予防のための夏の過ごし方

自然界の夏は、新陳代謝のピークに値すると言われて
います。自然の一部である私達人間にも同じ事が起こ
っています。新陳代謝が非常に活発になる
ために疲れ
やすい現象があります。

暑い国で午後の2~3時間の休息をとるのは、肉体上

のバランスをとる為と知ります。
しかし、先進国においては自然現象を調整する為に
空調が仕事、生活空間を支配しています。

また、生活の一部になっていますが
行き過ぎると体調が崩れてしまいます。

自然の摂理に逆らうことは良くないということです。



特に冷房の中にばかりいますと、
神経のシステムがバランスを崩しやすくなり、

自律神経失調症になりやすいのです。
一つの結果として「冷え」です。

冷え症の原因は、夏の過ごし方によって
作っていると言っても過言ではないのです。

現代人に低体温の人が増えてきていますが、
冷えも要因の一つだと考えています。

低体温は重大な病につながりやすいので、冷えに
対する予防対策を知り、ご自身に合った
方法で活用
ください。ひと夏は継続されることで秋冬に結果を
受け取りますよ。


心身整流


心身整流のリンパマッサージは、リンパを含めた
体液に働きかけることで、全身の代謝を

冷え対策、予防の手段の一つとして健康ライフの為に

おすすめです。
心身整流のリンパマッサージを受けていただける方も
そうでない方も、下記のアドバイス
を実践し、元気に
夏を乗り切ってください!


ライフ

■就寝時の冷房はタイマーを活用。

 熱帯夜であっても夜中3時には一気に気温が変わっ
 ています。


■肩、首、足首を冷やさない。
 夏の風物詩になっている生肩、生足は冷えの元です
 (特に就寝時は気をつけて、古い靴下の先を切り
 落として 足裏・足・首を保護して休み
ますと、
 秋から始まる冷えもずいぶん緩和されます。)


■お風呂の活用。(38度~40度のぬるめのお湯で)
 はじめに首までしっかりと浸かり、3~5分温めて
 から手・足・肩の関節を動かす運動を
じわっと汗が
 出るまで浸かりますと一日の冷えと疲れがとれます


■真水を飲む習慣をつける。
 クーラーの効いた室内でも熱中症にかかります。
 常温の真水を飲む習慣をつけましょう。


■身体を冷やさない食べ方の工夫を。

 暑いから、食欲がないからといって、冷たいものや
 生野菜ばかりだと内臓を冷やし、
更に食欲減退を引
 き起こします。季節の野菜・果物はもちろんですが
 身体を冷やさ
ない食べ方の工夫を暑い国の食べ物も
 参考にしてください。


■発酵食品で健康食品となり、身体を温めるもの

 日本伝統の味噌、醤油、お酢が身体を温めることに
 良いものです。