先週のボウズをなんとしても取り返したい!


というわけで、ここは勝負レースです!


日曜の中京メイン、神戸新聞杯の考察をしていきます。


シャフリヤールとステラヴェローチェのダービー1、3着馬が出てきますね。


ただ、3番手以降は混戦模様なので、どうにかこの考察で見極められたらなとおもいます。



では、みていきましょう。












Aシャフリヤール(福永)・・・誰も勝てなかったエフフォーリアに唯一勝った馬。ダービーではスローからの追い比べに勝利。エフフォーリアは最内枠から絶好の立ち回りを見せたのに対し、こちらは直線で狭いところから伸びてきて、エフフォーリアを内から差しているので、着差以上に力の差はあったように思う。1800では少し短い印象だったので、この2200という条件は合いそうだ。鞍上は中京の福永、流れてもスローでもいけるので、ここは特に嫌う要素はない


Bステラヴェローチェ(吉田隼)・・・ダービーは後方から上がり最速の脚で伸びてきて、最後は首の上げ下げの差で3着争いを制した。直線の長い東京2400という条件だったから届いたわけで、少しでも短ければ届かなかったと思う。渋い馬場には強いので、渋れば渋くなるほど圏内の可能性は高まるが、パンパンな良馬場のままなら、勝ちきるのは難しいんじゃないかと思う。共同通信杯のような、良馬場スロー、上がりだけの勝負になると怪しいかもしれない


Bワンダフルタウン(和田竜)・・・ダービーのように、メリハリの効いたスローになるよりは、青葉賞のようにワンペースのラップのほうが力が出せる。つまり、脚は分散されたほうが良いタイプなので、ここがどスローから上がり3ハロンだけのレースになるとキレ負けする怖さはある。外枠を引いてスローペースで控えると圏内を逃す危険性が増すので、イーブン~前傾ラップを非外枠で進めたい。速い上がりが使えないため、色々重なるとかなり危険かもしれない








Cイクスプロージョン(松山)・・・好位競馬をするが、ここに入って通用する力はないだろう


Aキングストンボーイ(ルメール)・・・共同通信杯は内枠で出遅れつつスローという最悪な状況で、それでも直線内ラチ沿いからしぶとく伸びてきて4着。その時2着争いをした馬はその後軒並み重賞を勝っており、僅差の3着がシャフリヤールだったことを考えると負けて強しの内容だった。また、当馬以外の掲示板4頭は皆外からきており、伸びない内を通してここまで走ったことは改めて評価できる。青葉賞は共同通信杯と同様に直線内ラチ沿いの狭いところから伸びてきたが、脚色が同じになり、最後ワンダフルタウンと首の上げ下げで敗れた。仕掛けたときの反応の良さが武器なので、距離短縮で直線も短いここは力を出し切れそう。打倒シャフリヤールの筆頭候補になりそうだ


Cシゲルソウサイ(?)・・・2走前は周りの馬がバテたこともあって中京2000で突き抜けたが、それは弱メン相手に展開がハマったことによる着差であり、ここに入ってどうにかなるような話でもない。ここでは厳しいだろう


Bセファーラジエル(鮫島駿)・・・かなり乗り難しいタイプのようで、折り合わないと平凡なパフォーマンスに終わる。反面、前走のように上手く折り合うと良い脚が使える。スタミナは豊富にあるので、早めに動き出すことができれば、中京適性と相まって、圏内争いは可能かもしれない。引っ張る馬がいないときに、鮫島克駿は仕掛けてくる騎手なので、思いきってハナを取りに行き、早め早めに追いだして、ロンスパに持ち込むかもしれない


Cテイエムタツマキ(?)・・・明らかに地力不足。ここではどうにもならないだろう。そこそこ前には行きたいタイプなので、出てくればハナを取りに行くかもしれないが、ペースを引き上げるほどではないはずだ


Cモンテディオ(池添)・・・力不足の差し馬。ここに入って圏内に入ってくる力は持ち合わせていないだろう


Bレッドジェネシス(藤岡康)・・・中京2200の重賞を勝っているが、かなり乗り難しいタイプに見える。前に行って伸びなかったフリージア賞のトラウマがあるので、それ以降は必ず控える競馬を選択している。京都新聞杯はキレイに差しきったが、それは逃げたルペルカーリアが差して下さいというラップを刻んだため。まともな末脚勝負になったダービーでは鞍上の乗り方も良くなかったが力負けした。藤岡康太へのスイッチでパフォーマンスを上げてくることは考えにくく、シャフリヤールを逆転できる感じはしない。狙っても紐までだろう


