702グラインダー!のオナ日記。 妄想作家:エロビデオ監督ブログ

日々のぼやき。なぁなぁ人生からあわよくばエロビデオ監督になろうとする呑んだくれメタルキッズのサクセスストーリー!!

2006年02月

オフィスレディ、略してオフィディ!

いや、略して

OLですよ。

何、いってんですか?
2月も今日で終わり。
誕生日は4年に1度とか、言って楽しんでる人は
ボクのザーメンをプレゼント。

いや、ね。
うちのおっちょんが明日からOLになるのです。

以前の仕事をやめて、就活を再度、はじめるコト2ヶ月。

3社受けて、見事、1社ゲット!!

コレも、偏に皆様の類まれなる…

いや、おっちょん1人の努力の結果です。


以前の仕事は歯医者さんの事務。
次は、商社の事務。

思いの外、コスプレ好きなのかもしれません、ウチの妻は!!

ん〜。
やっぱ、OLってアレですか?
給湯室とかでお局上司のグチとか、いっちゃったりするんすか?
係長の大事な湯飲みを割って、ドヤされたりするんですか?
一月に一度の社長チェックで、エロエロ接待とかあるんすか〜??
大量のコピー頼まれて、わたわたしてたら、曲がり角で人とぶつかって慌てて、拾い集めてたら、男前な営業マンが手伝ってくれたりするんすか〜???


おー、一般企業に勤めていないから、妄想は膨らみますなぁ〜。
上司と不倫とか、してしまうのか?ウチの妻は??

新婚さん、ピンチ!!!

アルゼンチンダンゴを食べる日。

※ダンゴ三兄弟の節に乗せて歌って下さい。
♪っタ〜らッ!

口が悪いよ、全員♪ 全員♪

態度がデカいよ、全員♪ 全員♪

顔も恐いよ、全員♪ 全員♪

亀田三兄弟♪っタ〜らッ!


ちゅうことで、やりましたねぇダイキくん。
浪速の弁慶。
中庭の手入れ。

有言実行、ってヤツですね。
なんか、そのヘンのコヤンキーと違ってカッコいい。ファッションセンスとかはともかく。あの態度とか、あえて狙ってやってるんじゃなかろうかと思わせるほど、頭悪い感じがとてもいい。ホントに勝てちゃってるんだから、許せるねぇ〜。ボクシングのコトはよーわからんけど、あぁやって本人たちも自らタレント化してるコトを自覚して視聴者を釘付けにしちゃってる姿はすごいね。ボクみたいなにわか格闘技好きがやっぱ、見ちゃうんだもんね。そうやって、自分のシーンを盛り上げようとしてるのはいいコトです。想像以上のプレッシャーがあるだろうに、あの頭悪そうな態度で、それを見せない姿はなかなか、よくできたお子様たちだ。ソレとやっぱ、とーちゃんがすげー。ちゃんと、ムスコらにさせてるメニューをこなせるらしいからね、あの年で。バカを演じてバカになって…ストイックにマジメなんだな。ステキだよ。ファッションセンスはともかく…


でも、気になるんだよねぇ〜彼らの恋愛。
長男くんはもーバリバリいわしちゃってるかもしんねーけど、
次男、三男はヘタうちゃドーテイくんだろう…
いや、そうであってほしい。

いつもあんな口調で話している人は
セックスする時は、どんななんだろう…
などと考えてしまうのです。

だって、態度のデカさとチンポのデカさは、比例しないからね。
パンチの速さとチンポの速さが比例しちゃってたら、情けないよね…

誰だってはじめてはキンチョーするし、
日本男児たる者、女の前じゃなさけねぇ姿は見せられんからねぇ…
スゴく気になるねぇ〜

ポワワワ〜ん…(想像してる時のフキダシの登場)

三男君に初めて彼女が出来て
いつも通り、デカい態度で初めての夜…
相手は強い男が大好き!アナタについて行くわ!ってタイプの女のコ。
だけど、彼には知らない事実がただ1つ!!
相手は結構な数の男を知っている…

はやる思いとキンチョーを隠せたとしても、
AVで得た知識と本番じゃまるで、違う。
どんなに虚勢をはっていも、そのヘンの対戦相手より遥に手強いよ。
どりゃ!と一発かましたところで、相手のカウンターに秒殺…

次の瞬間、女はベットに踏ん反りかえって、タバコをふかし…

かわいいねぇ〜

ポワワワ〜ん…(想像してる時のフキダシの登場)

あの兄弟がm男だったりしたら、どーだろうか?
エロいおねぇさんに
「あんた、いっつもバカみたいにデカい態度でしゃべってるけど、情けない小さなチンポしてるわねぇ〜」
とか、言われて
「ごめんさい、おねぇタマ…」
とか、甘えたりして
「何、甘えてんのよ。また、エネマグラ入れてほしーの?」
みたいな、会話が成立してたら、どーしよーか?

とにかく、普段態度がデカい人が実はm男だったらなどと考えると
楽しくてしょーがないよね。


ガンバレ!亀田3兄弟!!
でも、あんな、興行の人らはお金たくさんもってるだろうし
すげー贅沢な「お遊び」で大人になってくんだろうなぁ〜

ヤンキー=純愛 神話は崩れるのか!!!

おー、気がつけば!

おー気がつけば、このブログが始まって1年ちょっと。

ボクが書き出して、もうこの2月で1年目に到達していた。
スゲー、続いてるね。
飽き性のボクでも、続くんだなぁ…


関心、関心。

あーおなかがスキました。
明日は、浜名湖から、友達がくるよ。
1年ぶりくらい?楽しみだ。タマネギもってくるかなー?

