いばらの適当ブログ

フリーゲームの攻略書いたりするブログ。 とりあえずで書き始めて書きながら考えをまとめるので結論の出ない糞記事がよくできたりする。

Last Chronicle World Championship FINALレポート

どうも、ラスクロ世界4位です。
燃え尽き症候群で記事すら書く気力がなかったからサラコニキのグラブル配信見ながら書いてる。


【つあーふぁいなる概要】

「陽光ゴズだけど天空紫なんかに負けないもん!」
   ↓
「んほおおおおおおお曹操しゅごいのおおおおおおおお!武将でイク!武将でいっちゃう~~~^」

……うーんこのスベった感。


予選でクソみたいなミスプレイ(レガシー並べ)やルールミス(エルダでレベル上げたヴィシュヌを雷精姫で破壊)や判定勝ち(実質負け)をやりながらも予選突破。配信卓でガバプを魅せながら何とか勝った後紫にうおードコドコドコーってされて4位。

当たり運当たり運。紫を倒して優勝した橙には2回当たってどっちも負けてないので実質俺がなんちゃらかんちゃら


ツアーFinalまで一か月切っているとかマジ?

前もこんな記事を書いたような気がする

 そもそもラスクロに触れてないし触れたいと思っても糞回線だしで前期よりやべー浦島太郎になっている。
どうせゴズコンか陽光橙のどっちかなんだろうなーとか思っているけどパーツがある橙はなんか肝心なところで屑運になるのが目に見えているので使いたくない。最後にめくったかどうかのパチンコデッキやるかぁ?というのもある。ただ実際強いのでもう困ったらこれ握るのかなとか。

孔子含むゴズ系はハルモネがいないとかいう致命的なそれ。わざわざ買う気にもならないしなーどーすっかなーっていうのとゴズに自信ニキがたくさんいるからわざわざそこにカチコミに行かなくてもいいかなと。運量で勝っても力量で負けそう、シークレットテクに震える

あと触ってみたスノーウィ系のデッキはノザスラ小賢者でカード沢山引けるたーのしーとかやっていたけど手札枚数を維持する関係上なんかつまらない動きが多いし、ノザスラがこないと雪だるま連中が軒並み力不足になるというかCA3のゴミっぽいのになるのがよろしくない。

カムダのレベルさげてどりゃー系の天空青紫なんかこう……もうみんなガスタルフを見たら56してくるからネタ切れ感がある。やるなら同時着地。案がないわけではないが50枚にすらしていない。


となると、いばらスペシャルを組むしかなさそうですねクォレハ……

とりあえず捨てゲーになるような相性があるデッキは使いたくないのであのままの天空紫を使うことはない。使うとしたら陽光橙にも行けるような構築にする。焼いてかない?
そんな紫が作れればいいけど現実は厳しいしそもそも天空紫って右手が良くないと手札一瞬で無くなるのがよろしくない。テンポの良さの証明でもあるんだけど


結局のところなんやかんやでゴズコンとか使いそうだなこいつとか思っていたりする。一番幅が広くてどのデッキに対してもなんとかなりそうなのが白黒橙と似ている。時代はノーハルモネゴズだゾ。(適当)
ってかゴズを使わないと陽光4弾買いまくったのはなんだったんだとなる


あとはこう…「相手は4ぬ」みたいなコンボがあるんだったらワンチャン

天空紫t青

おまたせ。需要のない解説だよ。
とりあえずデッキを張り付ける。

dekki

紫39 青11 CA1:2 CA2:28 CA3:20

速攻メインの紫が強いならそれと相性がいい結合と組み合わせるのは道理である。
時魔カムダも出来るゾ。いけそうなら狙っていけ。
おしゃれカードが数枚ピンで入っているので自分らでちゃんとした50枚にしてくれ。
謙信?これはねぇ、信玄からサーチ出来て青いマナが出るすごいカードなんですよ。100回に1回くらいは配置するんじゃない?(適当)

