2019年01月22日

「いだてん」面白いっ!



録画してたの一気に観ました。
面白い〜〜〜!!!
そりゃ大河ドラマは「黄金の日日」一押しな私ですから
「時代劇からとうとう離れるのか‥‥」と思ってたし
クドカンも「監獄のお姫さま」はイマイチついていけなかったもので
どうかな〜どうかな〜〜と思ってたんですが
面白いったら!!!
初回分に散りばめられたアレコレが2話3話でどんどん回収されてくし「そういうことだったのか」と納得納得だし、
役者さんはほぼ(お二方だけちょっと苦手だけど)全部好きな方だし
あれだけてんこ盛りに主役級役者だしてクルクル時代も行き来するのに混乱しないし
何より「疾走感」が半端ない。「時代を今生きてる人間たちの息づかいや汗やら」が伝わるの。
面白い。
これってセットだからとかロケだからって関係ないのよね。
あ〜嬉しい。来年も「いだてん」で良いですよ〜。 
爆笑したり笑いながらも心がきゅう〜とないたり、
観終わった後ニマニマしてたり来週が楽しみだ〜って思ったり
大河に近現代?って思ってたけど面白かったらいいわ。
おたのしみ日曜大河になりました。
主人公2人は好きな役者さんだし綾瀬はるかさん最高!って叫びたくなるし
勝地涼さん森山未來さん、みっんなキラキラ生き生きしてる。
一年間たのしみです〜♪



そりゃ毛玉だらけでも可愛い十和だけど
190122

あんたいつから「売上No.1」に‥‥‥‥笑
190122-02
 買い物袋に頭つっこむから。笑
(因みにチューブタイプのワセリンについてたヤツ)


おひさま浴び浴び みこちー
190122-03
お尻が昨日からまた怪しいので今日は捕まえなくちゃ‥‥。ため息。

み「かーちゃん、みぃことか最近はみこちーとか色々呼ぶから混乱すんね。
だいたい元々は本名は「みとん」じゃろ」

‥‥‥「み」がついたら君だと思って。 

i_yumemi at 20:53|Permalink

2019年01月19日

ボヘミアン・ラプソディ




観てきた。昨年観るつもりだったのが行けなくて
「どうか来年も上映してますように」と祈ってたけど良かった。

冒頭から「おわっ」ってなったけど
ラストの「ライブエイド」シーンで
「ママ‥‥」と「ボヘミアンラプソディ」 が始まった辺りから胸が痛くて
「We Are the Champions」はもう泣くよ。泣いたよ。泣きましたよ。

繊細で弱くてただならぬほど孤独で、そしてなんという力強さ。

全編にながれる曲と相まってこその心揺さぶられる映画でした。

P.S.猫たちもみんなみんな良かった





日輪「丸っこいの転がすの、私も上手よ〜♬♩♫♪☻☺♪♫♩♬」
190118


ひ「勝ったんだって!アジアカップグループリーグ首位で
決勝トーナメント進出だって!まじか!あたしも頑張る!」
190118-02

なんだかなんだか楽しみです、森保ジャパン。


 

