厚生労働省への要望書提出(2021.2.1)厚労省訪問・池袋高齢者暴走死亡事故公判の報道まとめ

2021年02月01日

池袋高齢者暴走死亡事故の第5回公判(2021.2.1)

池袋高齢者暴走死亡事故の第5回公判が、
今日2月1日(月)午後1時から行われました。

前回に引き続き機器に関する検証が行われ、
今回はかなり専門的なやり取りとなりました。

証拠や検証でどんどん明らかになりましたが、
仮に万一、電子制御に問題があったとしても、
人がブレーキを踏むことで車は止められます。
加害者が乗っていたトヨタ・プリウスにしても、
電子制御が故障しても油圧ブレーキは効きます。
そのブレーキを踏んで加速などありえないのです。

しかし加害者は電子制御の問題ばかり主張します。
そしてそれが加害者の主張のほぼすべてです。

「これが加害者のすべての主張ならやるせない」

松永拓也さんも公判後の記者会見で言いましたが、
公判を知る多くの人は同じ思いだろうと感じます。

2021あいの会0201第5回公判

一緒に会見に臨んだお義父様も、
亡くなった真菜さんが争い事の嫌いだったことに触れ、

「悔しさとか悲しみとか色々なものがこみ上げる。
 加害者には自分の罪を認めて償ってほしいだけ。
 責めたいわけではない。早く反省してほしい」

と話されていました。

一緒に会見の場に臨んだ当会代表の小沢樹里も、

「被害者と加害者の主張は食い違うものだけど、
 加害者には罪と向きあって「謝る力」が必要だ。
 これだけたくさんの証拠が揃っていても、
 罪と向きあわない加害者にもそれを求めたい」

と話しましたが、そんな加害者の罪を問う公判は、
これからも当面続いていきます。

この日も被害者参加を行った松永さんは、
午前中の厚生労働省訪問から始まり、
公判、夕方の記者会見まで一日走り続けました。
せめて今夜はゆっくり休んでほしいと思います。

次回公判期日は3月3日(水)13時からです。
次回は自動車メーカーのトヨタが証言する予定です。


i_nokai0708 at 19:24│Comments(0)想い | 取材&報道

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
厚生労働省への要望書提出(2021.2.1)厚労省訪問・池袋高齢者暴走死亡事故公判の報道まとめ