その他

2019年08月06日

東池袋高齢者暴走事故署名の有志スタッフ参加(2019.8.3)

今年4月に東池袋で起きた高齢者暴走死傷事故。
その署名活動会場に有志でスタッフ参加してきました。

2019あいの会0803南池袋公園署名001

2019あいの会0803南池袋公園署名002

途切れることのない行列。

途切れないどころか時間が経つにつれ、
テレビ報道やSNS拡散の影響もあったらしく、
行列が伸びて公園入口から溢れそうな時もありました。

後から知りましたが、この日だけで、
2万人分近い署名が集まったとのことでした。
(それ以前に郵送で5万署名。合わせれば7万)

南池袋公園の木立にはミンミンゼミがずっと鳴き続け、
まさに真夏の猛暑の公園の風景そのものでしたが、
そんな猛暑など関係なしに、単身だったり、
幼い子連れの家族だったり、カップルだったり、
運動部の学生と思われる50人以上の大集団だったり、
3世代揃った大家族だったり、友人グループだったり、
そんな男女や年齢など無関係な本当にたくさんの人が、
次々に現れる姿は、とても胸を打つものがありました。

またご遺族の松永さんに言葉をかけたいという人の列も、
署名場所の横にできて、その列もどんどん伸び、
どれだけ多くの人がこの事件を胸に抱き締めているか、
一目見ただけで誰もが強く感じる光景でした。

今回の署名目的は、加害者への厳罰を
検察と裁判所に求めるという内容のものです。

松永真菜さんと松永莉子ちゃんの命を奪った加害者には、
絶対に執行猶予を付けてはならないと考えています。
実刑は最低限ですし、その収監期間も短くてはなりません。
そのためにもまずは検察がこの事件の悲劇を重く受け止め、
実刑が最低限となる求刑をしてもらわなければなりません。

署名は8月後半まで郵送で受け付けているとのことです。
自分一人分だけでも、家族分だけでも構いませんので、
署名を郵送できる方はぜひご協力をお願いいたします。

詳細は下記をご確認ください。

東池袋自動車暴走死傷事故 遺族のブログ
https://ameblo.jp/ma-nariko/


i_nokai0708 at 17:03|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

犯罪被害者支援週間キャンペーン参加(2018.10.26)

10月26日(金)、東武東上線の東松山駅前で行われた
犯罪被害者支援週間キャンペーンに、
当会代表の小沢樹里が参加してきました。

2018あいの会1026キャンペーン001

2018あいの会1026キャンペーン002

2018あいの会1026キャンペーン003

16時から30分だけの活動でしたが、啓発物の配布を通じて、
被害者支援啓発に少しでも役立てればと思っての参加でした。

今回キャンペーンは、埼玉県、埼玉県警察本部、
埼玉犯罪被害者援助センター、東松山市、東松山警察署が
主宰するものでしたが、
今回小沢は、以前よりあいの会をサポートいただいている
埼玉県議の横川雅也議員ともつながりで、
今回参加する機会をいただきました。

地道な活動かもしれませんが、こうした活動も通じて、
被害者支援への理解が少しでも広がることを願っています。


i_nokai0708 at 23:59|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

埼玉弁護士会シンポジウムへのパネリスト参加(2017.9.27)

9月27日(水)、埼玉弁護士会が主催するシンポジウムに
パネリストの一人として小沢樹里が参加をしてきました。

5あいの会1

上のパンフレットにあるように、
開催テーマは「あなたの街の犯罪被害者支援」でした。

「被害者の声」を伝えるため、最初に基調報告に立たれたのは、
強盗に遭い、大怪我をさせられた被害者の方でした。

その方は会社を経営されている方だったのですが、
心身に痛手を受けたため、経営を続けていくことができず、
結局会社を手放さざるをえなくなり、経済的な困難に直面。
家庭内でも子供の成長にも関わる困難を経験されたそうです。