i_yumemi at 03:07|Permalink

2019年01月16日

ちょっと社会復帰(笑




エド・18歳と7ヶ月
こんなに赤ちゃんのようになりました
190116
子供の頃の表情と一緒です。
甘え方が歯止め効かなくなってきました。愛しいしかない。
アインと同じで耳はほぼ聞こえなく、目はまだ見えているようだけど見えにくそうになってきてます。
後ろからだと声かけながらでも触れると飛び上がるほど驚くので
前に回って大きい声で「エドち!」と目を見て言ってから触れます。
おしっこを今までスプレーはしたものの、私の食事時の座卓なんかでする事一切なかったのに
乗ってじゃーじゃーしてるのを見た時は「これが続くとメンタル持つかな私」と思いもしましたが
結局いとしいが勝ちますね。
薬はやめて大分経ったけど代わりに‥と言いますか、薬ほどの成分は無いだろうが似た働きをする「亜麻仁油」を飲ませてます。これが好きらしく自分から「ぺろっち」と舐めるので、互いにストレスフリー。「自分に不足しているもの・欲しいものは体がわかるのかな」とかね。思ったり。それが薬でなく食品からなるべく摂れれば。
亜麻仁油→オメガ3脂肪酸→血流改善・血圧下げる効果が期待される。
腎臓と血圧は互いに深い関わりがあって、
ゲロしまくりの水も飲まずの口臭までしてきたエドを見て「中止!」と辞めた薬は
まさに元々は(人間の)高血圧改善のため開発された薬なんですね。 
亜麻仁油は幸い自分でも日々摂っていたものなので、いつでも手元にあるし、エドが「もういらない」するまで与えるつもり。あとは毎日飲ませてるのはビオフェルミン。
あとはひたすら時間があれば抱っこ。くっついてくっついて安心だ互いに。これが一番の薬なのかもってやはり思ってしまいます。
その時が来るまで、こんなふうにしながら日常を生きようと思ってます。


みこちー
「あら 丁度良い足置き見つけたわ」
190116-02
いや、みこちー、それ、かーちゃんの!
腰痛くて正座するの辛くて買った「正座する時のちょっと足が楽なラクチン椅子!」
「いや〜〜ん」と可愛い声だして離さないので、すっかりもうみこちのモノになりましたとさ。


仕事中、時間帯がグッシャグシャになっていたので
本日やっとこさ人間が起きてる人多数な時間帯に起きられたので4ヶ月行ってなかった美容院に行けた!カットしてもらったら気分が切り替えられそうな感じに。♪
やっとこさ社会復帰できそうです。

そうそう、原稿上がり翌日に母のいる「認知症専門療養型病院」へ面会へ行こうと思ってたら
上がった日に「インフルエンザが注意から警告に変わったので、ここから少なくとも一ヶ月は面会禁止となります」と病院から。
そうか。そうか。
ここは普段面会に行く時でも体調聞かれたり必ず体温測ったり厳しいですので納得。
つい2・3日前老人施設でインフルエンザでお二人亡くなったとニュースもありましたもんね。
でも直前に母と会った東京の姉夫婦が「なんとつたい歩きしてて自分らの事も母から呼ぶし、元気になって退院するんだと穏やかだったよ、びっくり」と聞いていたので安心して待っていられます。
こちらの病院は、うん、今までで一番良いように思う。

さあ社会復帰じゃ。
まず録画溜まった溜まった溜まりまくったテレビを再生しよう(どこが社会復帰 笑)
 

i_yumemi at 22:07|Permalink

2019年01月11日

平成最後の年



190111のコピー

モデル・すばる


原稿上がりました。あああ〜厳しかった。
まだ数日眠りまくりたく思います。

なにはともあれ
年賀状も作れず遅れてしまいましたが
今年も宜しくお願い致します。




i_yumemi at 22:06|Permalink

2018年12月31日

良いお年を!!



ぶーたれ十和っこ。
(だって遊んでくれないんだもん)
181231


大風邪2週間はかなりヤバかった。
甚だしく仕事遅れまして、年末年始だけはゆっくり出来る算段もすっ飛び
ひたすらひたすら原稿カキカキしてます。
なんとか締め切りに間に合いそうかな、という所まで辿り着けたところ。
ただしお休みなしでで、です。

いいの。もう。紅白も観たいのは「DA PUMP」くらいだし。
あとはドラマなどは録画。
あ。おディーン様が「レ・ミゼラブル」の平成日本版ドラマやるそうで
これはドキドキだす。
「モンテ・クリスト伯」はうまい具合に現代日本にハマってましたが
レミゼ‥‥どうだろうか?
でも期待。
ただ頭の中はミュージカルで全編記憶しちゃってるくらいなので
歌なしのドラマ、どんな感じなんだろ?
帝劇の舞台の方の「レミゼ」は5月頃観に行く予定だけど。
(おディーン様とは関係なし)

