Happyな明日を自分で作る!

あっという間に50代。気づけばいろんなことを忘れ、都合の良いことだけ憶えて過ごしてる。なので備忘録を兼ね、老後(終活)のことを考えながら、ダイエット、ペット、ガーデニング・・・節操なくいろいろ書いてみようと思います。

P9241708_result

友達から日帰り旅行に誘われたのに断ってしまった。

それは、ひと言でいえば「スタミナ不足だったから」ということになる。

私は今電池残量10%以下の「省エネモード発動中」のよう。

家事は手抜きながらもこなしているけれど、どうにもパワーが出ない。

先日の3連休も出掛けられる状態にありながら、家でゴロゴロと過ごした。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆




そういえば、何年も会っていないのだけれど、

かつての知り合いに同い年で超アクティブな女性がいた。

フルタイムで働いているにもかかわらず、毎日何かしらのお稽古(ジムやヨガも含め)をし、その後に酔っぱらうまで飲んで深夜に帰宅。

確か休日も必ず出掛けると聞いた。

ご主人からは『静かに帰ってきてくれさえすれば文句はない』と言われていたそうで(笑)、当時で40代後半だった。

現在はどうしてるんだろう?

アクティブな彼女しか想像できない・・・




・‥…━━━☆・‥…━━━☆




それに引き替え、私は元々アクティブではなく、

予定がなければ無理にすることを見つけようとは思わない。

そもそも手帳に書き込まなければならない予定なんて週に1~2つあれば十分なのだ。



私の現状は、更年期が関係あるのかないのかわからないけれど、

その感情には波があり、時には得体のしれないモヤモヤとした感情に支配されてしまう。

そんな時は全てを投げ出したくなる。


だからといって病院に行くような不調があるわけではない。

身体は年相応ながら、いたって元気なのだ。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆




明日は今日よりしんどいかもしれない。

だけど1年後には『2017年の秋頃がどん底だったね』と笑いたい。




ここ最近ずっと考えていたのだけれど、なかなか決心がつかなかったこと。

だけど思い切って、

”しばらくブログをお休みします”


本当は、このブログをスパッと削除していったん終了し、書きたくなったらまた新しいブログを作って再開すればいいや、とも考えた。

だけど、私のブログは備忘録でもあるので心情的にも削除できなくて。

もっとずっと年を取った時に読み返し、こんなことがあったと笑いたいし

それに60~70%充電された頃にまた書きたくなるような気もして…。

意外と早くにそんな日が来るかもしれないし、あるいは全然来ないかもしれない。

それは自分でもわからないのだけれど、

再開の時にはひっそりと更新しようと思う。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆




訪問してくださったみなさま、本当に本当にありがとうございます。

拙いブログなのに、有難いと思います。

共感してくださった方にも、ツッコミだらけだよ!と思われた方にも感謝しかありません。



また、いつの日か静かにそ~っと戻ってきたいと思います。

ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

P9211698_result

仕事から帰った夫が掃除機を見て

『今日掃除機かけなかった?使ってたら充電ランプがつくよね?』

『充電光ってないってことは今日、掃除機使ってないって事?』

床をチェックしながら
『あ~でも髪の毛落ちてないなぁ・・・掃除機かけたの?』



・・・うざいんですけど!( ̄‥ ̄)


夫の掃除チェックは今に始まったことではない。

家中のありとあらゆるところに目を光らせ、何かとチェックが細かい。

初めの頃こそ素直に聞いていた私だけど、すぐにメッキが剥がれた。


そんなに気になるなら自分ですれば?(本性現る)

いつしか夫は自分で小まめに掃除をするようになった。

掃除に関しては夫が7、私が3といったところだろうか



冒頭の『掃除機かけた?』のくだりは半分は本音だろうけど

後の半分はツッコミのつもり。(私にボケて欲しいようだ)

だけど、全然面白くないので無視する。(聞こえないフリ)


『何で返事しないの~?』と言いながら私の顔見て

”般若” になっていることに気づき口をつぐむ…(時すでに遅し)

『いちいち掃除機かけたかどうかのチェックなんて、

モラハラだからね!

夫の発言がモラハラでないことは私が一番知っているのだけれど

これが夫の最も嫌がる反撃ワードなのだ。(モラ男とは呼ばれたくないらしい)


☆★☆★☆★☆★


いじめが問題になった時、いじめた側は冗談だったとかふざけただけって認識であることが多い。

夫もツッコんで欲しくて、あるいはボケて欲しくて

わざと私が嫌がるような事を言う時がある。(ハッキリ言って小学生レベル)

そう、本人は冗談のつもりなのだ。


帰宅するなりチェックされ『今日、掃除機かけた?』と言われて気分の良い妻がいるだろうか?

ツッコミ(冗談)なのかもしれないけれど

こっちは100%拒絶で対応させてもらう。(掃除のチェックなんて不快でしかない!)




夫には無言を貫いたけど

ちゃんとね、掃除機はかけてましたよ!( ̄ー ̄)ドヤ顔

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

P9241710_result

年増の女がミニスカートを履いていた。


とはいえ、

その ”年増” の女は私よりは若いと思われた。(自爆~


膝上20cmはあろうかという短いスカートを生脚で履いていたけれど

太ってはいないものの年相応に崩れた身体のラインが哀しい。


膝、タルタルですやん~!


上から下まで全て若いコ仕様の服に靴にバッグ。

若いコならチープな素材でも肌のハリでカバーすることができる。

ファッションの失敗だって若いというだけで許されることはたくさんある。

もちろん、ファッションは個人の自由。

他人に迷惑や不快感を与えなければ、好きな服を好きなように着ていい、とも思う。

だけど若作りしすぎて ”滑稽” でしかないのは哀しい。
(見てはいけないものを見てしまったような気まずさがある)

彼女の周りにはそれを注意してくれる人がいなかったのか

たかがミニスカート一つで 年増の女の人生の一端まで見えた気がした。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


かく言う私もたくさんの失敗をしてきた。(今だって怪しいぞ!


20年以上も前の30代前半の頃、ミニスカートを友達(←常識人)に注意されたこともある。

『20代ではいいけど30代になったらやめろ』と・・・
(反発して履いてたけどね・・・友よ、ごめん


迷走だらけの私が他人のことを言えた義理ではないのだけれど、

50代のファッションって本当に難しい。


40代半ばごろまでと比べると急激に老ける。

体型も肌の質感もあっという間に年寄りじみてくる。

若作りもイタイけれど、無難で地味なスタイルも一気に老け込むのだ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


何をどんなふうに着たらいいんだろう?

夏のバーゲン最終日に買った4点の服

セットアップ風に着ることのできる上下2点は一目惚れで迷わず買いだった。

あとの2点は買うのを迷った。

着るかな?着ないかもしれないな・・・

だけど、いざ買ってみると散々着ているのはその迷った方の2点。

一目惚れして買うのに迷いがなかった2点は、実は1~2度しか着ていない。

なんか違う?・・・のだ。

早い話が失敗だった。(買うんじゃなかった・・・

一目惚れだったのに今では全くときめかない服となってしまった。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ここのところ急に寒くなったので衣替えが間に合わず、一部の長袖だけを引っ張り出して着ているけれど半年前まで着ていた服が何だか似合わない。

そしてこれまでのように ”着られるから着よう~!” という気にもなれない。


たくさんは必要ないけれど、何かしら秋冬物を買い直さなきゃ・・・!

そんな気分でいる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