そんな思いをして、現在も残る体の痛みと闘いながらも、
これ以上同じつらさを味わう人が一人でもなくなるようにと思い、
この場に立ったという話を聞き、その切実な心に強く打たれました。

また以前より小沢が関心を持っていた兵庫県明石市の
泉房穂市長の基調講演を聞くこともできました。
明石市は、泉市長も率先し、被害者支援に力を入れている市です。

泉市長のとても熱のこもった話を聞き、心を打たれると同時に、
小沢の住む埼玉県でも、やはり早く犯罪被害者条例を作っていきたいと
あらためて強く胸に刻むことができました。

そして、基調報告をされた被害者の方、犯罪被害者学の諸澤英道先生、
さらに明石市犯罪被害者支援窓口の担当職員の方、
また今回のコーディネーターである横山佳純弁護士とともに、
小沢も登壇し、パネルディスカッションに参加しました。

ちなみに横山弁護士は、埼玉弁護士会犯罪被害者支援委員会で
委員長を務められていて、被害者支援のために心を砕いている方です。
小沢は横山弁護士から声をかけていただき、今回の参加となりました。

小沢がパネリストとして話した内容としては、
事件が起きた後、どのように犯罪被害者窓口にたどり着いたか、
市役所の窓口での煩雑な書類手続きがどれだけ大変だったか、
被害者・遺族となってあちこちを動いてみて初めて、
窓口によって対応や支援の内容に大きな違いがあるとわかったこと、
そして精神面の支援ばかりが取り上げられがちですが、
それ以前の生活の支援が何より急務だと感じていること、
事件の生活への影響は家族だけでは抱えきれないほど大きく、
被害者支援条例で解決できることもあると思う、といったことでした。

また同時に、小沢が2年ほどかけて地道に調べてきた
埼玉県内の各自治体の被害者支援窓口の現状についても話しました。

自治体の総合窓口に問い合わせ、被害者支援窓口がどこにあるか質問し、
答えが返ってくるまで、最短で2分9秒、最長で5分かかっていました。
平均でも2~3分かかり、自治体内で周知されていないことがわかりました。

また多くの窓口の対応が、問い合わせても県や警察の窓口を伝えるだけで、
支援の意味を理解して独自に動いているところはほぼありませんでした。
被害者支援窓口に在籍しているはずの担当者本人が、
ご自分の担当がそうした窓口だと知らないところも多くありました。

簡単な質問にも答えられなった市は、全15自治体のうち10にのぼりました。

こうした調査結果を踏まえて、あらためて感じたことは、
被害者支援窓口の担当になる方には、向き不向きがあることでした。

被害者支援窓口が何をすべきかわからず、警察が関わるという理由からか、
警察の方が出向している対応している自治体が多いように思われました。
そうした窓口では、被害者への寄り添いは期待できないように感じました。

そうしたことをパネルディスカッションの議論の中で伝えてきました。

明石市のとても先進的な取り組みについて、明石市の泉市長は、
「決して先進的なことではなく、当然のことを行っているにすぎない」
と話されていたのを聞き、日本では当然のこともできず、
最低限の体制もまだまだ完備されていない国なのだと、重く感じました。

諸澤先生も話していましたが、日本は被害者支援窓口が非常に少ない国です。

国がやるべきことも多いのですが、各自治体の中で、
被害者の生活圏に分け入って、支援できるネットワークがやはり大切です。

被害者になると、どんなに悲しく、打ちのめされても、
地域の役割を抜けられず、ゴミ出し当番や子供の学校の役員が回ってきます。
せめてこれらのことから被害者の負担を少なくすることは、
いますぐ今日からでも、少しのやさしさで誰もができることだと思います。

被害者支援条例ができることをきっかけに、自分が何ができるかを、
多くの人があらためて考える機会となってくれたらいいなと思いました。

5あいの会2



i_nokai0708 at 14:00|PermalinkComments(0)

