ワコログ <馬と相撲とプロレスと馬のブログ>

おはようございます。

台風接近でガッツリ雨。

近年稀に見る不良馬場で行われます。


不良馬場といえば記憶に新しいのがエピファネイアの2013年。

その時はエピファネイアがタフ馬場の強さと総合力の高さで圧倒しましたが、

注目したいのはエピファネイアではなく、むしろその時の2、3着馬です。


バンデは田んぼみたいな馬場にめっぽう強く、馬とは名ばかりのカッパでした。


一方、サトノノブレスは誰がどう見ても中距離馬。

ただ、距離適性は幅広く、1600~2400くらいまでこなせてしまう馬でした。


結果、サトノノブレスが2着、バンデが3着でした。


これはどういうことかと言うと、


バンデは長距離適性は高いので、ゆっくり長い距離を走らせたらしぶといマラソンタイプなんですが、

菊花賞はギアの切り替えも大事なので、

距離の融通が利いて、ある程度の瞬発力と持続力という総合力が問われるということなんです。



で、エピファネイアの2013年よりも今年のほうがおそらくずーっと雨は降っていますから、

同じ不良馬場でも今年のほうがよりタフに、より総合力が問われるレースになるんじゃないかと思うんです。


そうなると、


距離適性の幅が広く、

タフ馬場適性もあって、

持続力もある、


昨日のエアスピネル的な馬がここでの適性の高い馬と言えるのではないでしょうか。



これに乗っ取って軸を探すと、真っ先に浮かぶのがダンビュライトになるんですが、

ダンビュライトは追いきり気配が抜群というわけではありませんでした。

それと、鞍上の武豊さんはいまだによく重賞を勝つレジェンドなんですが、

土日続けて勝つことはありません。


なので、2、3着としては面白い存在というか、たぶん今回も3着だと思うんですが、

単や馬連では微妙なんです。



なのでダンビュライトは相手の筆頭ということで対抗○評価にします。



そうなると軸にしたいのは、頭までありそうで馬連でも期待が持てる馬です。



サトノサトノでどうでしょうか。



サトノアーサーは追いきり抜群、渋い馬場でもするどい脚を繰り出せて、

何より同じ里見&池江コンビなのに、前哨戦でアーサーは輸送のない神戸新聞杯、

クロニクルは輸送してセントライト記念と、

アーサーのほうが期待しているような扱いできた。



ただ、前走で掛かりまくって暴走気味に前に行ってしまったのは気がかりでした。

距離がさらに伸びるここで同じことをやったら今度こそ圏外です。

おまけにアーサーの鞍上は川田。

長距離で上手いというイメージはありません。



というわけで、狙ってみたいのはやや地味な印象のあるクロニクルのほうです。

反応がズブく、先行しながらキレ負けして、出し抜かれた相手を捕まえきれず取りこぼすというレースが続いていますが、

それってエピファネイアにも共通していることで、

キレの問われないここでは不利になりませんし、むしろじわじわ加速できる持続力の高さは武器になります。

追いきり気配はアーサー同様抜群で、折り合いはこっちのほうが利きます。


先行脚質ですし、何より鞍上が長距離に強い福永先生というのも強味です。

福永先生には昨日も期待しましたが、満点騎乗で4着。

僅かに及びませんでした。


福永先生にとって唯一の牡馬クラシックタイトルをもたらしたエピファネイア以来の不良馬場の菊花賞。

エピファネイアと同じように乗ってくれればチャンスはあるんじゃないでしょうか。


それと、福永先生は今年GⅠを勝っていません。

デムルメにやられ続けていますが、そろそろ出番じゃないでしょうか。


不安材料を挙げるとしたら、前に行きたい馬が多いので、

展開利は後ろに働くかもしれないということです。

まぁ、そうなったらアーサーに仇を討ってもらえばいいですね。



あとは、距離の融通という意味では最も幅が広そうな実力馬アルアインと、


ここがメイチ、鞍上岩田で不気味な差し馬ベストアプローチまで入れて予想終了です。





◎⑪サトノクロニクル
○⑮ダンビュライト
▲⑧サトノアーサー
△⑯アルアイン
☆⑩ベストアプローチ


ここはなんとか当てたいですね。

福永さん、最高の騎乗をしてくれました。

予想どおり、◎レッドアンシェルの近くのゲートはみんな控える馬だったので、内から前に行けました。

最短距離をひたひたと。

直線外に出してたらどうなっていたかとも思ったんですが、

おそらく内ラチ沿い1頭分スペースだけは周りに比べて馬場は良かった(幾分マシだった)と思うんです。

なので、単純に力が足りなかったのかなと思います。

惜しむらくは、ペースが早かった。これに尽きます。


こういうタフな展開としぶ~い馬場なら○エアスピネルは強いです。

そう。エアスピネルって強いんですよ。


GⅠも出しきる展開になれば勝てると思います。


次は大得意の京都でマイルチャンピオンシップがありますね。

おそらく一番人気かそれに近い支持を集めると思います。

元々京都専用機ですから、一世一代のチャンスだとは思うんですが、

夏の洋芝を使って、不良馬場のここで激走して、

少しの間隔をあけて本番ですから、疲れが残っていなきゃいいんですけどね。


エアスピネルに限らず、これだけの不良馬場でこれだけの激闘を繰り広げたわけですから、

