2022年 年末の挨拶警視庁・東京都犯罪被害者支援連絡会での講演活動(2023.1.19)

2023年01月16日

侮辱罪公判の判決言渡し(2023.1.13)

松永拓也を侮辱した油利潤一被告に対する
侮辱罪と偽計業務妨害罪での刑事裁判の判決が、
1月13日(金)午後に言い渡されました。

松永が被害者になった侮辱罪については、
求刑通りの勾留29日という判決となりました。
留置期間で消化済みとされてしまっていても、
昨年の厳罰化前の侮辱罪の量刑としては、
最大限の刑の適用がされたことになります。

詳細は被害者本人の松永と当会代表の小沢が、
各々ブログで書いているのでご覧ください。

***

■松永拓也のブログ記事
https://ameblo.jp/ma-nariko/entry-12784148297.html

■小沢樹里のブログ記事
https://ameblo.jp/kozaru5/entry-12784247050.html

***

また判決言い渡し後、記者会見も行いました。
日本テレビがノーカット動画を出していますので、
あわせてここでもリンクを貼っておきます。



***

翌朝の各紙報道も転載しておきます。

■読売新聞
2023あいの会0114侮辱判決記事(読売新聞)

■毎日新聞
2023あいの会0114侮辱判決記事(毎日新聞)

■日本経済新聞
2023あいの会0114侮辱判決記事(日本経済新聞)

■東京新聞
2023あいの会0114侮辱判決記事(東京新聞)

■朝日新聞
2023あいの会0114侮辱判決記事(朝日新聞)

***

加害者は、法廷での言動や態度もそうですが、
小沢がブログで書いている通り、
明らかに自らの強い自己主張の手段と考えられる
非常識なパンキッシュな髪型で登場したりなど、
反省はしておらず、おそらく再犯すると思います。

ただおそらくそれも見越して裁判所は、
最初から相場で実刑は難しかった偽計業務妨害罪で、
5年という長い執行猶予期間を設定したのでしょうし、
例えわずかな希望であっても加害者が再犯などせず、
我が身を振り返る5年間にしてほしいと願います。

また今回で、ネットで人を傷つけることが犯罪で、
「そんなつもりはなかった」
という言い訳が通用するものではないという認識が
世の中によりしっかり浸透することを願っています。

i_nokai0708 at 22:49│Comments(0)想い | 取材&報道

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2022年 年末の挨拶警視庁・東京都犯罪被害者支援連絡会での講演活動(2023.1.19)