一年の月暦の語源のなかで、ストレートに胸ひびく春三月弥生です。

「弥」は「いよいよ」「ますます」などを意味し、「生」は「生い茂る」から使われ、

草木がだんだんと芽吹く月であるため「弥生」となった。

五節句のひとつ雛祭り、日本での原型はさかのぼると奈良時代に病気や災いごとから身を守るおまじないの一つに、草木や紙で人型(ひとがた)を作り、体をなでて病気や災いを移し川に流す儀式がありました。これが「流し雛」の風習となり、雛祭りの先祖となったといわれています。
三月三日は、雛祭り、の元は中国古代の「元巳」「上巳の節供」で旧暦三月の初めの巳の日で、三日に決まったのは中国の三国時代、魏の国で「三」が重なるところから「重三の節供」ともいわれました。中国の上巳の節句は,季節や物事の節目には、邪気が入りやすいと考えられていたために、川で心身の穢れを
(けがれ)を流して厄を払う行事や、杯を流して宴を催す曲水の宴などが行われ、季節の変わり目の邪気祓いとして、全ての人の幸せを願う行事だった。この上巳の節供を平安時代、遣唐使が日本に伝えた。
ところが川での禊は発展せず、「流し雛」と合わさって日本独自の雛祭りへと、公家から上流から庶民へ、流し人型から人形を飾り、一代守り「一人ひとりの災いを身代わる」お守りとして、女の子の幸せと成長を願い祝うゆかしい行事です。


東洋医学では冬の腎から春の肝への働きへ、よきにも悪しきにも、新陳代謝が活発になります。季節の変わり目の過ごし方とデトックスは来月へ続く。