近テレビ出演をされている佐々木成三さんでした。

佐々木さんは埼玉県警捜査一課での奉職の経験から、
テレビや著書を通じて、様々な提言をされていますが、
今回のあいの会オンライン講座で、
取り上げたテーマは「コミュニケーション」でした。

佐々木さんは、ご自身の刑事としての経験から、
話だけではすべては伝えられないと理解すること、
一度話したから伝わったとは思わないようにすること、
同じ景色を前にしても人によって見る景色は違うこと、
そうしたことを理解する必要があると話されました。

稚拙な動機で犯罪を犯す被疑者はそれができず、
全体を把握できず、断片知識で物事を判断するため、
犯罪を犯してしまうというお話もされていました。

一通りのご自身の経験を話された後は、
「優位に立つ20のコミュニケーション」と題して、
コミュニケーションの重要な要点を説明されました。

時間の関係で全部には触れられなかったのですが、
最初の第一印象でほぼ9割が決まってしまう話や、
心を開かせるためにまずは自分のことから話すこと。
雑談の大切さ、受け手にあわせ上げ下げすること。
感謝を見える化すること。感覚による直感ではなく、
過去の経験を踏まえた直観力を鍛える大切さ。
先入観を排除すること。目的と目標を混同しないこと。

ざっとですが、そんな話を諸々していただきました。

2020あいの会0620佐々木成三講座_001

2020あいの会0620佐々木成三講座_002

終了後は、受講されていたピアニストの方にお願いし、
即興で演奏をしてもらうなどのサプライズも行いました。

最近、あいの会には遺族からの相談が増えています。

大切な家族を奪われて間もないご遺族もいらっしゃり、
話を聞く以上は真剣に伺う必要があると考えます。

そんな私たちは「話の聞き方」を再度勉強したいと思い、
今回のこの機会を有効に活かしたいと考えています。

今回講座は、2回目以降も開催したいと思いますので、
また詳細が決まりましたら告知させていただきます。

佐々木さんは直近ですと、6月27日(土)放送の
「世界一受けたい授業」
(日本テレビ系の、19:56~20:54)
に出演されるそうですので、お知らせしておきます。



「刑事力」コミュニケーション
佐々木成三
小学館
2020-04-01





i_nokai0708 at 22:54|PermalinkComments(0)講演会 

2020年06月21日

【お知らせ】TBSでの松永拓也さん取材報道(2020.6.22)

取り急ぎの情報提供です。

TBSは池袋高齢者暴走事故遺族の松永拓也さんを
昨年からずっと継続的に取材してきていますが、
その長いタイムスパンの取材映像を明日放送します。

6月22日(月)TBS系列

JNNニュース 11:30~
NEW23 23:00~

番組内のどこかで・・・とのことで枠は不明ですが、
おそらくメインのその日のニュースの後に、
特集として組まれる可能性が高いと思われます。

ご覧になるタイミングの合う方がいらっしゃれば、
ぜひ視聴してもらえればと考えています。

2020あいの会01622TBSオープニング


i_nokai0708 at 23:30|PermalinkComments(0)取材&報道 

2020年06月11日

婦人公論.jpでの松永拓也さん取材記事公開(2020.6.10)

「婦人公論」6月9日号(5月26日発売)で、
池袋高齢者暴走事故ご遺族の松永拓也さんの
取材記事が掲載されたことを以前報告しました。

前回のブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/56801246.html

今回、そのウェブサイトである婦人公論.jpで、
記事全文が公開されましたので、報告します。

2020あいの会0610婦人公論.jp

婦人公論.jpの記事ページ
https://fujinkoron.jp/articles/-/2111

あらためて繰り返しになってしまいますが、
松永さんが命日をどんな思いで過ごしたか。
実名公開に至る思いや、あいの会との出会い。
家族3人で思い描いていた将来。
これから始まる公判や加害者への思いや、
悲劇を少しでも減らすために考えていること。
インタビューで松永さんはそうした話をしています。

多くの人に一読してほしい文章です。

i_nokai0708 at 08:53|PermalinkComments(0)

2020年06月04日

今回の改正道路交通法成立について

先々週金曜日の5月24日、衆議院内閣委員会で
道路交通法改正案の審議がなされていました。
私たちもその流れを注目していましたが予定通り、
今週6月2日に衆議院本会議で可決・成立しました。

議事録はPDFデータでも開示されていますので、
ここにデータを貼っておきます。

■5月24日衆議院内閣委員会 議事録
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/20200524_cabinet_committee.pdf

今回の改正道路交通法成立について、
あいの会でも感想を書きたいと思い、今回アップします。

その前提として、あいの会メンバーのうち数人は、
今回の出来事についてブログ発信をしていますので、
そのリンクも貼っておきたいと思います。

■小沢樹里のブログ記事
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12601522954.html

■中村正文のブログ記事
https://ameblo.jp/morinokotorito/entry-12601644337.html

■松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12601397022.html
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12601538130.html

また高齢運転者に家族を奪われたメンバー2人の取材も、
記事になっていますので、あわせて画像を貼っておきます。
(いずれも6月3日付朝刊)

■読売新聞の稲垣智恵美の掲載記事
2020あいの会0603道交法改正(日本経済新聞)

■西日本新聞の松永拓也の掲載記事
2020あいの会0603道交法改正(西日本新聞)

■河北新報の松永拓也の掲載記事
2020あいの会0603道交法改正(河北新報)

今回の改正には、当然評価する箇所はいくつかあります。

まずあおり運転が「妨害運転」として厳罰化されたこと。
そしてサポカー限定免許の導入。

同時に不安を感じる箇所も少なくありません。

まずは自動運転に関してです。

今回の改正で自動運転レベル3が解禁になりました。
レベル3では運行中に読書もOKになっています。
上の議事録でもそれを容認する発言も見られました。

自動運転車のサポート機能による事故抑止は、
確かに期待できるし、私たちもそれは否定はしません。

しかしだからと言って安全注意を放棄しても、万一の場合、
運転者の罪が問われないのであればやはりおかしな話です。

改正法は「自動運転車では携帯をいじってもいいんだ」
と理解する人が出てもおかしくない内容だと考えます。
ながらスマホ運転は厳罰化に向かったにも関わらず、
自動運転ではそれを推奨するようにも感じてしまいます。

こうした流れには強い懸念を訴えたいと考えています。

5月24日議事録の中でも、出席したある議員が、
「安全確保策は不十分」だとはっきり指摘しています。
そして私たちもその指摘はその通りだと考えています。

自動運転にもサポカーにも技術の限界はあります。
それはもっと広く理解されてしかるべきだと考えます。

またこれまで懸念を繰り返してきたように、
高齢者の免許更新は厳しくなりますが、これも結局、
「一定の違反歴」のある対象者に限られてしまいました。

上のメンバー2人も、過去に違反歴のない加害者に、
何の罪もない最愛の家族を奪われました。
違反もなく、慢心した運転者が最も危険だと考えますし、
違反歴での対象者限定は再考してほしいと思います。

いずれにしましても、今回の内容で、
道路交通法は一旦改正されることになります。
一歩前進は賛同しますが、不安要素はいくつもあります。
ですので今後も注視していきたいと考えています。

i_nokai0708 at 02:23|PermalinkComments(0)情報提供