ワタシはビョーキで、タマネギ畑!バーィ、ザ・スターリン。



昨日書いたのの続きみたいなもんです。

撮影日が決まり、その旨をおっちょんに報告。
休みを挟むので、当初の予定より、家を離れる日が増える。

新婚さんだからか、甘えたさんだからか、
おっちょんは渋るのです。そんなコトいわれても、ちょっと…

基本的に、常に自分は諦め思想から物事を把握するタイプの人間なので
期待ハズレという感覚が薄らいでいるから、こういう時どんなコトバをかけてあげていいか、わからない。ボクに期待するな、というのは酷なコトくらいは、わかっているつもり、ちさと。

自分がこんなんだもんで、相変わらずヘタな人間だと思う。
ココに関しては、随分人より劣っているという劣等感に苛まれる時もあるけど、
すぐに
ま、しゃーねぇ人間だもの。と他では他人より勝っている気になってあつかましく世に滞在するのですよ。


まこチン監督より
「1コーナー考えておいてね。」
と、いっていただき(ん、めんどくさいのか?ネタ切れかw変な気遣いか?)

やっぱりアワヨクバ精神論の元、チャンス到来。
今回の商品イメージを壊さぬように、ボクの超天才的バカバカパワーでケミストリーをスパークさせるのです。

いいコトを思いついたのでコレを取り入れようと思いますが
ま、まだ秘密です。

この業界はパクリパくられですからね。
こんな、名もなき少年から才能のタネをもぎ取る卑劣な大人たちの世界ですから

なんてねw
ボクはパクリ芸人ですから、諸先輩方のネタは大いにパクらせていただきますよ。
もちろん、オレフィルターを通っているので、排出されたコロにはオリジナルってことでw

そんなこんなで1コーナーをいただけるコトとそのネタを
おっちょんにコーフン気味に話すと、

「AVは何がしたいんか、よーわからん」

と、冷たくあしらわれたのですが、ネタを思いついてしまって、オレってやっぱ、サイノーあるんじゃね?などと1人勘違いにも似た感覚に襲われているボクは珍しくそんなおっちょんの態度にめげず、熱くAVを語ってしまったのです。

ま、このネタすごくスゲーみたいな前フリですがフタをあければ大したコトはないんです。ただ形に出来そうだというコトが素直にうれしいのです。



そういうコトでにーちゃん、3月中順にそちらに行くので、泊めてください。
コレみたら連絡くれ。

新作撮影、決定。

やっとこさ、次の撮影に動きだせる兆しが見えてきました。

なげーよ!おせーよ!!

まぁまぁそういうコトいわずに…
色々、あるんですよ、こんくりーとジャンゴー!!

ま、とにかく前進をまた、始めたわけです。



自分たちの向かうべき先と
目先と
現状と

まだまだ障害が多い。
我々、被支配化階級の民は

システムにガンジガラメです。

ま、この枠の中。という設定だからオモシロイ。
自由を想像するから、オモシロイのです。

本当に自由だと、多分つまらない。
幽体離脱は、するから、オモシロイのではなく
幽体離脱してしまったことを想像するからおもしろいのですよ。

だから、人間やめられないんだよね、きっと。
肉体というシステムに、拘束されてるから、想像するんだ。人間は!!

今回、決まったVの撮影だってそうだ。
出来ないこととか、色々枠組みの中から、どれだけのことができるか
想像するから、エキサイチングなのだ。

透明のガラス箱に閉じ込められて
膨らむ風船がいつ割れるのか、
ひやひや、びくびくするあのエキサイチングなバツゲーム。
あの感覚だろう。

やってやろうじゃない!
透明のハコは正立方体じゃないよ。
どこが凹んでてドコがでっぱてるのか、
風船はドコまでもふくらむぜ!!

今日は、風船フェチの人の話ではないよ。



そういや、昨日おっちょんと子造りの予行演習をしたのち
チチクリあっていたら、
何となく、脇をベロベロなめまわしてみた。

「そんなコト、ドコで覚えたの!?」というので

正直に、

「工藤監督の作品でやってた…」

っていうと

「また、私を実験台にして!!」

と、怒られた…
たのしいかなぁと思ってやったのに…
本当に実験台にしていたら、縛り上げて便器に固定しています。
ウソです、言いすぎました。
いや、ホントかも…

プライベートなんで、写真はチョット…(売れっ子タレント風)

うーん、難しいねぇ
Profile
702(Naoki)グラインダー!
1980年神戸でこの世に生を受ける。
暖かい理解ある一般家庭で育つ。
のらにくらり、いつもちょい平均以下のなぁなぁ人生を生きる。
この間にたくさんの良質な音楽と演劇、映画と触れ、暖かな素晴らしき人々に巡り会い、幸せな人生を送る。

学生時代から大阪茨木で独り暮らしをはじめ生活のタメにセルビデオ店で働く。

大学卒業後、就活が面倒だと思いなぁなぁ人生から立志、あわよくば人生で日々繰り返す妄想の具現化を目指しAV監督への道を歩みだす。

覆面監督、ようするにブルへリアのマネ。
ウソ。ただの隠れ目立ちたがり屋。

学生時代には
映研の友達と共謀して
自主制作映画
『 I H8 GOD 』
を、企画・原案・出演
上映会では
意外とイマイチな反応。

卒業前に
故・田村健(マンガ家)に告ぐ
自主制作映画
『ラブ ファック ア 失禁ロケット』
を 企画・脚本・演出・出演するが
未だ未編集のまま。

日々、酒を呑み妄想を膨らましている。
酒呑むことを自己投資だと、本気で思っている。
Recent Comments
タグクラウド
モブログ
  • ライブドアブログ