702グラインダー!のオナ日記。 妄想作家:エロビデオ監督ブログ

日々のぼやき。なぁなぁ人生からあわよくばエロビデオ監督になろうとする呑んだくれメタルキッズのサクセスストーリー!!

2006年03月

旅は道連れ、世は情け。

ba9679cc.jpgこの度、ヘリポVIDEOの第3弾の撮影にあたりまこちん監督の助手(?)として同行していた。もちろん、強力な協力をしてくれるのは今もっとも業界から注目を受けている実録出版さん。
だから、横浜に行ってたわけです。

昨日あたりに書いたけど、一言でいうなら

ほんとに今回は付いていってよかった。ってこと。

濃いぃ日々を過ごした。

3/19出発

出発前に衣装分のアクセサリー等を買うために駅ビル(ビル?)ロサヴィアにて買い物。アクセサリーなどは鋲とか民族モノとか昔はつけてたけど、ナウいのがよくわかんねぇしおっちょんに手伝ってもらった。おっちょんはこのボクの出張中は実家に帰るため、いっしょに出かけた。横浜には前日入りしておこう、という話だったのだけど、結局、まこちん監督は仕事が忙しいらしく1人で新幹線に乗り込んだ。新横浜に到着。地下鉄に乗り込み終点まで、小田急に乗り換え藤沢へ。この出張中はおにいの家で寝泊りするコトになっている。久々の再会。まだ、前歯がなかった。やっぱ、歯抜けは間抜けだなwなんでも、前歯がないとキッズにウケがいいそうだ。とりあえず、MAX藤沢店がお兄の家の近所にあるのでよってみる。いい店だ。ウチも見習わなければいけないトコがあるな、と思った。お兄にパスタを作ってもらい、それを食べながらビールのロング缶を2本空け、色々と話をした。お兄はボクのコトを本当に見てくれているから、よき理解者だ。だから何を話してもおもしろい。

3/20(撮影1日目)

朝、小田急の藤沢本町までお兄のチャリでいく。駅には地元の高校生が群がっていた。関西では今、スカートを長くしてはくのが流行っているので久しぶりにみんながみんなのスカートが短いのを見ると懐かしく思う。京都のコらも短いが、ボクは長い方がスキだな、などと思うが若いコの太ももはやっぱいいね。彼らがいう「絶対領域」はうなずける。電車に乗り込み新横浜まで行き、まこちん監督と合流。こう違う土地(関東)に出てくるといつも思うのだけど、人の会話する声を聞くと面白い。基本的に京阪神がベースに生活しているので、「この手の顔の人は、こんな声色でこんなしゃべり方」みたいなのがコッチよりのイメージが濃くあるのだけど、その先入観が関東の人がしゃべっていると狂う。え、こんなイカツイ顔してるのにかわいいしゃべり方!みたいなね。これが楽しいから、極力電車とか人が多いところにいるときはヘッドフォンをはずしている。前日、お兄にそのコトをいうと、地方の大学に行っていたりコッチの生活がソコソコ長くなっているからその感覚はわからん。といわれたけど、やっぱおもしろいのだ。
実録の事務所につき、先生とBANCHOさんと再会。先生は去年のホワイトデーあたりにコッチに来ていただいた時以来。1年ぶりだ。BANCHOさんとは二村監督のイベントで初めて会っているし、今回の撮影の打ち合わせなんかでやり取りしていたせいか、久しぶり、とはちょっと違った感覚だった。前もって送っていた僕らが使う衣装やら小道具をスタジオに運び込む。おお、実録の名作の数々はココで生まれているのか…普通のマンションなのにこんなトコでAVを撮っているのかと思うと、怪しすぎるしなんだかとても神聖な場所に踏み入った感じだ。ものオジしていてはいけないのでココロの中でおまんこおまんこ、へへへ。と思うコトにしたのだけど、工藤監督と再会。コッチに来ていただいて、お会いしてるときとは違いやはり現場の指揮官であるという風格に圧倒されてしまった。さすが、の一言。今までのヘリポ作品は大阪のm性感で働く女性に出演していただいていたのだけれど、今回は女優さんを起用。そんで今回、出演していただくのは

常夏みかん

騎乗位が最強の痴女優だ。いや、彼女のふくらはぎは騎乗位によって鍛え上げられている。正にアスリートだ。そして、底抜けに明るく彼女自身が現場を盛り上げてくれていたムードメーカーでもあった。