2014年11月28日

7月からの振り返り

この半年近く、ずっと会のブログ更新ができずにきてしまいました。
しかしあいの会としての活動は、少しづつですが、継続しています。

それぞれのイベントや活動の記事も、遅ればせながら掲載しますが、
それに先立って、この7月からの動きをざっと振り返らせていただきます。

まず7月20日、あいの会設立2周年記念式典を執り行いました。
昨年を上回る75名もの来場者にお越しいただき、
私たちが続けている活動に大きな励ましをいただきました。

8月は公式には活動はお休み・・・

9月は定例会を行いました。
実はこれに前後して内閣府から意見聴取会のお声がけをいただいており、
会としてどのような意見を出していくかについての協議を行いました。

その協議結果を受けて、2つの意見聴取会に出席してきました。
9月24日は「交通事故被害者等団体からの第10次交通安全基本計画に係る意見聴取会」
9月30日は「第2次犯罪被害者等基本計画の見直しに関する要望・意見聴取会」
それぞれ交通と犯罪被害者等基本計画に関しての意見聴取会でしたが、
私たちの考えている想いをはっきりと伝えてきました。

10月は公式にはワンクッションおいて、11月には再度定例会を行いました。
今年はお互いのメンバーもそれぞれ抱えている事情もあり、
無理はしないペースで活動していこうというスタンスで進んできました。

またこの間、講演活動も、できる範囲になりますが、続けてきました。
やはり伝え続けることが一番大切なことだと考えています。

そして気がつけば、今年もあと1ヶ月を残すのみ・・・
そして明日はハートバンド(犯罪被害者週間全国大会)が迫っています。
1年に1回しか会えない方、新しく出会う方・・・今回も忙しい週末になると思います。
被害者遺族は支え合うことで、世の中を変える力を生み出していけると考えます。
今年のハートバンドもそうした大切な機会にしていきたいと思っています。



i_nokai0708 at 23:25|PermalinkComments(0)

2014年03月16日

LIVE SDD 2014(2014.2.15)

月をまたいでの後日報告となってしまいましたが、
2月15日(土)、小沢家一同は大阪に行ってきました。

LIVE SDD 2104に参加するためです。

LIVE SDD 2104
http://fmosaka.net/sdd/live_sdd_2014/index.html

飲酒運転撲滅に賛同するアーティストたちが集まって、
ライブイベントを行う催しです。
毎年1回、2月中旬のこの時期に開催されています。

TRF、ゆず、AAA、May.J、森高千里などが今回出演しました。
(実際はもっとたくさんの方々が出演していました)

「STOP!DRUNK DRIVING(飲酒運転をなくそう!)」
これがSDDに込められたシンプルかつ力強いメッセージです。

この参加については、小沢も既にブログで報告しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/kbpnx111/38175693.html

飲酒運転は、20年前だったらごく当たり前のことでした。
しかし今は、それがどれだけ非常識で、どれだけ愚かで、
どれだけ罪深い犯罪か、ほとんどの人はわかっています。

「飲酒運転は許されない犯罪だ」と言い続ける人がいて、
それを呼応して、法律の厳罰化や取り締まり強化が進み、
そして今は、飲酒運転なんてまず聞かない話になりました。

しかし飲酒運転は、まだ決してゼロではありません。
非常識で、愚かで、罪深い犯罪だと明確であるにも関わらず、
いまだに手を染める人はゼロにはなっていません。
だから悲惨な事件(事故ではない)は起こり続けています。

だから、まだまだもっと言い続ける必要があります。
「STOP!DRUNK DRIVING(飲酒運転をなくそう!)」と。

このライブの前後にも、小沢家はマスメディアの取材を受け、
その内容は、いくつかのテレビ番組でも放映されました。

こうした機会を通じて、あきらめずにメッセージを発し続け、
許されない飲酒運転を少しでもゼロに近づけたいと思います。

20140215SDDLIVE



i_nokai0708 at 21:35|PermalinkComments(0)

