2008年10月

2008年10月30日

対談vol3 【Buzz・えご対談part2 〜トップを取れない人たち〜】

こんばんわ。
では、今回は後編をお送りします。

【前編はこちら】
http://blog.livedoor.jp/iamddsas23/archives/436982.html


【戦法の確立】


雄山1
ある程度固まってくると、欲しいスキルってでてくるじゃない。コンボとか1発GC、AGとか。
       端的な説明だけど「練習して身につけるのが嫌だから出来ないことは捨てた」
       主流だったAG入力法は爪が痛いから止めたし、無敵技が欲しいからDFを使い
       始めた。
       1発GCは今もやらないし、笹塚レイレイみたいなコンボも自分には無理。
       コンボが出来ないからより多く攻撃を当てる方法や、攻撃を喰らわない方法を
       考えたな。

バーズ
いわゆる立ち回りね。

雄山1
自分は中段(低空や天雷)が遅いから、崩すのに投げを使ったりね。
弱点を正面から克服しないで、常に別の道を探す。
       無理するより安定で確実なのを。

バーズ
格ゲー強い≠コンボできる ではないわけだ。

雄山1
格闘ゲームって体力だけじゃなくて、時間があるんだよね。
この制限時間を上手く使わないとダメだと思った。

バーズ
おっ、それはあまり気づかなかった。

雄山1
倒すゲームじゃなくて、生き延びるゲーム

バーズ
なんか目から鱗が

雄山1
えぇ!考えてなかったんすか??

バーズ
だってほら、俺なんて勝っても負けても一瞬だし

雄山1
あー、そうなったのはさぁ、上手いやつには攻撃があたらないのよ、大AGとか完璧で。
       でも、こっちも攻撃喰らわなければそいつらと5分の引き分けなんだぜ。
       こっちの方がお得じゃない? みたいな。

バーズ
考えてみれば、AGとか重ねとかの要素技術みたいなものは、毎日セイヴァーやってるくらいのやり込み勢に張り合ったところで勝てるわけがないよな。

雄山1
そうそう。1発GCとかないよ、選択肢として。

バーズ
まあ俺が練習しなかったのは、単に練習していても持続しなくて、すぐ対戦したくなるからだったんだけど。 対戦が練習の場だった。


【認められた気がした】


バーズ
そういえば、あつたさんが言ってたけど、レイレイは使い手によって戦略が全然違って、間合いの狭いほうから 笹塚<デカ<<あつた<<<<えご なんだって。

雄山1
そうかもね。

バーズ
だから、えごレイレイはレイレイであってもほかの人とは違う、そこに強さがあるってことじゃない?

雄山1
うん。去年(第二回)のDCCのとき、あつたさんと話したんだ。
「最初のころは数少ないあつた動画をみて動きをまねようとした。
       でも、時が経つにつれて、あれはあつたレイレイだからできる動きで、自分の性
       格やスタイルで考えると全部が正解にはならない。
       だから、あつたレイレイを追うのは止めた」と言ったら、それを自分で気がついた
       から今の強さが・・・ みたいなことを言われたよ。

バーズ
ええ話やねえ

雄山1
やっぱ、分かるんだね。

バーズ
あつたさんは懐が深い
自分は今回のDCC前後の対戦で、やっと認めてもらえた感じがしたよ。(おもにや
       まかわザベルに)

雄山1
お、バーズ昇格

バーズ
(言っていいのか悪いのか)やまかわさんってさ、ホームページは「ガロン戦はやり尽くした」って書いてたんだよね。あ、昔の話ね。
       俺はそのやり尽くしたガロンってのが、俺の考えているガロンとは違うもので、今
       回やまかわさんに認めてもらえたってことは、それまでとはまた違った強さがある
       ことを証明できたことになったと思っている。

雄山1
おぉ、すばらしい。

バーズ
だから数年に渡る努力がやっと報われた気がしたよ。
そんなわけで俺にとっては今回の前夜祭は大きなターニングポイントだったんだ
       よ。

雄山1
まぁ、でもさっき言ったように、人の攻略を鵜呑みにして止まったらお終いだよね。
       攻略というか、ネタを書きためたものは持ってるけど、どこで使うか、どう組み立て
       るかのノウハウは全く書いてない。
       バーズも攻略持ってなかったっけ?