ちなみに当日リクゴウはめくっただけ。ルゥムは引いたころには手札にカムダがいたので紫石になっているゾ。ルゥムはカムダが来ないときに信玄から引っ張って雷帝翔吼破うったりすることがあったりなかったりするから入れたほうが幅は広くなる気がする。
消因術はCA3として働いたりここで消因術引ければ勝ち確、なシーンもあったからワンチャンあると思っている。ただ、調整してる時もなんかつよわい感じだった。
天空紫の殴り系のカードのお話やプレイングのお話は君ら前環境でいいだけやって極めているだろうし、わざわざいばらくんが説明することもないだろう。(説明できるとは言っていない)

昇天捨ててまでこれやる利点は
・他デッキに対しては紫t白と同じ程度の殴りの強さを備えていること
・紫t白では絶望的なマッチングの陽光橙に対して、結合で簡単に3500ラインや4000ラインを作成でき、時魔カムダという切り替えし要素があるのである程度の耐性があること
・紫t白と当たった時に結合分で上から行けて有利だということ

強い(確信)
でも当日紫t白に負けたし結局は右手ゾ

紫t白と比較して、白の枚数がこちらの青の枚数と比べて少ないので、紫は数枚カードの幅というか余裕が出来るけど、その紫t白が追加する紫のカードはユウファリクゴウルゥムヤクシュシオンあたりとすげーつえーカードではなかったりするので紫殴りの質は大きくは変わらない。入れたい紫は基本的に入っているし。ただ、色の比率が変わってしまうのでマナ基盤が歪んでしまうことは否めない。あとで書くけど多分色バランスはよくない。
その関係上出来るならもっと青の枚数を減らしたいと思っている。体感7~8枚でいいよもう。
かといって追加する紫もそこまで強カードでもなくて追加したいカードもないからどっちがいいかなといった具合。


使っていてすごい嫌なのが4ターン目。
大体のゲームで1、2tに紫置いて、3tにしょうがなしに青置いてで、4tは紫3青1な土地になっているんだけど、このシーンで2コス2枚の動きを取ろうと思うと十中八九紫4コス求められてうげっってなるのが不満。かと言って3ターン目に紫3作るのも手札が偏ってないと厳しいものがある。
うまいぐあいにインドラテア姫神とか曹操どーん、とか双精時魔ってできるといいんだけど実際のところ雷帝翔吼破を打ちつつインドラ置きたいとかそうはいかないことも多く、なんやかんやで1コス余したり2コス余したりする。この辺紫t白だとなかなかないから羨ましい。ここで2コス木枯らしと行くのも違う気がする。
あとは仕方がないことだけど姫神CB。後手1tでこれめくるとほんとげんなりする。大元のリストだと3枚だったけどめくりすぎてキレそうになったので2枚に減らす。1枚はさすがにありえないのでこの枚数。
欠点だらけかよお前のデッキぃ!

どうせ6コスあたりで青ダブルになるし謙信2枚にして信玄謙信と出しに行くっていう案も聞いたけどうさんくさいので却下した。でもただの食わず嫌いだから発案者の刑事さんに試してもらおう。

あとは…偉大なる原案にもあったシオン小氷精だけどなーんかそろわないのでアウト。
偉大な原案にもあった焼きスペルや炎術導師あたりはなんかプレイスタイルと合わないのでキャンセルだ。