2014年01月26日

内閣府ホームページに紹介ページを作っていただきました

内閣府のホームページ内に、
私達あいの会の紹介ページを作っていただくことになりました。

【犯罪被害者団体等紹介サイト】
http://www8.cao.go.jp/hanzai/soudan/dantai/dantai.html

上記の各団体紹介ページの中に、まぜていただいています。

【あいの会の詳細情報ページ】
http://www8.cao.go.jp/hanzai/dantai/shosai1/j-29.html

私達の目標はまだまだ先にありますが、
その過程で、こうして国からも存在を公式に認めていただき、
応援していただける格好になりました。

これは良い流れとして素直に喜び、がんばっていく励みにして、
さらに力と思いを尽くし、活動を続けていきたいと思っています。



i_nokai0708 at 14:09|PermalinkComments(0)

2013年12月14日

埼玉県東松山市議会の傍聴報告~横川雅也市議による被害者等支援条例の一般質問~(2013.12.13)

12月13日(金)、開催中の埼玉県東松山市議会において、
横川雅也市議が一般質問の場に立ち、
被害者支援条例についての質問を行っていただきました。
(東松山市は、あいの会の小沢家の地元になります)

あいの会からも、小沢家と中村家が応援に駆け付けました。
そして議会傍聴席からやり取りを見守らせていただきました。

まず質問冒頭で、横川市議から発言要旨の修正がありました。
「被害者支援条例」から「被害者等支援条例」への変更。
一部よく知られることですが、条例や法案の議論において、
この「等」をつけるかつけないかで、大きな差が生まれます。
今回はこの一文字でカバーできる範囲が大きく広がりました。

横川市議は、東松山市に対して、市としての責務として、
被害者支援体制の実績について質問し、
市内に窓口設置をするように求めていただきました。
そして、条例か要綱を制するように提案してくれました。

その後の質疑の展開は、型通りの流れにはなりませんでした。

受け答えされた市の担当者の方が、
ご自身も交通犯罪の被害者であることを告白。
(こうしたことは普通の議会ではまずないことだそうです)

そして横川市議についてその必要性を公に認めていただき、
調査をしてすぐにも対応したいというお話をしていました。
そして、先駆者である東京都中野区にも話を聞きに行く、
マニュアルを作成して、有効に運用できるようにする、
といった具体的な話まで聞くことができました。

また実は、あいの会では「虹色ファンド」という基金に、
本当に微細な額ですが、寄付をさせてもらっています。
(子供たちの安全と安心を守る基金です。詳細は下記で。
 http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/oshirase/1355902994927.html

議会では(もちろん私たちも全く予想していなかったことですが)
これを取り上げて、「あいの会」という名前まで出していただき、
生命のメッセージ展の学校展示について議論してもらえました。
これは市の教育長経由で、具体的な検討に入るとのことです。

さらに森田光一・東松山市長からも「前に進めていく」との話があり、
横川市議に呼応して、市も市長も前向きに動く流れになりました。

わかってくれる人がいて、理解してくれる動きができて、
人と人と線でつながり、議会という場でもそれが具体化していく。
そうした感動的な場面に立ち会うことができたのは嬉しい体験でした。

ちなみにこの日12月13日は、横川雅也市議の誕生日でした。
また交通犯罪で亡くなった小沢家のお父上の誕生日でもありました。

小沢家の両親の生命と、後遺障害と闘うきょうだいの苦しみが、
誰かのための回復に繋がっていることを実感できた一日になりました。

参考までに横川雅也・東松山市議会のホームページはこちら
http://www.yokokawa.me/

写真は横川市議を囲んでの記念撮影です。

20131213東松山市議会



i_nokai0708 at 15:43|PermalinkComments(0)

2013年10月23日

【延期のお知らせ】あいの会「グリーフケアの集い」(10/26土)

10月26日(土)にあいの会で「グリーフケアの集い」を行う予定でした。


しかしその当日に、台風27号の直撃がほぼ確実な状況になっています。
交通網の大規模な麻痺も予想されます。


そのため今回は大変残念ですが、開催を延期することといたしました。


今回関心をお持ちになり、ご参加を考えていただいていた方々には、
大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願いいたします。


