法律事務所を開設しました(´・ω・`)

  • author: i_pan
  • 2017年07月31日

ついに、8/1付けで、僕の法律事務所を開設することになりました。

場所も都内の某駅直結で、すごくオシャレな感じです。

弁護士になって早数年。

予定よりもかなり早く独立することになりました。

元々、独立採算でやっていたので、事務所を開設してもそこまでの感動はないのですが、
自分の事務所を構えるのは、やはりいいもんですね。


これまで、アソシエイトとして、企業法務畑を渡り歩いてきたので、こらからも引き続き、toCではなく、あくまでもtoBにこだわって、仕事をやっていきます。

【法律記事のライター募集】僕らと一緒に働きませんか?

  • author: i_pan
  • 2017年07月19日

【法律記事のライター募集】

お久しぶりです。突然ですが、企業法務に関する「法律記事(コンテンツ)」を書いていただけるライターを募集しています。

法律事務所と新会社(「IT×法律」)のHPに、日々、法律系のコンテンツをアップロードしているのですが、日々の処理におわれて中々手が回りません。

そこで、僕の代わりにコンテンツを書いてくれる①法律の知識があって(できれば元司法試験受験生)、②ライティング能力があり、かつ、③僕が作るITの新会社(ないし法律事務所)で最終的に正社員として働いてくれる方を募集します!

ゼロから書き上げる必要はなく、①コンテンツのネタ、②構成(何を、どの順番で書くべきか)までは、僕らの方でやるので、そこまで負担はかからないのでご安心ください!

最初は、何本か記事を書いてもらい、(えらそうですが)力量をチェックさせていただきます。そして、その中でも優秀なライターの方には、僕の作る会社の方で正社員として今後、一緒に働いてもらいたいと考えています。

僕の作る会社は、2019年12月にマザーズに上場します。「IT×法律」(いわゆるリーガルテック)を事業のコアとした会社で、弁護士ドットコムをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

まだまだ弱小の会社ですが、必ず、2019年12月にマザーズに上場させます。
やる気のある社員には活躍する場と成果に応じた報酬をきっちりと与えます。優秀な同僚、福利厚生もきちんと整って、なおかつ、キレイでおしゃれなオフィスで、それでもって、ワクワクした仕事のできる環境が整った会社です。

僕らのやる事業は、日本のリーガル市場に革命を起こす可能性を秘めています。
リーガルテックの分野で成功した企業は、弁護士ドットコムしかありませんが、僕らも、弁コムを超える圧倒的なサービス・価値提供をして、日本の「法務インフラ」といえる企業体を目指します。

法律事務所の方も、企業法務の市場をどんどん制圧していきます。
大手の顧問先に対しても、ガンガンリプレイスをかけていきます。 現時点での事業計画では、2018年12月の時点で、顧問先数は131社になります。順次顧問先も増やし、2019年上場時には、200~300社の顧問先を獲得しています。

無意味に事務所の規模を拡大することはせず、少数精鋭ながら、大手にも伍する力を持ち、なおかつ、クライアント目線のサービススピードと価格の法律サービスを提供していきます。

toC向け大手法律事務所のように、商品の安売りはせず、かといって、toB向け大手法律事務所のように、無意味なタイムチャージをつけてクライアントの費用感を無視した価格設定もしない。最高水準のサービスを提供し、なおかつ、クオリティに見合った価格でサービスを提供する。弁護士業界に、このような事務所は、僕が知る限り、まだありませんが、僕らは、そんな法律事務所を作り上げていきます。

このように、会社も法律事務所も、いずれも業界に革命を起こすサービスを提供していくつもりです。

そんな会社・法律事務所で、僕らと一緒に働きませんか?

話しはだいぶそれてしまいましたが、
取り急ぎは、
①法律の知識があって(できれば元司法試験受験生)、
②ライティング能力があり、かつ、
③僕が作るITの新会社(ないし法律事務所)で最終的に正社員として働いてくれる方

を募集しますので、ガンガンお問い合わせください!

もちろん、記事を納品していただいたら、報酬もお支払いいたします。


※お問い合わせいただく際には、非公開設定にするので、
①氏名
②年齢
③属性(現在の職業)
④電話番号
⓹メアド
⓺正社員としてガチで働く意思があるのか(ある、なし、の2択でご回答ください。)

をコメント欄に記載していただけますと幸いです。

事務所選びは難しい(´・ω・`)

  • author: i_pan
  • 2017年06月04日


先日、7月の開業にむけて事務所の内覧へ行ってきました。

場所としては、六本木を予定していたのですが、何ヵ所か見てみたものの、僕たちの希望にマッチした事務所がなく、

結局、表参道にある事務所に決めました。


事務所選びにおいて重視していることは、

僕も含めたメンバー全員が気持ちよく、かつ、高いモチベーションを維持して働ける環境か

という点です。

実際に選んだ事務所は、

◼オシャレ
◼窓側の部屋で、光がたくさん差し込んでおり、フレッシュな気持ちで働けそう
◼街全体に活気がある

という要素を持ち合わせており、僕の求める条件をある程度満たしていたので、そこに決めました。

※ただ、3ヶ月ぐらいで、弁護士や事務員さんが増える予定だから、手狭になり、すぐに移転をすることになるかもしれないが。






DSC_2606

朝の帰り道

  • author: i_pan
  • 2017年05月30日

ようやく仕事に一区切りつき、帰り道。

弁護士になってからというもの、ほぼ毎日がこんな生活だ。

だけど、ほしい結果・目標を達成するためには仕方ない。


圧倒的な仕事量が、圧倒的な結果を生む。

そう確信しているから、僕は、誰よりも働き、最短ルートで、目標を達成してみせる。


DSC_2589

企業理念

  • author: i_pan
  • 2017年05月30日

 事業会社を作るにあたっては、企業理念を持たないとダメです。

 

 法律事務所も会社と同じだと思うので、事務所(会社)経営における、理念を打ち出さないといけません。

 


 企業理念は、

 

①迷ったら苦しい方を選択し、
②最悪の事態を想定して悲観的に物事を考え、
③実際に行動をするときには、楽観的に前向きに行動する。

④妥協のない環境で、目標を同じくして、圧倒的な熱量をもって仕事に取組み、
⓹圧倒的な結果を残す。

⓺その結果をもって、社会を変革し、人々の中に永遠に存続して、どんな時代においても、社会に圧倒的な価値を提供し続ける会社(事務所)にする。

 

かな。

 

マイナーチェンジは今後ありえるかもしれないけど、基本は、↑のような理念で、これから仕事をしたいと思っています。

ページトップに戻る▲