今年は年賀状制作もままならず
もう寒中見舞いで失礼させて頂こうと諦めました。 

母はバタバタとありましたが、「療養型病院」に転院し、
一度しか会ってませんが、拘束がない事でイライラは落ち着いているよう。
昨日兄夫婦が面会行った折には「立ってエレベーターのところで待っていた」そうで、勿論看護士さんに支えられてですが、良いビックリがあったようです。
来年は少しでも落ち着けますように。本当に。

猫っこ写真も撮れてませんが
5匹無事新年を迎えられそうです。 
エドはアインとほぼ同様の状態で坂を下り始めてます。
ほんと、よく似てます。
より一層、時間を大切に過ごすんだ。

日輪は毎晩私の右側で眠ってくれてます。
アインいないので、日輪の温もりがより温かく感じられます。

十和は元気。遊び足りなくて文句言うけど、もうちょっとだよ!お仕事終わったらいっぱいね。

すばるも変わらず寒がりの甘えっ子満開。
尿が溜まっておられず頻繁にオムツに漏れるようになりましたが、年を考えれば毎日絞ってる膀胱が弱るのも仕方ない。日々大事に生きようね。

みこちーは
またまたまたまたお尻具合悪くなって、昨日大変でした。
が、飼い主と一緒に頑張って今日は気分良いらしく「いや〜〜あん」と変な声でなきながら甘えてきてます。不具合あると辛いもんね。

我が家はこんな感じ。
私はもう風邪引かないぞの意気込みだけは凄い。

ネギと生姜と蜂蜜の消費量、半端ない。笑。


引き続き原稿やりまーす。

平成最後の年が明けますね。
みなさま一年お疲れ様でした。
どうぞ良いお年をお迎えください! 

i_yumemi at 18:29|Permalink

2018年12月03日

風邪引き中のネームはキツイ‥




温めてくれてるエド
181202-03
うそです、仕事の邪魔さんしてます。


先週の月曜から体調おかしくなって、あっという間に風邪の症状、
喉痛・咳・熱は37.0度を行ったり来たりのヤな感じ・頭痛・鼻水
が、良くなるかなーと思うと順繰りに繰り返し繰り返しやってくる。
参ったわ。ついでに左目真っ赤。結膜炎にまで。参ったわ〜〜!!

なんでこんな身体状況の時にネームなんだ。起きてるだけで辛いのにな。
頭ぼやけてて纏まらないし思考があっち飛んだり落っこちたりで
キツイ。薬飲んでドリンク剤も飲んでたら胃も疲れたみたい。
何とか50Pの脚本まで出来たので(毎度だけど途方もなくページオーバー話を割愛割愛‥‥何とか入るかな状態にもってこられた、という所。コマ切りはこれから)予告カットも今送ったので、ゆっくりは眠れないけど寝ます。
あー、 だいぶ遅れた。皮算用の予定から。

風邪ウイルスのお馬鹿。

はやくよくなりたい。


風邪引く前に遊びに来てくれた年下の友達と息子くん@5歳
181202
すばるが ずーーーっっっっと「されるがまま」になってて驚きました。
↑ こんなこと、普通させない。
何しても怒らないの、嫌がらないの。珍しいです。
悪意がどこにもないって判るのかな。 


