2021年03月

2021年03月31日

産業保健新聞での被害者休暇制度の記事(2021.3.23付)

先月2月1日、あいの会は厚生労働省に対して、
被害者休暇義務化の陳情をしていましたが、
産業紙「産業保健新聞」3月23日付紙面でも、
制度を取り上げていましたので紹介します。

■「産業保健新聞」3月23日付記事
 犯罪被害者のための休暇制度
 「被害者休暇制度」をご存知ですか?
https://news.doctor-trust.co.jp/?p=48394

2021あいの会0331産業保健新聞

記事は私たちの陳情経緯を枕に、
制度の内容をわかりやすくかみ砕いて紹介しています。

国も推奨だけにとどまり、強制力のない制度のため、
ほとんどの企業に顧みられていない状況ですが、
こうした報道の積み重ねでその必要性の理解がひろがり、
強制力ある制度化へのはずみになることを願っています。




i_nokai0708 at 20:48|PermalinkComments(0)取材&報道 

2021年03月30日

第1回天羽プロジェクトのまとめ資料

第1回天羽プロジェクトのまとめ資料ができました。
対談に参加した水谷早希さんが作成してくれました。

被害者支援のための学生向け対談イベントとして、
3月14日に第1回目を開催し、今後継続の計画ですが、
記録して折に触れて振り返り、さらに前に進めるため、
都度まとめた資料も同時に開示していく予定です。

■まとめ資料
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/20210323amaneproject.pdf

2021あいの会0326天羽プロジェクトまとめ

※参考までに第1回開催の報告ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/57812742.html


i_nokai0708 at 23:55|PermalinkComments(0)天羽プロジェクト | 交流

2021年03月23日

あいの会3月度定例会(2021.3.20)

今回もやはりオンラインになってしまいましたが、
先週末3月20日(土)に定例会を行いました。

2021あいの会0320定例会


少し前に行った第1回天羽プロジェクトの報告や、
近日開催予定の総会のことなどの事務連絡後は、
お互いの近況や思いなどを自由に話す場としました。

発言された方の許可を得て、少し具体的に書くと、
「グリーフ・ハラスメント」被害の話があり、
それについて、参加者から議論がたくさん出ました。

グリーフ・ハラスメントという言葉は、
もしかしたらまだ一般的ではないかもしれません。

遺族の周囲の人たちが、本人を慰めている体で、
無神経な振る舞いや言葉遣いで傷つけることがあります。

気持ちの伝え方が不器用なだけの時もあるでしょうが、
上から目線の構い立てによって、自意識を満たしたり、
自分に酔っているだけとしか思えない場合もあります。

遺族としてはグリーフ・ハラスメントと言うしかない経験です。

そんな二次被害をどうなくすか、議論は尽きませんでしたが、
「教育が大切」「文部科学省にも働きかけたい」
大筋ではそうした意見にまとまりました。
あらためて、あいの会の中でも意見を出し合い、
具体的にまとまったら、提案をしていきたいと考えています。
ここでも開示できる話があれば、開示していくつもりです。

もちろん周囲の人が慰めることは否定しません。
心からの共感や寄り添いが傷つけることはないと思っています。

別に気の利いたことを無理に言う必要はないのです。
かける言葉がなければ、黙って寄り添うだけでも十分です。
自分をよく見せようとか上手に立ち回ろうという計算ではなく、
ただ目の前の相手のことを純粋に思った行動や言葉であれば、
それはきっとまっすぐに伝わるはずだと考えています。


i_nokai0708 at 22:51|PermalinkComments(0)定例会 

2021年03月19日

内閣府オンライン公聴会の議事録

内閣府での第11次交通安全基本計画策定のため、
昨年12月10日にオンライン公聴会が開催され、
私たちあいの会も参加してきましたが、
その議事録が公開されましたので共有します。

■内閣府公開ページ
https://www8.cao.go.jp/koutu/kihon/keikaku11/public/gijiroku.html

■参加報告の際の前回ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/57478604.html

公述人参加した当会代表の小沢樹里の陳述箇所は、
大部な内容ですが、最後なので後ろに出てきます。

2021あいの会0319内閣府公聴会議事録

他の公述人の方々の意見も含め、
ぜひ多くの人に目を通してほしいと考えています。
素晴らしい意見もいくつも出ていました。

既に公聴会から3ヶ月が経っていますが、
意見陳述の披瀝はあくまでスタートに過ぎません。
それが具体化して、政策・法案として実を結び、
交通安全に効果を及ぼさなければ意味がありません。

その場で出た意見のうち一つでも多くが、1日も早く、
政策・法案として具体化していくことを願います。


i_nokai0708 at 18:47|PermalinkComments(0)陳情活動 | 情報提供

2021年03月15日

学生向け対談イベント「第1回天羽プロジェクト」の報告(2021.3.14)

3月14日(日)、学生向け対談イベントである
「天羽プロジェクト」第1回目を開催しました。

2021あいの会0315第1回天羽プロジェクト

当会の小沢と松永がそれぞれのブログで、
細かい内容や、感じた思いを書いていますので、
ぜひそちらをお読みください。

■小沢樹里のブログ記事
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12662402110.html

■松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12662486637.html

当初は2時間の予定でしたが、議論が尽きず、
質疑応答も含めれば4時間に及びました。
埼玉県議会で犯罪被害者支援条例に尽力された議員が、
急遽参加されたり、取材も入ったりなどもありました。