富士ステークス組に関しては次走は疲労を考慮したほうがよさそうです。


▲ロークエはいよいよ厳しいですね。

後ろで溜めたクルーガーが来るくらいの消耗戦だったわけですから、

本当はこの馬が来なきゃダメなんですよ。


でも全然来なかった。


出遅れて、掛かりながら上がっていって、

直線では一番馬場の悪いところを通って、

そして早々に脚が上がる。


まぁ、この馬場もダメだったのかもしれませんが、

折り合いも欠いていたし、ちょっともうダメかもしれません。



3着クルーガーに関しては追いきりが良かったので前走よりはいいレースをするかなというイメージはありましたけど、

道悪がいけるか微妙だと思ったし、何より後方脚質なので、

前残りに張ってた以上、狙うことは出来ませんでした。



馬券のほうは完敗だったわけですが、


レッドアンシェルに◎を打って後悔はありません。


ブレずに貫いた結果、

そしてレッドアンシェルがやってくれるであろうレースを期待どおりにやってくれた結果の、

僅かに及ばなかった4着なわけですから。

このスタンスで予想を続けられれば近いうちにまたしっかり獲れるという手応えはあります。


ひとまず明日、不良馬場の菊花賞ですね。


福永先生、今日の借りを返してくれないかなぁ。

先週、前日予想は良くないと書いたんですけど、

明日はどうしても時間を作れない可能性があるので、今夜のうちに予想を書いておきます。


といっても先週のアポロノシンザンみたいに想定7番人気から、

フタを開けてみたら1番人気でしたなんてことには絶対なりえない馬で勝負しますので、

オッズ的なガッカリは無いと思います。


さて、今週はとにかくずっと雨が降っていましたね。

明日も降るようですし、馬場は重いとみて間違いなさそうです。

で、考察で書いたように、今の府中はとにかく低速馬場です。

おまけに馬場がめちゃくちゃ荒れています。


次を見据えた実績上位馬にとって、こんな馬場コンディションで勝負かける必要は皆無です。

もともと逃げたい馬はいませんし、ここはスローになると見て間違いなさそうです。


スローになった場合、有利になるのは基本的には前に行く馬です。

馬場も荒れていますから、前に行く馬は必ず一番マシなコースを通ります。


後ろからの馬が前の馬を抜くためには、馬場の悪いところを通っていかないといけないので、

とにかくひたすら不利になります。



例外があるとしたら超どスローになって、団子状態で直線を迎えるパターンです。

そうなると前にいても、馬場のよい外に出そうとしてもすぐに後続が横から並んできますから、

逆に差し馬が有利になります。



この2つ、スロー前残りか、どスローヨーイドンで差し有利か。


今回の◎はスローの前残りになったときにオイシイ馬で勝負します。






◎②レッドアンシェル





これでいきます。

内枠に入りました。


1枠には逃げないサトノアレス、

すぐ外には控えたいブラックムーンとガリバルディ。


この配置なら前に行こうと思えばすんなり出していけますし、

むしろ内枠で控えても何のメリットもありませんから、

ここはビッグアーサーよろしく、福永先生は先行策を選択するんじゃないでしょうか。


元々札幌の稍重馬場で前に行って圧勝したこともありますし、

重い馬場は合うと思うんです。


ここで勝たないとマイルCSに進めないという懐事情もありますので、

追いきりでも気配の良さが伺えました。


その追いきりでは前で待って並ばせてから追うという調整をしていましたから、

今回はおそらく前に行くことを考えているはずです。


この馬場ですから、前残りを狙って他にも前に行きたい馬は出てくるはずで、

そうなると超スローのヨーイドンにはならないんじゃないかなと思うんですよ。



ならば、この馬が前に行って主導権を握り、

そのまま馬場のいいところを選んで押しきってくれればいいんじゃないかと思いました。


斤量も軽いですし、ここはチャンスありますよ。


内で控えて前が壁みたいなバカ騎乗はさすがにしないと思いますしね。





対抗は○⑥エアスピネル


まぁ、圏内は堅いでしょう。


考察ではパンパンの良馬場がいいみたいに書きましたけど、

そうでもないかもしれません。


というのは、たしか、2歳のころ、渋い馬場のレースで、

一番人気のシュウジに圧勝してたことがありましたよね。

キンカメ産駒だし、こんな馬場はむしろ走るんじゃないかと。


それに、夏に一度叩いて、今回はメイチなんじゃないかと思うほど、最終追いきりが良かったです。


前に行きたい馬にとっては絶好とも言える4枠⑥番を引きましたし、

ここはまず来るだろうと思います。




この2頭で勝負なんですが、おさえでもう1頭だけ選ぶなら、


▲⑧ロードクエスト



あくまで超スローになった時にしか考えられない馬なんですが、

期待の◎レッドアンシェルが前に行かずに、どスローになってしまったら、

この馬が外から突っ込んでくる可能性はあると思うんですよ。


追いきりがめちゃくちゃ良かったですし、

ここ数戦ほどノーチャンスじゃないと思います。



というわけで、




◎②レッドアンシェル
○⑥エアスピネル
▲⑧ロードクエスト




基本は◎○で。

◎が飛んだときは○と▲で拾う。

そんなイメージで買いたいと思います。

このページのトップヘ