ワコログ <馬と相撲とプロレスと馬のブログ>

さて、早くも今年の新馬もデビューから3週間が経ちました。


そこで、今回は今年の新馬戦で見所あるパフォーマンスを見せた馬を何頭か取り上げたいと思います。




マイネルキャドー・・・外伸び馬場を出遅れつつ内からしぶとく伸びてきて差のない3着。特に直線では外に出そうとするもコースをカットされる不利もあった。追い出してからスッと反応する加速も見受けられた


ジナンボー・・・粋な名前に聞こえてきた。文字どおりアパパネの次男。デビュー戦、先行してノーステッキで楽勝。次にどんなレースするかでクラシック戦線に乗れるか見えてくるだろう。まだ底が知れない


ニシノベースマン・・・完全前残り展開を、スタートで大きく出遅れて最後方追走という絶望的な状況で、インを立ち回って距離ロスを挽回したとはいえ、勝ち負けまで持ってこれたのは力がある証拠。次走は注目してみたい





マイネルキャドーは今日の第1レースにも出てきますね。


果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

さて、宝塚記念もいよいよ明日に迫りました。


そんな中、タイトルのとおり、レインボーラインとシャケトラについてもう少し考えてみたいんですが、


なぜこの2頭なのかというと、考察の記事で書いた、


栗東坂路加速ラップの馬なんですよ。



ヒットザターゲットもそれにあたるんですが、

ヒットさんに関しては毎年それをやっているにも関わらず、通用していませんから除外。



シュヴァルグランに関しては加速ラップですけどラストも全体時計も遅いので除外。




というわけで、この2頭になります。


2頭とも最終追いきりは加速ラップになっていませんが、


1週前とかで全体時計もラストも早い加速ラップをマークしていました。





まずはレインボーラインについて。


この馬に関しては、考察の記事で×(消し候補)としました。


ただ、「追いきりがよっぽど良ければ紐で考える」と書いところに、

一週前に栗東坂路加速ラップをマーク。

最終追いきりでも時計はイマイチでしたが、気配の良さを見せていました。



過去のリプレイを改めてジックリ見ていたんですが、


今年に入っての2戦の凡走は、いずれも言い訳があります。



天皇賞春は、ステイゴールド産駒にとっては鬼門ともいえるレースで、


あのオルフェーヴルがキャリア最低のパフォーマンスを見せたのもここ。


ゴールドシップも3度目の挑戦こそ辛勝しましたが、

全盛期の1、2度目は共に見せ場なく敗れています。


そんな状況で、レースは後ろからの馬ではノーチャンスとも言える展開、

そしてレコード決着の高速馬場。



それをひたすら後ろから走っていたので大敗も仕方なかったのかなと思います。



確かに、菊花賞でのパフォーマンスに比べると負けすぎな感もありますけど、

一応言い訳は成立しているのかなと思うわけです。




その前の日経賞に関しては正直、負けてはいけないレースだったようにも思うんですけど、


よく見ると、道中かなり掛かっているように見えました。


それでいてロスの大きな外を立ち回っていて、

直線では逆に窮屈なインを突くというミルコとしてはちょっと残念なレースをしていました。


にも関わらず最後までしぶとく脚を伸ばしての4着ですから、

これは及第点を付けられると思いました。



そして今年3走目の今回を迎えるわけですが、



宝塚記念はステイゴールドにとっては最も相性のいいレースとして知られています。


ゴールドシップ

ゴールドシップ

オルフェーヴル

ナカヤマフェスタ

ドリームジャーニー



ということで、ここ8年で5勝!!!