なお今回予定していました「グリーフケアの集い」は、
また日をあらためまして開催したいと考えています。


また11月16日予定の意見交換会は、予定通り行わせていただきます。
こちらにつきましても、多くの方々のご参加をお待ちしております。


今後ともあいの会をよろしくお願いいたします。


   関東交通犯罪遺族の会(あいの会)
                 小沢、中村、東


310261-WID



i_nokai0708 at 23:55|PermalinkComments(0)

2013年09月01日

【お知らせ】9月14日(土)あいの会講演会

9月のあいの会の講演会のお知らせです。

日時:9月14日(土)10:30~12:30
       (前半講演・後半質疑応答)
場所:アットビジネスセンター池袋駅前・別館406号室
    http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/access.html
    池袋駅東口から徒歩1分

犯罪被害者支援活動に関わっている方にお話いただき、
情報交換も兼ねて、質疑応答を行う予定になっています。

詳細は追って後日、お知らせさせていただきますが、
日時と場所だけ、取り急ぎ報告させていただきます。

main2

池袋駅前「LAVI1日本総本店」左隣

(12階「ZARA」の店舗が目印)



i_nokai0708 at 22:24|PermalinkComments(0)

2013年07月08日

あいの会設立1周年記念式典

2013年7月7日(日)はあいの会の設立1周年記念式典でした。

無事つつがなく執り行うことができました。

たくさんの方に来ていただき、感謝の言葉しかない状況です。
ご来場いただいた皆さま、猛暑の日曜日にも関わらず、
お集まりいただき、本当にありがとうございます。

フェイスブックでアップした内容とかぶると思いますが、
足跡を残す意味で、このブログにもアップさせていただきます。

P1060057


昼には集まって、メンバー総出で準備作業から始めました。
あいの会は、お互いが協力しあっての、どこまでも手作りの会です。
ちなみに下記1枚目の右端はJD共済の佐々木さん。
お手伝いいただきました。感謝感謝です。

P1060059
P1060069
P1060042


小沢家が出した本も、廉価で購入できるように準備しました。
少しでも多くの人に手に取ってもらい、遺族の道しるべにしてほしい想いからです。
(『交通犯罪ー悲しみの先に見えた「家族の光」』 小沢克則&樹里著、リベルタ出版)

P1060050


今回は、ミニ生命のメッセージ展も同時開催しました。
私達あいの会メンバーの奪われた家族たち(メッセンジャーたち)も、
並んで一緒にしてもらって、展示となりました。
ちなみに左から、小沢家父&母、東家母、中村家妻です。

P1060110


もちろん、私達メンバーのメッセンジャーだけでなく、
他のメッセンジャーも数十体、来ていただきました。
下の写真は1999年12月26日、島根県において、飲酒暴走車により、
女子大生数名が犠牲となった事件のメッセンジャーたちです。
左端の江角真理子さんのお母様は、あいの会メンバーとも有縁の方です。

P1060101


15時。開場です。
開場と同時に、受付に列ができました。
本当にありがたいことです。

P1060106


15時半になり、開会です。
まず冒頭に、あいの会代表の小沢樹里より挨拶をさせていただきました。

P1060119
P1060127
P1060129
P1060132


続いて、来賓としてお招きしたJD共済理事長の丹澤忠義様のご挨拶。
「飲酒運転を根絶させたい」という強いメッセージを語っていただけました。

P1060144


そして、ミニ生命のメッセージ展の開催。
「いのちのミュージアム」代表の鈴木共子様に講演をお願いしました。
「生命に差別があってはいけない」というお話もありました。
これは奪われたいのちが軽んじられがちな交通犯罪遺族の共通の想いです。
9・11では数千人が殺されたことで世界が騒然としましたが、
交通犯罪でも「減った減った」と言われながら、
日本国内だけで毎年数千人が殺されているのです。
そしてそれ以前に、残された遺族にとっては、決して人数や統計ではない、
唯一の大切な家族が奪われたという取り返しのつかない悲劇なのです。