バーズ
ガロン攻略? ないよ。
あ、昔ちょっとやったけどビーストの当て方やモーメント入力のコツとかそんなん。

雄山1
え? あの北斗7星のやつ?(※)


※かつてBuzzがESビーストの拾い方を図にしたもの。
しかし、残念ながら凡人には理解できる代物ではなかった。

バーズ
北斗七星はきわめてレアな状況限定・・・
まあともかく、ビシャモンには中足振れとかそういう攻
       略は、レトロゲーのCPU攻略だけでいいんだよ。


【これから】


雄山1
で、バーズのターニングはどっち行ったの? 斜め上?

バーズ
いやー 同じ方向?(笑)

雄山1
突き破ったのか

バーズ
今までとスタンスは変わらないよ。基本的に仕事で忙しいし。
えごさんは? 次こそは、とか

雄山1
大会で優勝するのが目標だよ。ずっと前から変わらない。

バーズ
おおおおおお、じゃあ早く優勝しようよー

雄山1
いやー、それで勝てない人達なのが本題でしょー

バーズ
反省すること。これ大事。

雄山1
そだね。その辺はまた機会があったら話したいね。


【Buzz・えご対談 〜トップを取れない人たち〜】終


という訳で対談終了です。

自らの信念を曲げずに貫き、えごレイレイBuzzガロンスタイルを形成し、肉付けをしていった両名。

ある意味、自由度が高いセイヴァーというゲームを象徴するような二人と言えるのではないでしょうか。

そのプレイヤーにしか出来ない動きやスタイルを作り上げるのも大事な事かも知れませんね。

それに、色んな動きの人が居たほうが面白いしw


さて、この話しの続きは機会があれば次回以降という事でお楽しみに。
ちなみに、本人達は日夜セイヴァー談議をしているので、話題のリクエストは大歓迎とのこと。


最後にプレゼントのお知らせ
Buzzガロンが開発した、北斗七星の軌道を描いたビーストTシャツをプレゼント致します。
この対談の感想にBuzzガロンへの想いのメッセージを添えて当サイトまで。

一子相伝の奥義で描かれし軌道は、北斗七星!
Buzz「お前にも死兆星が見えるはずだ・・・」
抽選で一名様にサイン入りTシャツプレぶべらぁっ!
now_print

※プレゼントは諸事情により、中止になる可能性もあります。

iamddsas23 at 00:55コメント(0)トラックバック(0)対談 

2008年10月27日

対談vol2 【Buzz・えご対談part1 〜トップを取れない人たち〜】

どうも、DDです。
前回の告知の通り、当ブログは『前夜祭ブログ』から、『TECH.HIT』として生まれ変わりました。

ちなみにTECH.HITは、アドバシングガードや投げぬけに成功した時の例のSEです。
あの太い声が好きなんで、ブログ名に流用しましたw

これからはネタがある限り、ヴァンパイア話を綴っていこうかと思います。


では、新生ブログの最初の企画として、【Buzz・えごの関東古豪二人の対談】をお送りします。

セイヴァー勢の中でも特徴のある戦い方、考え方を持つ両名。
普段なら酒を飲みに行っても聞けないような珍しい話が盛りだくさんです。
今回は前編になります。

雄山1
えご

バーズ
Buzz

両名による人物紹介

Buzz
関東の番犬。第三回DCCベスト8と十分な成績を残す。関東人には馴染み深く、闘劇やモア時代からガロン一筋プレイヤー。独特のプレイスタイルゆえに、彼の実力を見抜くにはかなりの鑑定眼が必要。

えご
いぶし銀のレイレイ使い。派手な動きのレイレイが多い中で、独り安定スタイルを追求している。大会ではいまだ輝かしい戦績は残せていないが、関東在住ゆえに高レベルのプレイヤーと渡り合う強さを常に維持し、トップに近づく実力の持ち主であることは間違いない。


【モア時代】

雄山1
モアでやりあうようになってからでも随分経つね。何年ぐらい?