ここで復活の激走があってもおかしくないなと思いました。


天気予報はなんとも微妙なんですが、


田んぼみたいなゴリゴリの重馬場にはならないんじゃないかと思いますので、

昨年の札幌記念くらいはやれていいと思いました。





もう1頭、シャケトラについて。


ミッキーロケットに挑んだ日経新春杯は、

2㎏軽かったのに敗れるという内容でしたが、

京都外回りベストの相手に対して、

阪神ベストのこの馬なので、仕方なかったと言える部分もあります。



キャリアが浅く、成長の真っ只中にあると思え、

急坂小回りの日経賞では折り合いバッチリというのが大きかったものの、

ゴールドアクターを撃破しての勝ちきりは評価できます。



考察でも触れたんですが、母がサドラーズウェルズ系なのと、

これまでの阪神コースでのパフォーマンスから、

渋め馬場の阪神コースはベスト中のベストといえると思います。



心配された馬体重ですが、520㎏まで戻していましたので、これも問題なし。



本格化するのは秋以降にも見えますが、ここでも一定の成績(2、3着くらい)を残せる下地は整いました。


過剰に人気してしまうルメールが鞍上ですが、

今回と同じ阪神2200の境港特別でこの馬に乗って完勝していますし、

関西に来たときの田辺に比べると月とスッポン。

よっぽど信用できますから、鞍上大幅強化は間違いないと思います。




というわけで、栗東坂路加速ラップ組の6枠2頭はいずれも魅力的だなーと思いました。


どちらもノーザンファームですから、ノーザンファームしがらきで調整も施されているでしょう。



明日の雨は、この2頭にとって恵みの雨となるんでしょうか。

今日は全国的に雨が思いっきり降っていますね。


日曜の阪神も今のところ雨予報になっています。


重馬場の宝塚記念になれば、ちょっとした波乱もあるかもしれませんね。

サトノクラウンが走るような馬場になれば・・・



では、レースについて考えていきます。



・リピーターレース

・3枠以内

・栗東坂路加速ラップ調整




このあたりに該当する馬がよく穴を開けます。


といっても昨年は関東馬のマリアライトが勝って、

栗東坂路調整の馬は不発に終わりました。



この傾向が2年ぶりに復活してくれるのならこれの該当馬には要注意です。



では、登録馬を見ていきましょう。





○キタサンブラック・・・今年の大阪杯こそ勝ったが、小回りコースは(2-2-3-0)で、3歳のスプリングステークスを勝ってから、実は5連敗を喫していた。それだけ小回りコースでは勝ちきれていなかったので、隙が無いことはない。とはいえ、小回り7戦の内5戦がGⅠでの結果なので、強いには変わりはなく、馬場が渋っても関係ないタイプでもあるので圏外に敗れる可能性は限りなく低く、ここも勝ってあっさりと春3冠を達成する可能性のほうが圧倒的に高い。ハイペースでもスローでも強いので、ここはいっそのこといないものと思って圏内の残り2枠に来る馬を考えたほうがいいかもしれない


×クラリティシチー・・・ここを目標にしてきたローテではなく、阪神適性、距離適性、渋化馬場適性いずれも備えていない。少頭数で5着でも1500万円という賞金に釣られて出てきたとしか思えず、馬券圏内という意味では限りなく可能性は低いと見る


△ゴールドアクター・・・小回りコースをスローで先行してこそのタイプなので、前走に比べれば大幅に状況は良くなるが、気性的に輸送に弱く、なかなか力を発揮することが難しいタイプである。渋い馬場もこなせるが、重すぎる馬場よりは稍重程度のほうがよく、それよりも高速良馬場のほうがいい。追いきり気配、内枠、スローが揃えば紐として狙うのはいいかもしれない


△サトノクラウン・・・前走はキタサンブラックを負かすには最高の位置を追走していたが、最後は脚が止まってしまった。急坂コースはダメなのかもと思ったが、中山小回りの弥生賞では快勝しているのでそうとも言いきれない。昨年の稍重宝塚記念は外枠でなし崩し的に脚を使ってしまったのと、帰国初戦の難しさもあったか。などと必死に言い訳を探してきたが、圏内に来るチャンスはある。絶対条件として馬場が思いっきり渋ること。人馬ともに重馬場は大得意なので、それさえ叶えば狙ってみる価値はありそうだ


