D1000238◇昨日、テーラーメードr7 Limited Editionが届いた。
ヘッドはそんなに好きでもなく、嫌いでもない形だ。
シャフトがフジクラのRombax 5F09 フレックスSが入っている。
早速ニューマコで打ってみた。
打感は堅めで、「コーン」という小気味いい音で飛んでいく。
最近のエースドライバーはR9 MAX。
このドライバーにもFCTが付いてる。
フェースの開閉はできないが3ヶ所のウエイト調整が可能だ。
最初は左右1gとテールに16gが付いている。

第一印象は軽いなあという感じ。シャフトもそんなにハードな感じはしない。打ってみる。
前日のラウンドでもそうだったが打点がばらつく。
ちょっと調子が下降気味のようだ。
このLimited Editionには8gと4gのウエイトも付属しており、付け替えて試してみる。結構違うもんだね。
18Hラウンドするとして、疲れないで振れるのは18gが限界かな。
18g(16g+1g+1g)でも疲れてくると振り遅れが出てきた。
14g〜16g範囲で調整してみたい。
テール12g、ヒール4g、トゥ1g・・これが限界か。
あれこれ試して150球ほど打ってしまった。身体が痛いw。

しかしながら練習場もすっかり人が少なくなった。
2階席は俺を含めて4人。季節を感じるね。