バーズ
6年半かな

雄山1
すげー。 当時も汁さんとか居たなー

バーズ
初めてモアでやったときの感想って「いまだにセイヴァー対戦している所があるんだ」だったよ。

雄山1
モアでよく戦ってた人達は?

バーズ
俺が上京したときすでにモアにいた人なら、T2ya、たけぽん、たけリリス、ふごレイあたりかな? あ、あとしょうバスも。

雄山1
そうだね。そのあたりは鉄板。
やや後半でサカイ、メガネを見かけるようになった気がする。

バーズ
おがわ、Buzz、えご、メガネ、サカイあたりが同期

雄山1
まぁ、メンツはそんな感じとして、印象に残ってるコトとかある?
勝てない奴とか、ライバル視した奴とか。

バーズ
ぶっちゃけると、小豆色のレイレイ(※)には負けたら駄目なレベルだ、って思ってたかも

※大Pカラーのえごのこと。えご本人は赤色だと思っている。

雄山1
まぁ、そうね

バーズ
ガロンだしね

雄山1
俺は汁さん倒すのを目標にしてた。単純に名前知ってたのが汁さんだけだから。

バーズ
守りが堅くなるわけだ

雄山1
モアも1台か2台ぐらいで順番待ちがあって、T2yaさんが来ると「青汁と戦いてーんだ、オレは!」とか思ってたなー

バーズ
えー俺はT2yaさんのがやり甲斐あったな。
まあ特に理由とか覚えてないけど。でも、なんで汁なの?

雄山1
なんとなく有名人倒したいとか、そういうのかな?
そのころはコショーさんやT2yaさんにも勝てるイメージがあったよ。
       内容で言うと、ぶっぱ当てての事故勝ちなんだけど、事故発生率が今より高い。
       まぁ、月日が経つにつれて勝てなくなるわけですが・・・

バーズ
周りもレベルアップしてるからだよ

雄山1
そのレベルアップ率に問題が・・・
コショー、T2yaが1試合経験値100ぐらい手に入れてたと したら、オレは5ぐらい・・・ いや1かな。

バーズ
後から知ったことだけど、やり込み度が全然違ってた。
あの頃、俺なんて2、3週間に1回セイヴァーできればいいやって思ってたし。

雄山1
俗に言う、頭使ってない対戦が長く続きますね。
そのせいか、いつの間にか全く勝てなくなってたなー
       バーズ(※)は結構勝てた?

※えごが使うBuzz(バズ)の愛称。Buzz本人は気にいってない。


【信念があった】


バーズ
いや。勝てなかったけど信念があった

雄山1
お、どんな?

バーズ
上京したてのころ、ショートダッシュとガーキャンしかやってなかった。アドバンは非装備で。
       今思うと、もっと投げメインにするとかビースト撃ちまくるとか、一般的なガロンの
       動きみたいなことをやればもう少し勝てたかも。

雄山1
そういうとこに頭が回らないんだよね、あのころは。

バーズ
いや、それだけじゃなくてモアでは通用しないんだよ、安易に強い行動が。
カッチで言う「一生中P振っとけ」みたいなのがね。

雄山1
強い行動とか知ってたの?

