鈴木俊一金融担当大臣意見書提出の新聞記事あいの会10周年記念集会の事前参加者レポート

2022年08月21日

あいの会での子ども同士の交流

先月行った10周年記念集会では、
子どもたち同士の交流もありました。

2022あいの会0709ブログ用4

IMG_1141

交通犯罪遺族の家庭の子ども同士だからこそ
伝わり合っているものがあるように感じました。

交通犯罪に遭うと、残された遺族だけなく、
さらにその子どもも負担を強いられます。

さらにそうした子どもたちへの支援は、
今のこの国ではほとんどありません。

こうしたことも今後働きかけたいと思いますが、
せめて遺族団体として、そんな交流の場を作り、
年上の子が年下の子を見て、必要な時に支えたり、
アドバイスができる環境を作りたいと思います。

あいの会を設立したメンバーの各家庭でも、
当時小さかった子が、大学や中学高校に通ったり、
当時子どもを持つなど想像もできなかった家で、
今は子どもが小学校に通ったりしています。

そんな時の流れの中での変化を通じて、
あいの会の成長も垣間見たようにも感じました。


i_nokai0708 at 23:30│Comments(0)交流 | 想い

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鈴木俊一金融担当大臣意見書提出の新聞記事あいの会10周年記念集会の事前参加者レポート