忙しい時の小ネタですね。いまペツルのビンディの記事を書いてましたが筆がなかなか進まず。こっちを先に紹介です。



マウンテンハードウェアの初期ハードシェル製品の代表である、エクスポージャパーカが最新技術でラインナップに復活です。



スクリーンショット 2019-02-06 22.59.12

 
お値段は ¥78,000 (税抜) です。
なんか毒々しい色使いですが(苦笑)・・・





ちなみに初代のエクスポージャパーカはこれ。



スクリーンショット 2019-02-06 22.51.37


自分、普通にこっちが好きだけど。いいデザインだよね。





ちなみに自分が初めて購入したハードシェルがエクスポージャパーカなんです。1996年かな。当時の価格が神田のヴィクトリアで ¥49,800 (税込)だったと記憶しています。ホコリ被ってますが、これです。


スクリーンショット 2019-02-06 23.03.44


(汚くてすみません・・・)



一番活躍したのがシーバス釣り&バス釣り。もちろん岩手山登山等にも使用しましたけど、とにかく釣りには着てました。そして雨の日でも構わずに釣行!でした(笑)それも全てこいつのお陰なので、未だに感謝しています。また雨の日に傘をささずに出社(購入当時に)、周りのみんなが困惑してて(かなり変な奴)、1人で内心ニヤニヤしていました。うちの師匠がまだ同じ会社にいた頃だったので、師匠はノースフェイスのマウンテンジャケットのブルーを着てて、『このやろう、お前やりやがったな(笑)』と、やっぱり傘をささずに一緒にニヤニヤしていたことがなにか懐かしい。ゴアテックス?なんじゃそれ?って人が当時は殆どでしたから。

自分がブルーのエクスポージャを購入したのは、師匠が着ていたノースのマウンテンジャケットのブルーがとてもカッコ良かったからで、今でも自分のカラーの基準はあのノースのブルーなんです。(師匠はアメリカでアウトドアショップの店員にせがまれ、あのジャケットを譲ったそうです。)とてもよいブルーで、時々、今もノースのブルーであの色に近い色を見ると、凄い懐かしくなってしまう。


そしてなんと、1996年当時のマウンテンハードウェアの代理店(契約製造元?)はアシックスでした。

IMG_5634


(でも中国製か・・・)






今度、綺麗に洗濯してあげて、北アルプス登山デビューさせてあげようと思います。

















(道具も人も山に向かうべし・・・)








ISTR



 
カメラランキング
ソロキャンプランキング