バーズ
うん。ネットで今もやってる有名プレイヤーの攻略とか読みまくった。

雄山1
へぇー、俺全然見てなかった。

バーズ
うは、マイペースえご

雄山1
とりあえず中足天雷(繋がらない)だけやってた。
そしたらザベル論で怒られてたw

バーズ
たまに個人攻撃みたいな記事あったね(笑)
多分もっと上手くやれっていうメッセージでもあったんだろうけど。

雄山1
まぁ、策略通りだろうね。少なくとも「こいつ倒す!」って気は起きた。
その辺から、勝つ事を考え出したような気もする。

バーズ
負けず嫌いえご。
俺も某所の掲示板(※)でドラゴンキャノンぶっぱガロンとして突っ込まれてたよ。
       でも一発撃っても当たらないから二発続けて撃ったら当たった、とかしつこく試し
       てた。なんか「死に技」ってのが嫌いなんだよね。

※当時モアで活躍していたレイレイ教(旧名)のサイト。
ドラゴンキャノンのくだりを書き込んだ人は、実は管理人ではなくT2yaザベル。


【セオリーなんてクソ喰らえ】


雄山1
そんで強くなるためにしたことは?参考にした人とかいないの?

バーズ
ただひたすらショートダッシュ。ある日突然モーメントがつながった。
ほかにショートやる人いなかったし、参考になる人はいなかったねー

雄山1
モーメント(※)ってモア時代から撃ってたっけ?

※SDからの小中モーメントの事で、Buzzコンボとして広く認知されている。
当時、セオリー以外の選択肢を取り入れ、有用性があることを示した。
他にも、「めくり」、「ショートめくり弱K」、「ショート中K」の3パターンがある。
さらに細かく分けると48パターンあるのだがそれはまた、別の、お話

バーズ
途中からだよ。闘劇より前。
パンピーグレイ(※)に闘劇の当日予選で決めた記憶がある。
       本当にパンピーだと思っていたあの頃(笑)

※現在も現役の灰色オルバス。かなりの古参。フェイバリッドムーブはプギャー(キラーボルテクス)

雄山1
当時はお手本となるプレイヤーがいなかった。
財力的にも遠征は厳しいし、なにより情報網がないから誰が上手いとか全然知
       らない。

バーズ
レイレイはけっこうプレイヤーいなかった?

雄山1
そう? レイレイの動画とか攻略ってまったくなかったような気がする

バーズ
動画ってそもそもその時代にはなかったよ。若い人は恵まれてんなぁ…

雄山1
でも、なんかコミケで売ってた(ふごさん?)対戦動画のCD-R持ってた。
そこに、あつたレイレイが3試合ぐらい入ってた。

バーズ
あ、俺も白と黒のパッケージのやつ持ってる。

雄山1
そう、それ。だらさんとかの名を知ったのはそれかも。

バーズ
ちゃんと住所と名前を申告した?

雄山1
え? 申告するもんだったの? 誰に?

バーズ
なんかそうらしいよ。
俺もこの場を借りて謝っとこう(笑)

雄山1
神奈川県のえごです。 持ってます!

バーズ
違法コピー対策だと思うけど、今じゃあんな個人情報収集考えられない。
あつたさんの試合は参考になったでしょ、多分。

雄山1
うーん、スゴさが分からない。そういうレベルだったよ。
たかはしガロンとの試合があったんだけど、試合内容の濃さを知ったのは随分後
       だった。ネットの攻略も大したものがなくて、結局全部自分で考えたよ。

バーズ
レイレイの最大ダメージコンボとか考えるの大変そう

雄山1
そういうのは考えないよ

バーズ
え? 状況限定コンボとか考えない?

雄山1
キャラ対策みたいなのばかり考えてた。
どの間合いで戦って何が有効とか、そういうのが全キャラ分知識がなかった。

バーズ
今思えばそれはいい事だったようにも思うけど

雄山1
そうだね。自分で考えたのは身になったね。
「このキャラはこれをやれ」って俗説があると、その意味を考えないで使ってしま
       いがち。
       今も一般的な攻略とか無視だし、自分が試してないことは半信半疑。

バーズ
どこかの国の言葉で
「賢者は学ぶ」 「愚者は教えたがる」ってのがあったよ。

雄山1
バーズ博学!