P1060148
P1060152


以上で第1部のミニ生命のメッセージ展は無事終了しました。

第2部に移る前に、ご来場いただいた方も交えて集合写真を撮りました。
(※写りたくない方もいらっしゃるので全員ではありません)

minna

これだけの方に足を運んでまで応援してもらっていると思うと、
うれしいのはもちろんです。でもそれ以上に感じたことは、
もっともっと期待に応えるべくがんばらなければ・・・という気持ちです。


続いて第2部。
立食パーティー形式による祝賀会です。
あいの会顧問の高橋正人弁護士による乾杯の挨拶。
「早くビールを飲みたいから手短に話す」
などと言いながらも、ジョークを交えた楽しいお話をしてくれました。

P1060173
P1060178
P1060182


ただ、立食パーティーと言っても、「ではごゆっくりご歓談ください」
でご来場いただいた方を放置することはしたくありませんでした。
なのでメンバー一同は段取りで追われっぱなしになってしまいました。
写真は知らないうちに激写されていた緊急打ち合わせの様子。

meeting


祝賀会では、途中であいの会メンバーでリレースピーチを行いました。

nakamura

中村正文は、信号無視でも、飲酒でもないタンクローリーに、
突然、無残に愛する妻を奪われた理不尽な体験を振り返り、
平凡な幸せを突然破壊する交通犯罪があまりにも軽視されている、
それを伝え続けることで変えていきたいという想いを語りました。

またリレーの最後には、小沢家4人が揃って壇上に立ち、
挨拶と本の出版の報告を行いました。

まずは小沢克則。
そしてその下の双子のきょうだいの小沢恵司と小沢恵生が話しました。

遺族であり、自身も後遺症に苦しむ被害者である恵司と恵生。

小沢家の事件は、恵司が運転している自動車が、
対向車線を乗り越えてきた飲酒暴走車に正面衝突されて起きました。


今も重い後遺症と闘っている二人は、遺族であり、被害者本人でもあります。

そして二人が闘ってきたのは、加害者、後遺症だけでなく、
その後遺症に対する一部の無理解でもありました。

「理解を広げる」ということも、あいの会の重要なミッションです。

ちなみに後ろのタイトルボードの文字は小沢恵生が書きました。

P1060188
P1060190
P1060193
P1060202


リレースピーチに続き、あいの会の1年間の歩みを映像で流しました。

その上映後、代表の小沢樹里よりコメントを行いました。

原稿もなしで、ざっくばらんに率直な想いを語るはずが、
感極まっての話になりましたが、その分、小沢の想いは、
ご来場いただいた皆さんにしっかり伝わったと思います。

それだけあいの会は、小沢家にとっても、中村、東ら他のメンバーにとっても、
とても大きく、そしてかけがえのない存在になっているのです。

P1060207


17時半。副代表の東光宏より閉会の挨拶をしてお開きになりました。

P1060212


しかしご来場いただいた皆さん、語り合うことはなかなか尽きず、
いつまでも話し込んでいる姿があちこちで見られました。

ちなみにこの7月7日は、中村正文、小沢恵司、小沢恵生、
この3人の誕生日でもありました。
3人にとっては生涯忘れられない誕生日にも
なると思います。

もちろん、あいの会メンバー全員にとって、
生涯忘れられない日になることは疑いがありません。

「7月で設立1年だし、記念式典をやろう」

そう決めた時には、あくまでごく少人数の集まりを想定していて、
「ささやかでも良い記念式典にしたいね」と話し合っていました。

しかし蓋を開けてみたら、こんなにもたくさんの方に来ていただいて、
本当に感謝の気持ちしかありません。

そもそも私達は、家族を殺されるという辛い経験をしなければ、
こうして知り合うこともなければ、式典を開くこともありませんでした。
きっと間違いなく、そのほうが幸せな人生だったと思います。