当日のCBの調子次第で時代Ⅲに時魔カムダ狙える余裕があるときもあればそこでもひぃひぃ言いながら5マナしか出せないとかよくある。

でも信玄に姫神つけて殴ったり時魔双精が気持ちいいのでおすすめです。



Last Chronicle World Championship北海道予選レポート

これマジ?名称に対して規模が貧弱すぎるだろ

なんか長くなったので自分の日記なんてどうでもいい人はデッキリストの画像が見えるとこまで飛ばすといいです。でも大会レポも長いです。


■ツアー前準備のお話
 ツイッター見ている方なら知っているだろうが自分は結構最初の段階から陽光ゴズを使用する気満々で、その為のカード集めで陽光4弾のBOXを計6BOXほど購入したりなど、終了するカードゲームに対しては異常な投資を行っていた。だってゴズが楽しそうなんだもん。
調整の中、陽光橙は五分か若干の不利、陽光黒は有利、天空紫t白にはクッソ不利、青紫音楽家にはベルに気を付けて全除去通せばゴズが止まらず有利ではあるがベルがうざすぎて不利だろうといった具合だった。天空紫は規制で死んでいるから物好きしか使わない、札幌で地味ぃーに信仰がある橙にある程度の耐性をもったデッキにしつつ、ゴズミラーと対黒単をみて練習しつつ、紫系には捨てるかなにかしら有利に持っていけるようなプレイを考えたいなーとかそんな感じだった。

しかし自分はゴズを使用していない。転機が訪れたのは11日、月曜日の出来事である。
横浜の、「なんやかんやで天空紫が普通に戦えてて、新たに青単スノーウィとかいうデッキもありつつ、ゴズは死滅している」というとにかく最初の予想とは大きく違った結果を見て、

へぇ~、そうんなんだぁ、ヒス割りに溶鉄化と焼き除去いれないとなぁ、だとか、
紫と青を割りたいからこれを増やす……いやこれもうわかんねぇな?とか
そんな感じなわけで、とりあえず溶鉄化と3000オールのスペルを雑にぶっこんだものにリストを変えたのだが、刑事さんがsst紫t青を改良したものを持ってきてそれと対戦したところ、なすすべもなくボコボコにされた挙句、遠征予定の方々の使用デッキ予想を見て青系と紫系の多さに「あ、こら無理だぁ」となってゴズを切り捨てることに。急遽天空紫t青にデッキを変更することになった。こいつ前も刑事さんが持ち込んだデッキをパクってたな

その後は、刑事さんからアドバイスとFGOのダイマを受けながらデッキ回し。残すはsstニキ主催、ツアー札幌遠征合宿での調整となった。


そしてツアー当日。


最後のラスクロの大会、今回札幌は早めの2番目の開催ということで、

権利を求める者
北海道旅行ついでにワンチャン交通費カムバックチャレンジする者
前日に行われるFFTCGの大会もついでに参加してWカムバックチャレンジする者
地元民

等、様々な思惑があったのか札幌では過去最多17名が参加、少ないとか言ったやつはあとで屋上な。道民は6人とほとんどアウェー感を感じる地元民の方もいるなかの開催となった。ちなみにいばらくんは遠征勢と交流があったのでそこまでアウェー感はなかった模様。これが大人気過疎生主チカラである。

参加者17名ということで権利も交通費含め3人との少し枠が広がり嬉しいやら悲しいやら。
どのみち自分の交通費は欲しいのでそれを目指すなら一敗も出来ないというわかりやすい条件ではある。これを権利獲得までハードルを下げれば後のほうでなら1回負けてもいいのかなといった具合。しかしながら相手はガチガチのガチ勢、遠征勢だけではなく北海道にも強者は居る。2敗以上することは無いなんて決して言えないものになるだろう。
これが最後のラスクロとなることも十分に考えられ、相手のパワー勘違いしてまけましたー^ω^なんてのは許されない、そんなことは無いようにしたいと心に決め挑んだ。まるで甲子園に挑む球児みたいだぁ…

しかしながら今回の札幌は東西と北のガバ王が集結している大会でもある。このガバの台風達、デイアフタートゥモローばりに大きな何かを起こさなければいいが……


以下は対戦の模様をライフを書いた紙と記憶をもとに確かこうだったような気がする、といった具合のガバレポートである。24時間経ったら記憶は薄れるんだゾ。仕方ないね。
細部が違っていたらごめんなさい。先に謝っておこう。