バーズ
なんか単純な論理で片付けてしまう攻略とかクソ喰らえだった。

雄山1
うんうん。「ホントかよ プッ」みたいに思うな。
まぁ、そんなことしてたんで、自分のレイレイのセオリーが出来るまでえらく時間
       がかかりましたよ。
       バーズはどう?

バーズ
似たような感じ。
さっき話した動画CD見て思ったのが、「違う、こんなんじゃない」だった。

雄山1
かっこいいな!

バーズ
多分買ってから3回くらいしか見てないよ
割り切って強い行動をすると確かに勝てるけど、他の部分が下手なまま置き去り
       になる。

雄山1
俺は置き去りにした物が多すぎるな。

バーズ
例えば?


・・・というところで中途半端ですが、前編は終了です。
後編は二人が確立した戦法とはどんなものだったのか、という話題からスタートします。
後編は近日公開します!

iamddsas23 at 00:29コメント(0)トラックバック(0)対談 

2008年10月13日

【AOW1】大会レポ

またまた遅くなりました。
申し訳ありません。。
今更ながらの前夜祭レポです。
そしてものすごく長文です、すいません。


闘劇前夜祭以来、四年振りとなったセイヴァー5on
全国各地から13チーム65人のプレイヤーが集まった。

有力チームとしては、ナスコショーに加え、職人三人を擁する『ジャパニーズ』、最強リリスKaji、復活した暴君サカイを有する『ばりごくMEN』、関西レジェンド+αで構成された『ハイタニ軍団』あたりだろうか。

【Aリーグ:予選きってのデスリーグ!】

古豪五人衆『イケ麺FIVE』ケンタ/デミトリの『マンモーニ』5タテから始まったAリーグ。

続く試合は注目の『ジャパニーズ』vs『ストライクウィッチーズ』
笹塚/レイレイが華麗な動きで3タテし、副将さかもと/キュービーさえ追い詰める。

しかし、最後の詰めを誤った笹塚
その隙を見逃さずさかもとが逆転!
続く中堅始末屋/ジェダを封殺し、二人抜き達成。

そして『ジャパニーズ』副将で出てくるのは、暴君ナス/サスカッチ
キュービー戦を得意とするナスの前に健闘空しくさかもと敗北。

そのままナスが圧倒的な破壊力で大将オガワ/ザベルも粉砕し、『ジャパニーズ』の勝利となった。

『ジャパニーズ』vs『イケ麺FIVE』は激戦の連続!

特に、ほえ/ジェダvsケンタ始末屋vsたけぞー(馬場デミ)/デミトリの二度のジェダvsデミトリの試合に、皆見入っていた。

試合中盤まで完全なシーソーゲームとなったこの一戦。

しかし、このシーソーゲームに歯止めをかけたのはまたしてもナス

副将たかはし/ガロン、大将マスカッキ(あつた)/サスカッチを下し、力を見せ付けた。

このリーグは『ジャパニーズ』が全勝で1位通過。

そして、関東のプギャーオルバスこと灰色/オルバスが『イケ麺FIVE』を破竹の勢いで4タテ
大将ケンタに敗れるものの、次鋒さかもとが完璧な立ち回りで締め、『ストライクウィッチーズ』が2位抜けリーグ進出となった。