Cヴェローチェオロ(?)・・・じわっと好位競馬をするが、ここで通用するレベルにはない








前に行く馬がいません。

見え見えのスローが想定されます。



こんなとき、仕掛けるのは鮫島克駿騎手です。

大胆な逃げを敢行するかもしれません。





それがなくて、フツーのスロー競馬になると、考察A評価2頭のワンツー決着の可能性が高くなりそうです。


とにかく、ここは、なんとしても当てたいですね。


シャフリヤールが1倍台の人気になるのなら、

この馬の単複では勝負できませんので、

組み合わせの馬券になるでしょうね。



















あー、まぁ、確かにあるかもしれないとは思いました。


それゆえの☆アサマノイタズラだったんですが、参りました。


そうなんですよ。


この馬、まともに力を出しきったことがなかったんですよ。


それくらい嶋田騎手が今まで強烈すぎるヘタ乗りをしてたってことなんですけど、


展開も向いたとはいえ、田辺騎手が乗ったら、こんだけ強い競馬ができちゃうんですね。


いつだかのミルコ騎乗マイネルファンロンみたいな感じですかね。



うーん、内で溜められる馬で括れば、ここに辿り着けないこともなかったんですが、


それにしても、勝ちきるほどとは・・・。



今週はしっっっかりと考察できたと思っていて、

アサマノイタズラに関しても、














Screenshot_20210920-155932








これくらいばっちり警戒してましたし、


これまでの成績からさすがにAを打つのは躊躇われるというので、

最上級評価をしたつもりのBだったんですけど。




うーん、悔しいな。



大きく当てた翌週はダメなことが多くて、


より確実に当てられる馬はどれかなと慎重になった感は否めません。



大胆にいくか、堅実にいくかはなかなか判断が難しくて、


今週はそれが上手く噛み合いませんでした。





ソーヴァリアント来ましたね。


すいません。


で、でも勝てなかったでしょ??



だから土下座はしませんよ。




◎ルペルカーリアには苦しい流れになったなと思いました。


特にスタートが悪くて、最初のコーナーのところではかなり悪いポジションだったことも良くなかったです。


まぁ、そこからジワジワ上げていって番手競馬に持ち込んだのは流石だなとは思いましたけど、

やはり、苦しい流れでしたね。



今、考えると、上位人気がみんな前に行きたい馬だったので、

展開利は差しに働くかなとは思いますね。


内で溜めて~、内枠の差し馬がいいかもみたいな。



そしたら未知の魅力でアサマノイタズラという手はあったかなと思います。




今週はしっかり考察できたと思うんですが、


予想の持っていきかたがダメだったように思います。




来週はそんなことのないように、取り返したいと思います。













今週の収支
0/12000円


トータル収支

374940/391000円


回収率
96%



ダメもと3連単
100/9600円














ソーヴァリアントって最強だと思ってない??



そんなことぜったいないから。


たしかにここ2走は圧勝してるよ。


でもそれってめちゃ弱い馬を相手に、3歳54キロ、

平坦コースをどスローから仕掛けただけの話だから、

それで今回この人気ってのはぜったい過剰だから!



だいたい、トサキングが2週続けて重賞勝つとかないっしょ!!



オルフェーヴル産駒は力の出せる形になった時は強い走りをするけど、

そうならなかったときは脆いって傾向あるからね。


セラピアって馬がそんな感じだった。


だから、ここでは疑ってかかる。


来たらごめん。


勝っちゃったらまじごめん。


圧勝しちゃったら土下座する。


というわけで、ソーヴァリアントは切ってみた。






ここは流れるんじゃないかなぁと思ってたけど、


ノースブリッジは控えるっぽいね。


まぁ、確かにここ2戦は逃げてイマイチの結果に終わってるから、

ここらで控える策に出るのはわからないでもない。



となると、ルペルカーリアとタイトルホルダーが前に行くのかな。


前走で友道さんが、ルペルカーリアの理想は番手競馬って言ってたから、

もしタイトルホルダーがハナに行ったら、

いっくんはすんなり譲るんじゃないかなぁ。



そしたらペースは落ち着くよね。



トリッキーなおにぎり型のコースで、


向こう正面を過ぎたあたりからロンスパになるのかな。




そしたら、合うのは、


ロンスパに対応できる、キレずバテずの持続性脚質、


馬の地力もあって、鞍上も頼もしい。


そんな馬を狙いたい。
















◎⑪ルペルカーリア!!!








あー、これ、来る馬じゃなくて、


来てほしい馬になっちゃってるかなぁ・・・。




まぁ、これでダメならボウズだし、

反省して来週同じ過ちは繰り返さないようにすればいいだけ。


感覚的には先週当てた時と同じイメージで予想したつもり。



まず、春のクラシックをさっさと諦めて、

ここに向けて何ヶ月も調整してきたことを評価したい。



あと、ダービーはシャフリヤールがいっくんで勝ったでしょ?


そのシャフリヤールが毎日杯に出てきたとき、

いっくんは後のダービー馬じゃなく、こっちを選んだんだよ。



デビュー戦のダメダメな頃からずっっっと乗り続けてきて、

この馬を育て上げてきたわけ。



名門友道厩舎、ノーザンファーム仕上げ。


距離はこれくらいがよくて、展開もハマりそう。


だったら、この馬を狙わないのはナンセンス。


元々超良血だから、成長曲線がここらで上昇カーブを描いてきてもおかしくはない。


この人気で買えるのはここが最後と信じたい。



というわけで、ルペルカーリアでいってみる。



相手はタイトルホルダーとグラティアス。



あと、嶋田から田辺の鞍上強化でアサマノイタズラを少しだけ。








◎⑪ルペルカーリア
◯⑦タイトルホルダー
▲⑬グラティアス
☆②アサマノイタズラ


単勝◎1000円
ワイド◎ー◯▲1000円
ワイド◎☆500円
3連複◎◯▲500円


ダメもとはひねって◎◯☆でいく!




トサキングの2週連続より、いっくんの2日連続に期待!!!!!






↑このページのトップヘ