○シャケトラ・・・前走はイレ込みと出遅れ、そして折り合いも欠いての3200メートル長丁場。これでは好走しろと言うのが無理がある。阪神コースは全勝、そして日経賞の勝ち方を見ても、小回り急坂コースなら現役屈指の実力と見て良さそうだ。母父シングスピール(サドラーズウェルズ系)が示すとおり、渋い馬場のほうが強いはずなので、追いきりさえ問題が無ければ連対まで届いてもおかしくない。前走で少し減らしてしまった馬体重を戻せていればチャンスは拡大する


△シュヴァルグラン・・・阪神適性はあるが、外回り2400だったり、小回りでも3000だったりと、立ち回りの求められないところでの話であり、器用に立ち回った馬が有利になる小回り2200では力を発揮しきれないことが多く、あまり信用できない。キタサンブラックとは勝負付けが済んでおり、絶対に先着できない。前走が究極メイチだったことを考えると、ここではパフォーマンスを落とす可能性が高く、ハマっても3着に来れるかどうかくらいだろう。渋化馬場で良化するタイプでもない


○スピリッツミノル・・・この馬に◎を打ってもしも圏内に来たら一撃で収支を戻すことができる(笑)。阪神はいけるがそれは重馬場の中長距離での話であり、前走のように普通の良馬場2000では明らかにキレ負けするし、まともに追走も出来ないと思っていたが、スタートから置いていかれることなく追走出来ていたし、直線でもキレ負けこそしていたが最後までしぶとく脚を伸ばせていた。これだけやれるなら、距離延長で重馬場、そして追走しやすい少頭数戦と全て好転する今回はチャンスありと見る前に前に出していき、消耗戦に持ち込めれば残り目もある。今年早くも6戦目になるので、使い詰めの反動が出なければといったところか。雨乞いしよう


×ヒットザターゲット・・・内枠を引いても通じない


△ミッキークイーン・・・阪神重馬場は合うので前走に比べれば状況は良くなるが、休み明けから3走目でパフォーマンスを上げられるタイプには見えず、前走がメイチだったことからもコンディション不安がある。また、前走以外で馬券に絡めなかった2戦はいずれも牡馬古馬混合戦であることからも、牝馬限定戦でのみ力を発揮するタイプの可能性もある。ベストパフォーマンスを出せれば通用するが、それが叶う可能性はあまり高くないのではないだろうか。追いきりが抜群に良くて、差しが決まりやすい展開になればといったところか。最終追いきりでの栗東坂路加速ラップが欲しい


△ミッキーロケット・・・前走は位置取り悪く、まともに加速できずに敗れたが、小回りコースではなかなか力を発揮できない無器用なタイプなんだと思う。それ故に、少頭数は歓迎だが、キタサンブラックのペースにある程度ついていってしまうと直線で脚が鈍るし、溜めすぎても前走のように全く届かないのでなかなか難しいと思う。渋い馬場はそこそこいけるので、稍重馬場を真ん中~外枠を引いて、ある程度の位置を追走できれば圏内に来れる可能性もある。この馬も栗東坂路加速ラップが欲しい


×レインボーライン・・・阪神はマイルだが2戦2勝。小回りもいけるが、ここ2走のパフォーマンスを見る限り、昨年秋の良かった頃よりも状態が落ちているように思える。追いきりがよっぽど良ければ紐で考えるが、普通の追いきりなら嫌いたい。渋い馬場で極端にパフォーマンスを上げてくるタイプでもない




こんな感じです。


ヒットザターゲットとクラリティシチー以外は消すのは難しいですが、

あとは追いきりと天気で少し絞れるのかなと思います。



それと、たとえばここもキタサンブラックが勝ったとすると、

キタサンブラックからの馬単や馬連よりも、2、3着馬のワイドのほうが配当がつく可能性があります。

それこそ、3連複なんて、安くて手を出すべきではないはずです。



ならば、万が一、キタサンブラックが沈んだ時の複勝の跳ね返りや、

キタサンブラック以外の2頭のワイドを狙うのがワコログとしての正解になるかもしれません。

このページのトップヘ