全体的に活発で有意義な試みだったと考えています。

今後は年4回ペースで実施していく予定です。
また次回の日程が決まりましたら告知します。


i_nokai0708 at 18:12|PermalinkComments(0)交流 | 天羽プロジェクト

2021年03月12日

学生向け対談イベント「天羽プロジェクト」の告知

前の告知となりますが、
明後日3月14日(日)に学生対談イベントを行います。

【日時】
  3月14日(日)14:00〜16:00
【場所】
  Zoom開催
【対象】
  学生または18歳〜25歳の方
【申込フォーム】
  https://forms.gle/Fj8Mtv5wVzbUmm1z6
【人数】
  先着50名
【参加費】
  (当然ですが)無料

昨年も学生対談イベントを行いましたが、
あらためてその継続・発展としてプロジェクト化しました。

※昨年イベントの報告ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/57010484.html

2021あいの会0314学生対談イベント

内容は上記パンフレットをご参照ください。
当会の小沢と松永もそれぞれのブログで告知しています。

小沢樹里ブログ
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12661794015.html

松永拓也ブログ
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12661785991.html

本イベントは「天羽プロジェクト」と名付けました。

「天に届く思いを羽に乗せたい」という願いを込めました。

できるだけ幅広い人に共感をつなげたいと考え、
いくつかの被害者支援プロジェクトを議論してきましたが、
その一つとして、これから世の中で活躍していく若い人、
学生を対象とした対談プロジェクトを走らせてみます。

関心のある方はお気軽にご参加ください。


2021年03月05日

池袋高齢者暴走死亡事故の第6回公判(2021.3.3)

池袋高齢者暴走死亡事故の第6回公判が、
今週水曜日の3月3日午後1時から行われました。

この日はトヨタの技術専門家が証言台に立ち、
検察と被告人両方の質問に答えました。

被害者参加した遺族の松永さんと、
当会代表の小沢がブログで報告していますので、
詳細についてはそちらをお読みください。

松永拓也のブログ
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12659945277.html

小沢樹里のブログ
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12660215236.html
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12660218598.html

今回公判でのやり取りであらためて感じることは、
自動車メーカーのトヨタも、今回の事件を注視し、
誠実かつ厳正に検証していたのだということです。
日本の車社会を支え、その責任を果たしていくという、
一企業を超えた公器としての矜持が伝わってきました。

被告人弁護士は、小沢のブログの言葉を借りれば、
「妖精を探しているような」質問を繰り返しましたが、
その堅実な現実論を前になすすべもありませんでした。

前回までで事実認証は既にほぼ固まっていましたが、
今回の証人尋問でそのダメ押しがされた格好です。

公判の後は記者会見で思いを伝えました。

2021あいの会0303第6回公判

テレビ東京などがYoutubeでその動画を上げているので、
ここでもリンクを貼っておきます。

■テレビ東京Youtube動画


松永さんも小沢もブログで触れていますが、
第6回公判当日は桃の節句、ひな祭りでした。
こんな事件がなければ、松永家でもひな人形を飾り、
真菜さんと莉子ちゃんの3人で祝っていたと思います。

そんなささやかな幸せを破壊するのが交通犯罪です。

i_nokai0708 at 21:08|PermalinkComments(0)情報提供 | 取材&報道

2021年03月01日

あいの会2月度定例会&勉強会(2021.2.27)

年7月に学生向け対談イベントを行いましたが、
(詳細は下記ブログ参照)
その時に参加された東京外国語大学の水谷早希さんが、
卒論で交通事故罪報道のあり方を取り扱う経緯があり、
今回その卒論の報告を行ってもらうことになりました。

学生向け対談イベントの去年ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/57010484.html

水谷さんは言語学のゼミ所属で、卒論題名は下記になります。

交通事故は本当に「事故」なのか
ー交通事故・交通犯罪報道のマルチモーダル批判的談話研究ー

2021あいの会0228定例会_001

誤読もあるかもしれませんが、あえて概要を書けば、
談話分析という言語学の手法を使ったメディア論です。
サンプリングした報道数社が、交通事故・交通犯罪について、
Twitter上でどのような言及をしているかを分析した内容です。

日本国内ではほとんど先行研究がないテーマだそうですが、
その言葉の取り上げ方には、偏向性とパターン化が目立ち、
その結果、そうした報道機関の言説に接した人に対して、
「そうはいっても自分は大丈夫だろう」
という「楽観主義バイアス」を助長する恐れがあるとの結論です。

2021あいの会0228定例会_002

2021あいの会0228定例会_003

また言葉とずれた映像をかぶせて流すケースも多いため、
それが共感性を薄れさせているという指摘もありました。

水谷さんは今春大学卒業後は企業に就職されるそうですが、
この卒論の成果をここで終わらせるのはもったいないので、
報道各社を招いた意見交換の場を作りたいという話になりました。
これはまた具体化したら、追い追い報告したいと思います。

2021あいの会0228定例会_004

水谷さんの報告のあとは、参加メンバーの近況や思いなども、
順番に話す自助活動の場を設けました。

なおこのブログを書いている翌々日になりますが、
池袋高齢者暴走死亡事故第6回公判が3月3日にあります。
13時開廷です。
今回は自動車メーカのトヨタが証言台に立つ予定です。
直前になりましたので、再度告知します。


i_nokai0708 at 23:50|PermalinkComments(0)講演会 | 定例会