日輪もずーーーっとペロペロ。
181202-02
飽きずにペロペロ。ここまでペロペロな日輪もあまりない。

若い命は触れるだけで楽しい。元気もらえる。
また来てね。すぐ大きくなっちゃうんだろうなあ。
動物好きな子、どう成長してゆくんだろう?おばちゃん楽しみ。


風邪ひいた月曜日、甥夫婦に第一子・長男誕生。
181202-04
 当分「おばあちゃんもどき」を楽しませてもらっちゃおう。
会いに行けるのはまだまだ先です。


老い(猫も人間も)とばかり向き合う現状なので
そんな中、若い命、生まれたての命は
なんとも希望と未来があって眩しく嬉しい。 

i_yumemi at 05:44|Permalink

2018年11月24日

みぃこ 母




みぃこがまたまた調子崩していたのでした。
昨日から浮上し、今日はほぼ回復。
181123
いつものように「食べない・飲まない・触れない・う◯ちが出ない」です。
今までの経験生かし、何とか対処出来ました。
体調悪くなると 布団に入るまで慣れてきたというのに「フー!シャー!」えらい騒ぎになるので捕まえるだけでもお互い大変なストレスで、いわんや獣医をや、で、可能な限り何とか苦心して対処してやろうと思う。
体調戻った今日はぐるぐる言ってひとしきりベタベタした後ご飯を食べた。よかったよ、みぃこ。


母の病院へも。
車椅子の時間が少しだけ増えた様子で、家族みんなで「このまま寝たきりまっしぐらか」と澱んだ時からするとこちらも少し浮上した様子。
車椅子を自分で動かしてました。角も上手に曲がって。暴走族になるんじゃないのか?笑
仕事サクサクやって(‥‥思うのは簡単)なるべく会いに行ってあげよう。

にしても、時々ニュースで「ホームで入所中の人同士が喧嘩でなんちゃら」ってあるけど
今日まさに危ない場面を目撃しました。
おじいちゃんがやおら立ち上がり椅子を振りかざして(すごい力)別のおじいちゃんに振り下ろそうと。
側にいたので咄嗟に止めようと動いたが看護師が早かった。えらい速度で止めに入った。こういうことがあるのね。椅子を持ち上げたおじいちゃんをもう1人がつっついていたのが原因だけど、どちらも認知症だからね。そして後ろで「あの2人は離さないとダメなんだ」としっかりした口調で言っていたおじいちゃんも認知症なんだよな‥‥‥‥。
 

i_yumemi at 00:29|Permalink

2018年11月20日

病院見学




紙フィルターの加湿器を買ってみた。
猫たちがバシバシていていぐちゃぐちゃにしないかと心配だったのですが、肩透かしなほどそんなことはなかったです。わー。


とわ「なんですか、これ」
181119
「くんかくんか」
181119-02
「食べられないです。うごかないです。あそべないです。つまらないです。」
181119-03

他の子も無関心。よかったよかった。



精神科の医師と面談、お話は今までと変わらない感じで
「認知症対応の療養型病院」を勧められる。
その足で、療養型病院へ見学。(アポはとってあった)

どんなところだべ〜〜って恐々としてたけど
対応してくれた方の考え方は共感できる部分もあり
「うちでは拘束はしません」の言葉もはっきり言われてたし
選択肢も狭まった中、こちらの病院に転院となりそうです。

拘束しない事は当然リスクもあるけれど
もうね、短い余生です。
暫くの間でも拘束といてやりたいです。
まあ、入ってみなくちゃわからない って事も多くあるとは思うんですが‥‥‥。

今日も医師との面談の前に母と会ったけれど
「手をね、しばるんだよ。おなかのところも。動けないんだよ。叫んでも誰も助けてくれないんだよ。
◯◯の家なんか2度と行かない!」と言ってまして、拘束されていた場所は他所の家に母の中ではなってますが、よほど肉体的・精神的に辛い辛い事だったんだろうと思います。
ちょっと想像してみただけだって、ベッドに縛り付けられて身動きできないって頭おかしくなりそうですもんね。

もしかしたらそこが終の住処か、その一歩手前になってしまうのかもしれない。
‥‥なんて、またまた骨折して病院行ったりきたりだの他にも感染症だなんだかんだ
ありますからなんとも分からないんですけどねー。

ひとまずは。ここへ。ひとまずは、暫し落ち着きたい。 

i_yumemi at 01:01|Permalink