厚労省訪問・池袋高齢者暴走死亡事故公判の報道まとめ

2021年02月05日

裁判傍聴に関してのお願い

池袋高齢者暴走死傷事故の裁判に関して、
一部話題になっているアクシデントについて、
あいの会としても意見を提示いたします。

被害者参加をしている遺族本人の松永さん、
そして支援者として傍聴している小沢樹里も、
それぞれ既に自分のブログで書いていますが、
先日の第5回公判終了直後、傍聴人の一人が、
加害者をなじるという出来事がありました。

松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12654590954.html

小沢樹里のブログ記事
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12654609017.html

それをある週刊誌が、
「関係者と思われる女性」
と憶測だけで誤った記事まで出しています。

なおなじった人物は全く無関係な人です。

おそらくその女性は加害者が憎いだけで、
松永さんを困らせる意図はなかったかもしれません。
しかしこんな憶測だけの誤報が流れるなどもあり、
松永さんやその親族を困らせる結果になりました。

松永さんも小沢もブログで書いていますが、
私たちが望むのは法律に則った裁判での裁きです。
法廷外での制裁やリンチなど微塵も望んでいません。

どうか傍聴される機会を得られた方は、
(高倍率が続き、傍聴できる保証はありませんが)
裁判所のルールに従っての傍聴をお願いします。

こうしたアクシデントが今後も起きてしまうと、
裁判進行や日常にも実害を被ってしまいます。

まず今回の週刊誌誤報に象徴されるように、
松永さんやその親族が無関係なイメージをまとい、
いわれなき中傷を受ける恐れもあります。

また裁判中にこうしたことが起きてしまうと、
裁判が中止・延期になるなどの事態も起こりえます。
加害者が高齢であるという要素を鑑みると、
裁判のこれ以上の長期化は加害者の利益になります。

そうした事情も考え、ご配慮をお願いする次第です。

 2021あいの会0205傍聴お願い


i_nokai0708 at 17:38│Comments(0)想い 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
厚労省訪問・池袋高齢者暴走死亡事故公判の報道まとめ