■使用デッキ:天空紫t青
dekki

前日の最終調整でこっそり刑事さんと確定したリストからユウファと消因術の入れ替え、時魔と木枯らしの枚数を入れ替えたのは内緒だ。


■参加17名。スイス5回、1位が勝ち抜け後のこり権利2つを2~5位でプレーオフ1戦。
※横浜は交通費に関して総権利の半数で切り上げ(権利9人分に対して交通費5人)だったがこれは誤りで交通費に関しては切り捨てが正しいとのこと。地味に公式もそう書いてあった。横浜はちょっとお得だった。


・1戦目 陽光紫単ミノタウロス 後攻
地元民。確かサイコロ負けだった気がする。紫好き故やはり紫を持ってきたかという印象。
前日にナカジマ少佐さんの陽光ミノとやっていたのでなんとなーくデッキの中身はわかっていて、特段不利とは思わないマッチング、死なない程度に殴って時魔カムダすれば勝つ、覚醒の置物はヤバい、全体パンプに気をつけろ(アバウト)
こちら時代Ⅱ発展が先になるのでそこだけ気持ちよく殴ったあと、時代Ⅱのミノタウロス側の攻勢を受けつつパンプスペル分も考慮して死なない程度に細々殴って、最後は時代Ⅲテアでカムダチラ見せして残り3点となったところを3点のユニットで殴ってチャンプ強要、向こうの返しの打点を減らす。結局テアに対する回答がないみたいで投了をもらう。


・2戦目 陽光ゴズ 先攻
みくちょりんさん。サイコロ勝ち。相手の使用デッキがわからなかったのでとりあえず先攻選択。これはハズレで相手はゴズ。おそらく後手有利。が、曹操分でどちゃクソに有利なので内心勝ったなとは思いながらのスタート。
初手に青が多く紫も石にできるようなカードが来ないため、青マナが普段より少し多く(4コス時点で紫2青2)なるような進行となったが、双精を時魔でレベル下げて戦闘に参加し、他時代Ⅱ連中と小刻みにライフを奪っていき、どこかで全除去打たれてもトップした速攻ユニットでなぐればええやんといういつもの天空紫vs陽光ゴズの有利な盤面にもっていこうとする。
しかし、向こうも青護符で攻撃を止めたり、メニズマ昇華レティメニ、次ターンメニズマのハンデスで貴重な曹操やらユニットやらを奪いつつベルスネでそれらを強化する陽光黒単のような動きに。
これが普通に致命的で手札も枯れ果て、最初の盤面とは打って変わってラインですら勝てなく……なったところに曹操トップ。結合もあり、パワーが伸びた上に、増えたATKでチャンプ強要して盛り返す。こいつ引きだけかよ。
そんなことしている間に時代Ⅳへ突入、ゴズ側が黒7コス用意したので、あとはノスフィザを引き込んで必殺技で終了するか、それより早くにこちらがライフを削り切れるかの通常では考えられないような決着の遅さ。しかしながら向こうもノスフィザを引けず飛んでくるのは除去ばかり、接吻で地味ぃーに回復され2点まで減らしたライフは4点まで伸ばしていく。やめろ回復するな。
盤面は向こうの血牙の闇色魔女のみといった盤面で、いいだけ結合したものが除去でかえってきて姫神2枚に時魔、CA値は4でテアが待ち構えている。土地は紫3青3、ドラゴン引いて発展か速攻引いてテアと一緒にでなんとか盛り返せるかというシーン。ざっくり計算してみると発展するのは5割。俺なら5割もあれば行けるな、よし。しかしながら発展しないということもあるからまぁ結果を見届けよう。まずはトップをチラ見。