【Bリーグ:5タテラッシュ!】

Bリーグは、『ハイタニ軍団』俺こん/フェリシア・オボロ/ビクトル、『ばりごくMEN』DD/サスカッチなどの5タテ劇も多く、非常に盛り上がった試合が多かった。

ここでの目玉はやはり『ハイタニ軍団』vs『ばりごくMEN』
関東vs関西という図式と両チームのプレイヤー構成に注目が集まっていた。

5タテ×2で勢いに乗る『ハイタニ軍団』、対するは、二試合目でKajiが『名無しさんだよもn』デカ/レイレイに敗北するも、きっちりとDDが締めた『ばりごくMEN』

『ハイタニ軍団』vs『ばりごくMEN』は、お互いが二勝同士で並び、勝者が決勝トーナメント進出という分かりやすい形でぶつかった。

先鋒戦はオボロvsDD
まずファーストヒットを奪ったのはオボロ
そのまま怒涛の勢いで攻めるオボロと、要所で攻めを捌くDDという一進一退の試合が続いく。
試合後半、画面端での息詰まる攻防を制し勝利したのはDD

混戦を制し、勢いに乗るDDが続く俺こん/ビシャモン・CAA/ザベル・だら/デミトリと立て続けに倒し5タテ、『ばりごくMEN』が全勝で決勝トーナメント進出!

『ハイタニ軍団』は2位抜けリーグで望みをかける事となった。


【Cリーグ:九州の白い悪魔】

Cリーグはチーム構成が面白い。
当日斡旋にも関わらず、奇跡の全員女性キャラチーム『困りますねー』、純名古屋チーム『R30-シャトル』、純九州チーム『九州猿軍団』
ここでは前評判が高い『R30-シャトル』がリーグ抜けを予想されていたが・・・

蓋を開けてみれば、九州の超新星パンピーナ/サスカッチが大暴れ。
結果、『九州猿軍団』が1位で決勝トーナメント進出!

『R30-シャトル』戦では副将で登場し、次鋒アズワン/デミトリを紙一重で撃破。
そのままやまかわ/ザベル・ルイ/アナカリス・ホソカワ/サスカッチの強豪達を4タテし、チームを勝利に導いた。

対戦環境がいいとは言えない九州であの強さは恐ろしいの一言である。

2位は、他のチームにしっかりと勝ち星を稼いだ『R30-シャトル』となった。


【2位抜けリーグ:Dances with Wolves】

各リーグで代表者三人を選出してのリーグ戦
代表者は以下
Aリーグ『ストライクウィッチーズ』さかもとBuzzオガワ
Bリーグ『ハイタニ軍団』だらオボロCAA
Cリーグ『R30-シャトル』アズワンホソカワやまかわ

第一戦は『ストライクウィッチーズ』vs『ハイタニ軍団』
先鋒戦はBuzzvsCAA
先にラウンドを取ったBuzzだったが、その後CAAの逆襲により立て続けに体力を奪われ、逆転負け。
中堅で出るはチームリーダー・さかもと
ここでは中段を的確に決めていったさかもとが勝利

『ハイタニ軍団』副将はだら
デミトリにまとわりつかれると厳しいキュービーだが、しっかりとした間合い取りでそれをさせないさかもと
だらもデモンクレイドルを当てるものの中々起き攻めに繋がらず、さかもとが2タテ

そして、大将は最強のビクトル・オボロ
キャラ相性的には最悪なこの組み合わせだが、そんな事を感じさせない試合となった。
意地と意地とがぶつかり合うインファイトを制したのは、後半一気にダメージを奪ったさかもと

逆3タテで貫禄を見せたさかもとの活躍で『ストライクウィッチーズ』がまず一勝を挙げた。

第二戦は『R30-シャトル』vs『ハイタニ軍団』
ホソカワオボロを倒し、CAAホソカワやまかわを倒し、先にリーチを賭けたのは『ハイタニ軍団』
ここで塩デミこと大将アズワンが意地を見せる。
CAA戦では、これぞアズワンと言わんばかりの派手なプレイで会場を沸かせ、CAAを撃破
大将戦のだらとのデミトリ同キャラ戦では繰り出すプレジャーが全てヒットするという技を見せ、『ハイタニ軍団』を下す。

この時点で2敗となり、惜しくも『ハイタニ軍団』は予選落ちとなった。

そして、決勝トーナメント最後の椅子を賭けた最終戦
『ストライクウィッチーズ』vs『R30-シャトル』の試合
珍しく先鋒で出たさかもとvsホソカワの一戦で幕を開ける。

