飯能市「地域の安全シンポジウム」での講演活動(2022.7.24)鈴木俊一金融担当大臣意見書提出の新聞記事

2022年07月27日

鈴木俊一金融担当大臣への意見書提出(2022.7.26)

今年のあいの会の二大テーマは、
遺族への誹謗中傷と損保会社二次被害。
この二つの害悪をなくすことです。

その一つの損保会社二次被害で、
根絶に向けた大きな進展がありました。

金融庁には陳情を行っていましたが、
金融庁の方々も私たちの意見に賛同し、
大臣面会に向け調整いただいていました。

その結果、今週火曜日の7月26日に、
鈴木俊一金融担当大臣との面会が実現し、
意見書を提出することができました。

2022あいの会0726鈴木俊一金融担当大臣面会_001

2022あいの会0726鈴木俊一金融担当大臣面会_002

私たちが損保会社に求めていることは、
ごく当たり前のことばかりです。

損保会社と遺族が法廷で対峙しても、
議論すべき点を堂々と主張すればよく、
無駄に遺族や故人を侮辱する必要はない。

そんな当たり前のことがずっと無視され、
法廷でも咎められずに放置されてきた。
その悪習に終止符を打ちたいのです。

そのために金融庁に対して指導徹底、
ガイドライン作成等を求めました。

この日面会した鈴木大臣からも、
損保各社にガイドライン作成指示済と聞き、
とても勇気づけられることとなりました。

また日本損害保険協会も私たちに賛同し、
動いてくれています。
同日、協会にも意見書を提出しましたが、
あわせて感謝の意を伝えたいと思います。

この日の面会のことは、自身のブログで、
小沢樹里と松永拓也が振り返っています。

◆小沢樹里のブログ記事
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12755453656.html
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12755629658.html

◆松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12755508208.html

これはあくまで一歩です。

きっと今も、全国各地の裁判所では、
損保会社が遺族を侮辱し続けています。

そんな悪習が完全に過去のものとなるまで、
私たちも動き続け、結果を見届けていきます。

2022あいの会0726鈴木俊一金融担当大臣面会_005


i_nokai0708 at 23:30│Comments(0)陳情活動 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
飯能市「地域の安全シンポジウム」での講演活動(2022.7.24)鈴木俊一金融担当大臣意見書提出の新聞記事