スタジオでスチール&イメージ撮りをしてホテルへ。BANCHOさんと2人でタクシーに乗り移動。横浜スタジアムを発見。あ、あのデカい観覧車!うおー!うおー!ってスグおのぼりさんになるボクでした。撮影はちょっとしたハプニングはありましたが、やっぱ常夏っちゃんの元気さでカヴァーしてくれて、コッチが安心させられてホント申し訳ねーな。と思う反面、やっぱこのコ、プロだ。スゲーと関心させられ、どっちにしろ頭があがんねー感じでした。ヘリポ組の撮影が終わって、小次郎さんとまこちんと阿里山でメシを食う。あ、そういや朝からなんも喰ってなかった。ガッツリ中華。

お兄の家に帰り、またビールロング缶を2本あけながら、色々と話をした。ジャンル、フィールドは違えど、人と接するこの世の中。お兄には見透かされてる感じでまた一皮剥けさせられた感があった。だから余計、お兄と話す機会がないから、こうやってココにくるんだ。別にまこちん監督とダブルベットで寝るのがいやな訳じゃないんですよ。いや、やっぱダブルはいやだな。せめてツインだ。じゃなくて、いつまでたっても、弟は兄に育てられちゃってるから、お兄と会うと成長した自分やまだまだ至らん部分が見えるきがするからだ。ボク、ブラコンだなー。いや、ファミコンだ。ファミリーコンプレックス。家族大好きだからね。

長すぎるからまた書きます。前半はこんな感じ。

旅の恥はかきくけ

マジ、やベーよ。

帰ったら書くよ。

たのしい。

色んな人に世話になってる。

人は1人ではいきていないよ。

いやぁこの世界、この地球。その点。その点でしかないけど…

帰ったらアップしま。

楽しい、マジでたのしい。

旅立ち

明日の夜からよこはま〜

撮影です。

おまんこー!!!

あっち側、過去側。

最近、更新が滞っていますが、名古屋コーチン。
いや、別に名古屋にはいってません。

今日は、ちょいと取引先の某メーカーさんのトコロに行ってました。
そう、加古川へ。

懐かしい街です。加古川。
ボクの、初めて出来た彼女の住んでいた街、加古川。

いきがって、バンドをしていた時、なぜだか知らんけどライブをした街、加古川。
だいたい、神戸の友達しか、いねーのに、加古川でライブしたってお客さん、来ませんよ。だから、ノルマなんて達成できず、ど借金。とーちゃんに立て替えてもらったのに、メンバーは何故だか未納。ひどいヤツらなので、解散。

そんな、甘じょっぱい思い出がある街、加古川。

ん〜懐かしいねぇ〜。

茨木から約1時間ちょいでいけます、加古川。
国鉄に乗り、なぜかCDウォークマンの中身はユニコーンをチョイス。
ほしがりません、iPOD。だれか、くれ。

あの、遅刻しそうなのに今日のCDを選ぶ楽しさがよいのです。

しかし、加古川。過去側になってます。後ろ向き。
そういや、ボクは忘れっぽいけど、スゴく過去に執着してしまうタチだな、などと思う。あのときを考えるから、モノが捨てられないし、な。

あの時があるから今、こんなのになってて、ソレわかってるし、自信も持てるようになってんだけど、過去ってなんか、もったいないお化けでてきそうな感じがして、振り返りたくなる。すぎちゃったコトくやんでも仕方ないから、前ばっか見てる分、妙に気になる。他の人が感じてる以上に。いまだに、あの名前も忘れちゃったような人と話がしたい。と思う。あの時では観れなかった何かがこの空白の時間の中で変わって、またこれからの人生をよりよいものにしてくれは、しないかと思う。

時間軸って不思議。なんで、あんなに語り明かした友と連絡を取らなくなって縁も切れ切れなのに、寂しくないんだろうか、胸はこんなに、キュンとなるのにね。

それはそうと、『神はサイコロを振らない』見てた人いますか?
そんな話題にもなってなかったけど、不思議とおもしろくて見てた。昨日が最終回でした。ん〜、そういうオチね。いや、寂しいけどさびしくない。そんな気持ち。