しかし、交通犯罪遺族になってしまった事実は変えられません。
奪われてしまったいのちは、もう二度と帰ってこないのです。

しかし私達は、家族を突然奪われて、悲しみ、苦しんだ末に、
おそらく得られたものもあると思っています。

その一つが、間違いなく、この記念式典の光景だと思います。
これだけの応援をしてもらっているという感動だと思っています。

多くの方の励ましと助けがあって、私達も初めて前に進めます。

引き続き、いのちの大切さが理解される社会と司法を目指していきます。



i_nokai0708 at 03:45|PermalinkComments(1)

2013年07月06日

出版報告 『交通犯罪ー悲しみの先に見えた「家族の光」』

いよいよ私達あいの会の設立1周年記念式典が明日に迫ってきました。

ただいま準備に追われています。

そして、その式当日の明日は、奇しくも、会メンバーの中村さんと、
そして小沢恵司、小沢恵生の双子姉妹の3人の誕生日でもあります。
3人とも、生まれ星座のかに座が象徴するような優しい心の人です。

このタイミングで、会の小沢夫婦が本を出版しましたので報告します。
小沢家の今に至る歩みが書かれています。ぜひ読んでください。

『交通犯罪ー悲しみの先に見えた「家族の光」』
  (小沢克則・小沢樹里著、リベルタ出版)
  http://www.liberta-s.com/648.html
  amazonリンク先

突然の悲劇から、残された小沢家4人で、どう闘ってきたか。
何を失って何を得たか。
いま何を目指しているのか。
少なくとも小沢家のメンバー4人は、協力して見事なチームプレーで、
自分(東)の、そして多くの遺族のできなかったことを成し遂げました。

ですので宣伝ではなく、遺族として悔しい思いはしてほしくない気持ちとして、
ぜひ多くの人に手に取って読んでもらいたいと思っています。

(文責・東)


img_1196791_37618206_0




i_nokai0708 at 06:06|PermalinkComments(0)

2013年06月22日

あいの会1周年記念式典のお知らせ

来月で私達あいの会は設立1周年を迎えます。

ついては7月7日(日)、記念行事を開催します。

ここでも告知させていただきます。


<日時>
日時:平成25 年7月7日(日)

15:30~17:30(15:00開場)
会場:浦和ワシントンホテル

http://washington-hotels.jp/urawa/access/

(JR浦和駅から徒歩3分)

所在地 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-19

電話 048-825-4001


<プログラム>

第1部:ミニ・生命のメッセージ展の開催

(「生命のメッセージ展」代表・鈴木共子さんご講演)
第2部:当会1周年記念祝賀会(17:30閉会予定)



当日は、ミニ・生命のメッセージ展の開催を同時に行います。

30数名のメッセンジャーに来ていただくのと同時に、

生命のメッセージ展代表の鈴木共子さんにも講演をお願いしています。



お越しいただける方がいらっしゃれば、当日参加可能ですが、

会場の関係もありますので、事前にご連絡をいただけますと幸いです。



ご不明な点があれば、下記までお問い合わせください。

i.nokai0708@gmail.com

(文責・東)


あいの会1周年記念式典のご案内



i_nokai0708 at 11:46|PermalinkComments(0)

ブログ開設のご挨拶

2012年7月8日、私たちは「関東交通犯罪遺族の会(通称:あいの会)」を結成しました。



小沢克則、その妻の小沢樹里、中村正文、東光宏の4名からのスタートでした。



私たちは皆、無謀な交通犯罪によって、家族を奪われている交通犯罪遺族です。

小沢は飲酒運転で暴走していた自動車に両親を、中村は過労運転で強引に右折したタンクローリーに妻を、東は信号無視で横断歩道に突入してきたスポーツ用自転車に母を、それぞれ殺されました。