先鋒戦はホソカワがサスカッチの攻撃力を生かし、ここまで大活躍のさかもとを下し流れを引き寄せる。
『ストライクウィッチーズ』中堅で出てくるのはBuzz
これまで振るわなかったBuzzだったが、ここで覚醒する事となる。

ホソカワを超混戦の末Buzzコンボで葬りさると、続く中堅やまかわ を冷静と情熱のダンスムーブで破り、大将アズワンを引きずり出す。

両者とも派手なプレイヤーだけに激しい試合となった大将戦
Buzzがビーストを撃てばアズワンがデモンクレイドルを撃つという技の魅せ合い!

後半、アズワンのデモンが立て続けにヒットし、アズワン勝利かと思われたがBuzzが調子に乗るなよと言わんばかりにドラゴンキャノンを放つ!

これで流れを引き戻したBuzz
最後は冷静に対処したBuzzの勝利で『ストライクウィッチーズ』が決勝トーナメント進出を決めた。

恐るべし、Buzz・ダンス・ガロン


【決勝トーナメント:最後の勝者】

一回戦一試合目は『ジャパニーズ』vs『九州猿軍団』

ナス
「今日も明日も僕らが優勝するんで。一回も負けずに」
という発言に対し、べん造
「一回も負けないとか言ってるけど、今日ここで土をつけてやりたいと思います」
という力強い返しで始まった試合

先鋒戦はほえvs恐竜/バレッタ

先鋒ほえ恐竜、そして次鋒らんてぃ/ビシャモンを退ける。

ここで『九州猿軍団』中堅で出てくるのはつたや/キュービー
立ち回りでは苦戦するものの、カウンターでダメージを蓄積していったつたやが勝利した。

つたやに対するは、笹塚
笹塚の奇想天外な動きに対応できなかったか、つたや敗北

そして、ここで登場するのが超新星パンピーナ

何度か危ない場面もありつつも、笹塚、中堅始末屋をも倒す。

『ジャパニーズ』副将はコショー/バレッタ

序盤一気にダメージを取っていったパンピーナが一本先取。
しかしこのまま終わらないのがコショーという男
じわじわと体力差を詰め、パンピーナを追い詰めていく。

だが、終盤空中でもつれた所にパンピーナが取った選択肢が通りコショー敗れる!

後がない『ジャパニーズ』大将はナス

パンピーナナスをも倒し頂点にのし上がるのか?という空気に包まれる会場だったが・・・
それをさせないのがナス
大将の気負いなど全く感じさせない動きでパンピーナを撃破すると、『九州猿軍団』大将べん造/ジェダを瞬殺

会場を黙らせ、『ジャパニーズ』が決勝進出を決めた。


一回戦二試合目は『ばりごくMEN』vs『ストライクウィッチーズ』
『ばりごくMEN』先鋒はえご/レイレイ、『ストライクウィッチーズ』先鋒はさす兄/サスカッチ

第二回DCCからさす兄/サスカッチに大会では負け続けのえごが遂にリベンジを達成し、喜びの声を挙げる。

しかしその喜びも束の間、次鋒灰色/オルバスがえご用の戦術で星を戻す。

『ばりごくMEN』次鋒は満を持して登場のサカイ/ザベル

相変わらずの不能精度で灰色を倒し、中堅さかもと戦に望む。

まさしく暴君と言える攻めでさかもとの体力を一瞬で奪うサカイだが、後半に強いさかもとをそのまま倒す事は出来なかった。

空中ガードからのESC-Rでサカイの勢いを断ち切り、逆転し暴君を退ける。

メガネ/デミトリも粘り強い立ち回りで下し、『ばりごくMEN』の駒を減らしていく。

嫌な流れを断ち切るべく副将で登場したのがKaji
多少の被弾には構わず、とにかくまとわりつく作戦を取るKaji
さしものさかもともこの怒涛の攻撃を守りきることは出来ず、ここで力尽きる。