服部半蔵「よぉ」

インドラがよかったけど2コスだしまぁええわ。さてあとはめくって発展するだけ……

曹操「お ま た せ」

あああああああもうやだあああああああぁぁぁぁ!!!!!ライダー助けて!
そうなってしまったものはどうしようもない、とにかく半蔵でなんとか凌ご……
ん?(半蔵 姫神 姫神 時魔 紫3青3)
時魔埋めて半蔵に姫神べたべたしてアンブロにして勝ち。実は勝ち確カード引いてたとかこいつやっぱラッキーマンだわ。文量からわかる通り一番長く疲れた試合であり印象に残っている試合。ライフ的には20-0での勝ちではあるがこんなの無意味ではある。



有利であると確信していたゴズに対して不本意の長期戦、これをなんとか制したところで完全に浮かれてしまった。勝負への集中力が欠けた状態。まだ3戦もあるのにこれはまずい。気合を入れなおさねば。とかそんなこと考えてた。


・3戦目 天空紫t白 先攻(後攻)
麦千代子さん。問題の試合その1。もう↑の先攻(後攻)の時点で自分で何書いているのかわからない。だってそうなんだも。
お互いデッキわかっているのでサイコロ勝った相手が後攻選択。

初手に半蔵3枚。なぁにこれってなるものの先攻で半蔵、姫神ありとそこそこいい感じなのでキープ。試合開始。

相手1tテア出してエンド。いいスタートである。
こちらCCめくって半蔵埋めてエンド。次も半蔵埋めて半蔵だしてやろう。
相手CCめくって信玄配置。混色埋めると死んでしまうので15弾ロギナスをサーチし白石確保に行く。ミラー以外ではゴミだが仕方なく入っている感あるな。
こちらのターン……ん?なんかCAの枚数がおかしくね?(まだ気づいていない)
そういえば向こうテアスタートだったな。その時にクロノチェ……(気づいた)

「麦さん…なんで先攻やってんの……」

ジャッジよんで状況説明、まぁしょうがないのでそのままこちらが後攻ということで続行することに。
運営になぁんでそんなことになるんだとかぼやかれた気がする。

なんやかんやで有利な後攻となったわけだがそうなるとこの手札微妙ではある。思惑通り半蔵姫神できたものの引きが弱く、時代にユニットが追い付いていない。再試合ワンチャンあるのではないかという話は相手から出たが、そんな話が出たのはさらに数ターンたったところでこちら不利だったのでそこで再試合というのも不利だからごねてるみたいでいやだったし面倒なのでそのまま続行。勝敗確定盤面で麦さんが申し訳なさで動けなさそうだったのでカードをデッキに戻して負け宣言。プレーオフで勝つからいいと告げる。
形はどうあれ一敗。勝たねば。


・EX:sstさん(天空黒t青)vsアイアンコードさん(アトランティカ白橙)
昼前なので観戦。みんな大好きガバのsstニキだゾ。見ないわけないじゃない。
場面は白橙側のターンで時代Ⅲ、CA6から玄女CBでメルカヴァサーチでゲイン。
盤面にイデアスがいたのでアタックして黒青側のアシャーを除外、結合された姫神とかが手札に戻る。オーラ5点。
黒青のターン。あっ、おいまてぃ。発展するのを忘れているからアシャーはイデアスで除外されないゾとかそんな物言いが入って巻き戻し。アシャーが生還。発展忘れには気を付けよう!
生き残ったアシャーが殴ったりなんだりでライフを詰めて残りライフ2に迫る。黒5マナあったので3コス以下のゾンビがいればほぼ終わりだが何も出ず。白橙にターンが返ってくる。白橙側今度は発展しイデアスでアシャーを対象に除去、アシャーがなにもせず死ぬ。おい犠牲にしてドレインしろ。この辺でaaaa君と一緒に頭を抱える。黒青側にターンが戻ってくる。トップした限定死を叩きつけて再度アシャー配置

勝ってんじゃねぇか!!!!!いい加減にしろ!!!

