山梨県弁護士会での講演活動(2024.6.21)誹謗中傷被疑者送検に関する全国紙記事(2024.7.5朝刊)

2024年07月05日

【報告】誹謗中傷被疑者2名の検察への送致について

悲しい報告があります。

本来遺族の力になるべき職業の者、
そして同じ遺族から誹謗中傷を受けていました。
筆者もXのスペース音声を聴きましたが、
聴くに堪えない実にひどい内容でした。

今回その被疑者2名が書類送検され、
報道もされましたので、ここでも報告します。

なお私共あいの会ホームページにおいても、
今回誹謗中傷被害者である小沢樹里、松永拓也、
そしてNPO法人ルミナの中江美則さんの連名で、
報告を上げています。

その報告は以下の通りです。
各報道は記事をあらためて追って紹介します。

◆報告ページ
 https://i-nokai0708.com/info240704/

2024あいの会誹謗中傷報告

***

本日2024年7月4日、検察に誹謗中傷の被疑者2名(福岡県・埼玉県)が送致されたことをご報告いたします。

2023年11月某日、X(旧Twitter)のスペースにおいて、中江美則(京都亀岡事故遺族)、小沢樹里(埼玉飲酒9人危険運転致死傷遺族)、松永拓也(池袋親子死傷事故遺族)3名に対して、尊厳を著しく貶める発言や人格的中傷、現実には全く存在しない性的中傷をされ言葉では言い表せないほどの虚偽をあたかも事実のように公共の場で発言されました。

2023年11月より当会にて検討し、適切な法的対応を願い、警察に相談のうえ被害届を提出しました。警察の捜査により、中江・小沢に対しては名誉毀損、松永に対しては侮辱罪で本日送致(送検)されました。

昨年末より、多くの方々からあいの会に対してお問い合わせをいただきました。皆様の声や的確なご指示をいただき、本日に至ることをご報告するとともに、ご心配やご配慮をいただきましたこと、誠に感謝申し上げます。

私たちは、誹謗中傷の問題が非常に深刻であると感じています。犯罪被害者は、残念ながら二次被害として誹謗中傷を受けやすい立場にあります。大切な人の命を奪われたり、体や心を傷つけられた犯罪被害者が、さらに誹謗中傷を受けるような二次的な犯罪が今後起こらないようにしていきたいと考えています。言葉の暴力で人が傷つくことのないよう、声を上げ続けていきたいと思います。

報道関係者の皆様におかれましては、警視庁捜査一課が問い合わせに対応するとのことです。遺族の負担軽減のため、現時点での直接の問い合わせはご遠慮いただきますようお願いいたします。

NPO法人ルミナ
代表 中江美則

一般社団法人関東交通犯罪遺族の会
代表理事 小沢樹里
副代表理事 松永拓也

***

翌朝の記事についてはこちら ↓

誹謗中傷被疑者送検に関する全国紙記事(2024.7.5朝刊)


i_nokai0708 at 23:30│Comments(0)誹謗中傷 | 情報提供

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山梨県弁護士会での講演活動(2024.6.21)誹謗中傷被疑者送検に関する全国紙記事(2024.7.5朝刊)