陰暦九月は、新暦では十月~十一月の上旬にあたり夜がだんだんに長くなる「夜長月(よながつき)」の説。
稲を刈り収める時期のため、長月の「長」は稲が毎年実ることを祝う「稲刈月
(いなかりつき)」「稲熟月(いなあがりつき)」「穂長月(ほながつき)」の意味からとったなどの説。
99日は「重陽の節句」菊酒飲み長寿を祈る日で別名「菊の節句」と言われています。
日本では昔から奇数は陽の数字とされ陽の字が二つ重なる日はめでたいと考えられています。
これは陰陽道(おんみょうどう)に由来し、重日(じゅうじつ)といいます。
なかでも一の位の最大である九の重なる九月九日は特にめでたい日とされました。
一年の五節句の全てが奇数の重なるめでたい日として、一月一日のお正月、
三月三日の桃の節句、
ひな祭り、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕があります。
但し五節句としては
,一月一日ではなく一月七日の七種(ななくさ)節句が入れられています。
全ての節句の意味は邪気を払い無病息災を祈るを含んでいる神事です。

私のリラックスタイムに用いる時代小説、市井の人々の悲喜こもごもの中に人の優しさ尊さに触れることが
大好きです。
女料理人の成長を描いた本で著者は高田郁さん「みをつくし料理
帖」のなかに菊の節句を思わせる、「菊花雪」白身魚の薄切り刺身のうえに山芋を雪のごとくたたき潰し菊の花びらを混ぜ合せふわりとのせる。
菊には、魚の毒消し、高血圧、疲労回復眼精疲労回復の薬効がある。
山芋も滋養強壮、胃弱、糖尿病に薬効あり。