加害者に対する刑事公判も、被害者参加制度も、全員経験してきました。真相究明と加害者厳罰を求めて、遺族としてすべきだと思ったことは行ってきました。



それぞれの裁判を振り返れば、達成できたことと達成できなかったことがあります。



そして、メンバー各自の経験を踏まえ、他の交通犯罪遺族とも交流していくなかで、遺族同士が情報交換し、連携し、助け合う大切さへの理解を深めていくことになりました。

そんななか、私たちは縁あって知り合うことになりました。



そして、直接行き来できる地域性を拠点にしながら、全国に連携の輪を広げていく会を設立しようという意見で一致し、お互いに直接会って話す血の通った関係を大切にすること、家族を奪われた交通犯罪遺族であること、この2つの条件を基本とする、あいの会を結成した次第です。



私たちは自分たちの会に言及する際、例外なく「あいの会」という通称を使います。



このあいの会という通称については、たくさんの想いを込めました。



お互いに思いやるLOVE・愛情の愛、家庭や仕事のある普段の自分を大切にする英語大文字のI、だからこそ本来の自分を決して見失わないとの意思表明の意味を込めたidentityのi、そういうたくさんの意味を同時に込めています。



そしてその想いは、私たちのこれまでの活動にも活かされていると思っています。



しかし、そもそもなぜ私たちがあいの会を立ち上げたのか。

あるいは、立ち上げなければならなかったのか。



10年前に比べたら、遺族の置かれている状況は確かに改善されました。



しかしそれでもまだまだ改善しなければならないことがたくさんあります。



多くの遺族はいまだに、家族を奪われただけでなく、必要な情報や支援が得られないまま、不十分な捜査、不十分な立件、不十分な審議に、泣かされてしまうことが少なくないのです。



だから私たちが声をかけたり、手を差し出すことで、悔しい思いをする遺族を一人でも減らしたい。その思いで、あいの会を立ち上げました。



だから私たちは、ミッションとして、以下の3つを掲げています。



①被害者遺族が泣かない法整備を働きかけていく
②遺族同士の助け合いと支援の輪を広げていく
③定期的に集まって情報交換ができる場を作っていく



また、それぞれの事例と想いは、各自のブログで書いています。

(同時に各々のフェイスブックページも掲載しておきます)


小沢 克則・樹里のブログ(家族の光の中へ)

http://blogs.yahoo.co.jp/kbpnx111

https://www.facebook.com/juri.ozawa.3


中村 正文のブログ(月になった妻)

http://blogs.yahoo.co.jp/nakamatuma3fu3
https://www.facebook.com/tomomi.kotori


東 光宏のブログ(自転車に家族を殺されるということ)

http://ameblo.jp/azumin827/

https://www.facebook.com/azumin827



私たちはあくまでゆるやかなサークル感覚でやっていきます。



私たちのモットーは、①笑顔、②思いやり、③共有。



笑顔と思いやりのない集まりに前進はありません。

集まること自体が待ち遠しくなる会にしていますし、これからもそうしていきたいと思っています。

そして、お互いに寄り添いあえる心の支えを作っていけたらと思っています。



そのあいの会も、気が付けば、設立してもうすぐ1年が経とうとしています。



https://www.facebook.com/i.nokai0708



これまで上記のフェイスブックページだけ立ち上げて発信をしていましたが、設立1年になるこの時期を契機に、もっと自分たちの活動をわかりやすく後々蓄積していける拠り所も必要だと考え、通常のブログページも立ち上げました。

フェイスブックと連動しての更新になると思います。

それぞれのメンバーにおいても、フェイスブックはその日のうちにできるだけ早く出来事報告をするもの、ブログはもっと事実を検証したり、思いを巡らせた上で、ゆっくり語りかけるもの、と分けています。

あいの会としても、そのような使い分けになると思います。



これからも、あいの会への応援と協力を、どうかよろしくお願いいたします。


写真は最初に集まった時の様子です。

2012第1回定例会

 


(文責・あいの会副代表 東)


 



i_nokai0708 at 10:08|PermalinkComments(2)