2012年09月

2012年09月03日

セイヴァーをプレイする理由

先週の土曜にイツキとKENさんと飲みに行った時イツキに聞かれた「なんでセイヴァー続けてるの?」って問いについての回答をTwitterで書いたものをまとめました。



まず圧倒的にテンポがいい事。コイン投入から試合開始までがすごく早い。 最速で10秒かからないくらい早い。
格ゲーをやる上でストレスの要因の一つであるコンボや技の演出が短く、移動起きもある事で【何も出来ない時間】が少ない。

システムの奥が深い。
最たる物はAGだが、攻撃・防御の両方で試合展開を大きく変えるシステムであり、1P側がダッシュ攻撃、2P側が受けるという場面一つ取っても特有の読み合いが発生し、考えるのが楽しい。 空中ガードの攻防も同様で攻防のパターンが多い。
インパクトダメージシステムが追う側・追われる側双方にとって活用出来る点もよく出来ている。
白ゲージを活かして倒しに行くか、防御側は単純に逃げるか。AGからカウンターで攻守を交代させるかの読み合いが飽きない。

複雑なコマンドがなくシンプルなコンボが主流だが、決めるとしっかりと気持ちいい物になっている。 つまり演出とSEが美麗ドットと相まって素晴らしい。
個人的にはバンバンチンや小小デスボルなんかは当てるとめちゃくちゃ気持ちいい。

移動起きやAG、GC、空中ガード等強力な防御システムがあるが、それらを掻い潜って白ゲージ込みでこちらの攻めを通した際の気持ち良さは格別。

無敵技のダメージが全体的が低めである事。 個人的に無敵技が強い上にダメージが高いゲームは嫌い。これは前述の気持ち良さに相反するものだと思う。
全キャラ共通の無敵技のDFもリバーサルでは出せず基本的には解除に隙があるのも良調整。

とにかくキャラの個性が強くしっかり作り込んでいる為、やり込み要素も高く全キャラ面白い。
同じようなコンセプトのいわゆるコンパチキャラが存在せず各々強い部分をしっかり持っている。 キャラの造形も魅力的な物ばかりで、生理的に無理なキャラがいない。

おまけで、上級者のやる気かつ負けず嫌いで壁が存在するほどしっかり強いってのもあるかな。
地方ははっきりとは言えないけど、関東は俺がセイヴァー始めてから今が一番レベル高いと思う。しかもまだレベル上がるはず。
そう考えるとこのゲーム、辞めれる要素がない。

iamddsas23 at 21:54コメント(0)トラックバック(0)雑記 
Twitter プロフィール
DDです。 特技はサスカッチです。
ライブ配信


配信者:DD セイヴァーよろず配信


配信者:さかもと 「まったりしゃべらナイト」ミカド月例大会コメンタリ


配信者:カメ ミカド新人大会コメンタリ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
goo
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