誹謗中傷の被疑者が書類送検されました木村響子さんとの対談の採録記事(2022.5.1)

2022年04月30日

誹謗中傷被疑者の書類送検に関する記事

松永拓也とそのご家族を侮辱した被疑者が、
書類送検されたことを前回伝えました。

■前回ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/i_nokai0708/archives/59260929.html

各紙でも報道がありましたので、
念のため、ここでも一部を紹介しておきます。

■東京新聞2022.4.28
2022あいの会0428東京新聞

■読売新聞2022.4.28
2022あいの会0428読売新聞

■朝日新聞2022.4.28
2022あいの会0428朝日新聞

書類送検はあくまでゴールではなくスタートです。

「~が書類送検された」という報道があった場合、
ほとんどの場合、その後の結果の報道がなく、
起訴猶予を含む不起訴という現実も知っています。

そこには、なんとなく社会全体に漂っている
「警察沙汰になったのだし、もういいじゃない」
という微温的な空気もあるように感じます。

しかし侮辱罪は、深く傷つく被害者がいる以上、
決して微罪扱いで終わらせていい罪ではありません。

今回の被疑者についても、仮に起訴猶予になれば、
「侮辱罪は微罪だった。結局罪に問われないんだな。
 今後もムカつくやつがいれば安心して侮辱できる」
と思わせる誤ったメッセージを発することになります。

松永本人はあくまで理性的に抑制して書いていますが、
「起訴猶予なんて誤ったメッセージはやめてほしい」
「きちんと罪として残る処分をしてほしい」
という意見ははっきり伝えたいと思っています。

i_nokai0708 at 10:40│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
誹謗中傷の被疑者が書類送検されました木村響子さんとの対談の採録記事(2022.5.1)