ぐだぐだやって判定までもつれ込んで黒青判定勝ち。終わった瞬間にsstニキはいじられる。
ガバがガバを呼ぶ恐ろしいゲームだった。


・4戦目  陽光白橙 後攻
地元民。サイコロ勝ち。相手のデッキカラーがわかっていたので後攻選択。陽光橙以外は後攻選びたいかも。さっさと時代Ⅱに行きたい。
2tウルディをリクゴウCBで焼いて2コス出す糞スタート。相手はハルモネスカするが、そいつをいたずらな雷精姫でやいた後、再度ハルモネ、ヤマトタケルがでる。こいつを大極風で戻すと白3つが出せずにうまく動けない。最終的に昇天を埋めながらやっと出たヴィルフレイマの返しに速攻ユニットに姫神つけて叩いて終わり。序盤のドブンのおかげでヴィシュヌ等脅威を受けなくて済んだ印象。


・5戦目 天空青単スノーウィ 後攻
SHO君。問題の試合2。サイコロ負け。
青系はいやだなーとなんとなく思っているが、実際のところそこまで不利ってわけでもない。信玄含む武将がバウンスされないので特に青単だと凍結させ続けるしかまともに対処できないのである。ってなわけで信玄にべたべた結合張り付けてインドラとビート。お互いにゼンリアイネと殴り合うような形になるがさすがにこっちのクロックのが高く、今だけは微優勢。1→2の発展でリンヒナセ回収されているので時代Ⅲ前は殴ったらまずいなぁと意識。ってかそれでもヴァルニカいるじゃん強すぎかよ。
青はガスタルフが面倒な気がしたので雷帝翔吼破を握りしめていたが、発展時に回収されず、さらにはボラグトゥがスカった上にガスタルフが2枚ボトムへ。あっ、打てるようになったかなーダメだシャクシャインいるじゃん取っておかないとやられてしまうな。と思ってた頃にノザスラとエルダが出てきて信玄指定。時代3まで2ターン。次ターンこれが殴れないとなると困る。しかし除去はガスタルフやノザスラに打たなき……ヒャッハー!我慢できねぇぜ!エルダを除去だぁ!
これは大極風で逃げられる、もエルダが再度出た返しにはこちらが時代Ⅲなのでレベルをあげられようが殴れる。凌いだぜ。
返しで信玄指定で再度エルダが出てくる。発展するから関係ねぇなぁ?しかし次は先置きリンヒナセである。殴ったところで次向こうが発展して凍結されてしまう。速攻ユニットの追加も大きな意味はない。持ってたのは知ってたけどどうしようこいつってなったところにトップ雷帝翔吼破。こいつやっぱり引きだけマンでは?リンヒナセを除去して返しではまだ死なないことを確認しつつ殴りって残り2点まで詰める。
相手時代3へ発展。こちらの場は全員寝ているので全員で殴ってくる。残り3点。次ターン決めれなければ負けだなといったところに5コスヴァルニカ着地。信玄凍結だが残りのインドラが逃げれる。えっ、インドラ戻したら勝ちじゃん、と思って。
戻しまーす
アイネがいるので紫石凍結されまーす。忘れてたわそれ。
でも紫ダブル残ってるからへーきだもんね。からの青埋めて笛だして終了。それは話が変わる。これを凌ぐにはデッキに1枚眠っている消因術を引けばいい……

トップをチラ見。

半蔵「やぁ」

まぁそう都合よくいかんわな。
クロノチェックしよ。

消因術「お ま た せ」

このハゲー!違うだろー!?

しかしながらよく見ると相手はアイネ含んでフルタップに動けないヴァルニカと笛があるだけ。マナも残っていない。
笛は3コス以下バウンスだから信玄でサーチして持っていた曹操でよいのでは????