残るはBuzz/ガロン・オガワ/ザベルという相性が悪いキャラクター相手だったがKajiの勢いを止める事は叶わず、『ばりごくMEN』決勝進出


決勝の前には3位決定戦を行い、こちらでは次鋒で出たさかもとが5タテという奮戦を見せ、『ストライクウィッチーズ』が3位入賞した。


そして長かった戦いの最後となる決勝戦
『ジャパニーズ』vs『ばりごくMEN』
最後の勝者となるのは果たして・・
まず『ばりごくMEN』先鋒はメガネ
キャラ相性のいいジェダ・レイレイを倒して勢いに乗る作戦だったが、『ジャパニーズ』先鋒はなんとコショー

コショーに相性の悪いメガネがヒット&アウェイのバレッタを捉えきれず敗北

次鋒サカイ相手にもものともせず、勝利すると中堅DDもヒット&アウェイで下す。

副将で登場するのはムードメーカーえご

相手を良く見た冷静かつトリッキーな立ち回りで最初にリードを奪ったのはえごだったが、端に追い詰められ攻めを捌けず敗北

後が無い『ばりごくMEN』大将Kaji
チームメイトの信頼を一身に受け、試合に望む。

この展開に誰もが、前回闘劇前夜祭決勝を思い浮かべた事だろう。

しかし、結果としてはコショーの勝利に終わった。

要所要所で上手さが光るKajiではあったが、大ダメージにつなげる事が出来ない。
逆にコショーはチャンスを生かしリードを奪い、最後はダッシュ中Pを当てKO

この瞬間、優勝はコショーの5タテにより『ジャパニーズ』に決まった。


【大会終わって】

闘劇前夜祭以来の5on、自分の「やりたい」というエゴを押し通し、開催を決定しました。
開催決定当初は遠征勢の参加が不確定な状況が続き、本当に開催出来るのか?という
不安もありましたが、日が近づくにつれ、参加表明者が増え最終的には13チーム・65人という参加人数となり、本当に嬉しかったです。

大会終了後には「楽しかった」「来年もやってくれ」と言ってくださる参加者も多く、成功だったのかなと思います。

5onならではのチーム構成も多々あり、立川四天王九州猿軍団のようなこの5人で組める事自体が奇跡、という結成までのドラマも見られ、この点でも開催出来て良かったと感じています。

大会内容としても公の場に初めて姿を現したパンピーナの活躍に始まり、波乱、順当と色々なドラマが見られ、非常に面白かったと思います。

また、少数ながらも関東のおらおら/キュービー・ちひろ/ザベル、関西のバス犬/ガロンなど、少数ながらも新規勢の参加もあり、セイヴァー業界的にも嬉しい限りです。

そして、前夜祭5onは来年も開催予定です!!

来年は今回の反省点を生かし、よりよい大会を目指します。

また、今回の前夜祭の動画ですが公開はします。

公開はしますが、何分、分量が多く編集作業もミカドではなく、運営有志で行う事になるので作業終了まで数ヶ月かかる事をご了承ください。

ちなみに、作業完了前にプレでいくつかブログで公開する予定ですので、適当にチェックしてみてくださいw


最後に、このブログですが折角なんで継続してやっていこうと思っています。
次回更新時には、名前を変えセイヴァー関連の話を書いていく予定です。

とりあえず次回は、【Buzz・えご対談vol1 〜トップを取れない人たち〜】をお送りします。

それでは、こんな長文を最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

iamddsas23 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)AOW1 
Twitter プロフィール
DDです。 特技はサスカッチです。
ライブ配信


配信者:DD セイヴァーよろず配信


配信者:さかもと 「まったりしゃべらナイト」ミカド月例大会コメンタリ


配信者:カメ ミカド新人大会コメンタリ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
goo
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