まんこ。
すみません、いいたくなっただけ。

加古川、過去側。
昔の彼女。元気にしてるかな?
ex友達が、自分のコドモが出来たとき、しなくてもいい報告をしてきたな。

「無事、元気な女の子が産まれました。そういえば、iちゃんもコドモがうまれたらしいよ。」

おまえ、そんな報告いらないよ。
連絡も途切れたけど、友達だったから、良き相談相手でもあったから、
ずっと会いたいな、と思っていたのに、お前は、ソレを知っていたはずなのに、何故そのタイミングなんだ?
だからex友達なんだよ、キミは。いらないね。これからのキミとの会話。

あの時の面影しかないのに、そのコはいっちょ前に、かーちゃんになったらしい。笑えるね。笑ってやりたいね。でも、どうやって会うんだ、バカやろう!人妻に、会いたいです。と言えるかい?彼女に(現、妻)昔の彼女に会ってくるよ。って言えるかい?いらぬ、思いをさせるようなコトをいうんじゃないよ!!ほんとに。どーしょうもないけど、何か腹立つよね。

ボクにはそんな過去側があったな、加古川。

深呼吸の必要

と、いう映画があったけど、まだ見ていない。

そんなコトより、

チンコキは必要。

つまり、オナニーのコト。
女性ではないので、女性としてのオナニーの必要性はまったくわかりませんが
とにかく、男性はオナニーが本当に必要であるというコトを改めて、感じている。

ま、幾度となくボクは唱えているから
皆様もご存知かと、思うが

ボクは
オナニーがスキだ。
こんな、世知辛い世の中で信じられるものは

己の右手とティッシュくらいなものだ。
いいすぎた。
でも、スキだ。

新婚生活で何不自由なく、暮らしているつもりだったが何、が不自由かってナニが不自由だ。

以前までのボクは
何度もイってるかも知れないが
毎日のように、ムスコと戯れていた。

が、結婚生活というのは、なかなかそうはいかない。
わかるかい?おたまじゃくしが新たな世界に飛び出す権利は、妻に委ねられているのだよ。
だから、ボクはムスコと遊んでやる時間が限りなく、減ったんだ。すると、どうだろう。今まで、自由に白い世界に飛び出していっていた彼らは、すぐにガマンの限界になるんだ。
要するに、今まで以上に敏感。そう、速さが増すの。So low。だから、法?意味わかんね!
なにせ、子造りの予行演習をしてると、ヤバいんだ。しかも、すぐにヤバくなるもんだから、コレぢゃいかんと、ちょっと気張ると、萎えるんだ。あげく、そっちのコトしか、考えれんくなるから、余計に立たん。悪循環よね。こんなにも、情けないムスコと思わんかった。

「わしは、お前をそんなコに育てた覚えはないぞ!」

といってやりたかったが、そんな頭ごなしにしかっても、ムスコとの仲はちじまりません。だって、ちじまってるんだから。

そして、妻の就職が決まり、朝早くでかけるようになった朝
ボクは久しぶりにムスコと2人、あそんだのだ。

あんなにもショゲかえっていたムスコが元気になるじゃないか。
やはり、たまには男同士、ゆっくり話し合わなければ…
お前が二十歳にぃなったらぁ〜♪

英五さぁ〜ん、オナニーって男にはとっても必要なのですね。
Profile
702(Naoki)グラインダー!
1980年神戸でこの世に生を受ける。
暖かい理解ある一般家庭で育つ。
のらにくらり、いつもちょい平均以下のなぁなぁ人生を生きる。
この間にたくさんの良質な音楽と演劇、映画と触れ、暖かな素晴らしき人々に巡り会い、幸せな人生を送る。

学生時代から大阪茨木で独り暮らしをはじめ生活のタメにセルビデオ店で働く。

大学卒業後、就活が面倒だと思いなぁなぁ人生から立志、あわよくば人生で日々繰り返す妄想の具現化を目指しAV監督への道を歩みだす。

覆面監督、ようするにブルへリアのマネ。
ウソ。ただの隠れ目立ちたがり屋。

学生時代には
映研の友達と共謀して
自主制作映画
『 I H8 GOD 』
を、企画・原案・出演
上映会では
意外とイマイチな反応。

卒業前に
故・田村健(マンガ家)に告ぐ
自主制作映画
『ラブ ファック ア 失禁ロケット』
を 企画・脚本・演出・出演するが
未だ未編集のまま。

日々、酒を呑み妄想を膨らましている。
酒呑むことを自己投資だと、本気で思っている。
Recent Comments
タグクラウド
モブログ
  • ライブドアブログ