ここで問題のシーンをおおまかに。
「曹操配置。ヴァルニカはレベルⅣで動けませんね?」
「はい。」
「笛は3コス以下対象でライフは2点ですね?」
「はい。」
「じゃ曹操で攻撃。2点。」
「信玄に笛。」
「信玄は(効果で)バウンスされません。」
「いえエルダで効果消えてるのでできます、でバウンスされるのでアイネで…」
「(ファッ!?)」
(このへんですでに殴って寝ている曹操を見る)
殴っていますよね?(絶対に負けたくないので無理やりだろうがなんとかなってほしい)」


うさんくさいけど通して勝ち。どうしても勝ちたかった。
フェイズ以降宣言を怠ってはいけない(戒め)。
この場合フェイズ宣言ちゃんとしていないのでおそらく巻き戻せる案件だろうとは思います。
結局勝ちということになったんだけどやはり申し訳なさがある。


もううさんくさい4-1でプレーオフ進出。麦さんが1位通過で交通費。
残る2~5位でプレーオフかと思いきや1位通過者が権利自体は持っているのでそのぶん下りてくるとのこと。3つの権利を2~7位で奪い合う形に。
これのおかげで陽光黒単相手から陽光ゴズ相手に変わった。やったぜ。

プレーオフ 陽光ゴズ 後攻
2戦目のゴズと同じ人。順位で勝っているので後攻選択。さっきは信玄曹操が来なくて苦戦させられたがもう許せるぞ?
マリガンして信玄来ず。あのさぁ…
相手先手1tノスフィザ。
後手1tCAヤードに信玄。信玄さん?
紅忍軍CBから半蔵着地。木枯らしつけてぶん殴るクソプランに。3500/4の半蔵が暴れまわる。
向こうの動きも悪くなくノスフィザで1アドとりつつ、オルシャ闇色魔女ノスフィザみたいな場に。
ここで相手は時代Ⅰオルシャしていたのだがミスプレイではなく普通にアリな行動だとのこと。確かに次t発展でメニズマからハンデスすると気持ちいいし闇色魔女でさらにドンといけるのでこれはいいプレイだ、勉強になるなぁあのデッキ面白そうだなぁとか思ってた。さらに発展時に闇色魔女が出てきてすげーいやーな場に。一応雷帝翔吼破があるのでハンデスに合わせて焼けば何とかといった具合。大極風も1枚あったのでこいつを投げればゾンビが数でることはなさそうだ。
しかしハンデスが厳しく手札が枯れるのは早い。ハンデスされそうなのはさっさと石に埋めつつこちらは半蔵インドラ等で殴っていく。手札は枯れ、除去や青護符に阻まれながらも引いたカード投げつけながらユウファCBでいい感じに殴ったりで相手残りライフを4点にまで削る。
時代Ⅲ到達時にカムダトップ。実はCAヤードにテアがいるんですよこれが。なんと向こうの場には(青護符つけば動ける)小腐龍と闇色魔女、ノスフィザとオーラ持ちがいない!しかしながら5色マナ1枚浮いていたので昇天があり得る。でもやはりこいつ引きだけでは
テアを配置してインドラパンプ。戦闘に入ったところで白輝昇天。
まぁそうなるなと思うも対象はインドラ。インドラですか?ってつい聞いてしまったがそうだというのでそのまま処理。時代Ⅲにはなっていてクロノチェックに魅力を感じなかったのでドローを選択。
続くテアがオーラもっておりゃーして終わり。

その時は気づいていなかったけど昇天以前に相手の場には闇色魔女がいるのでカムダ1枚持って行ったところでテアはオーラを持てず通らない。相手が戦闘前に昇天打ってたまたま俺がドローを選択したらか手札枚数が間に合ったとかなんとか。インドラ対象だった理由は時代Ⅲテアを考えてなかったとかなんとか。


なんだかよくわからん勝ちを重ねてとりあえずの権利持ちになったので良しとする。
優勝者の麦さんにしか負けてないし彼は遠征勢なので実質北海道1位の実質無敗です(いつもの)

使用デッキの需要皆無な解説はまた今度。みたらわかるだろうしこれ書くのに何時間かかったと思っているんだ。ぷんすか