2017年03月17日

B TABLE (1)

プレスのUです。

「地上8.5mの 物見台のある家」のクライアントから家具コーディネートのご相談です。
白く爽やかな内装、東にあるハイサイドライトから清らかな朝日が差し込む場所にダイニングテーブルの選定です。こちらのダイニングはリビングとスキップフロアによってお客さまから直接視線に入らないように配慮したスペースとなっており、少し囲まれた落ち着きある空間となっています。

落ち着きある空間に、存在感が強すぎないものを選びたい。
そこで、ご提案したテーブルは、、、、
クライアントのOさんと相談した結果、「B TABLE」。
モダンでありながら柔らかな印象のテーブルを選ばせて頂きました。

リビングのコペンハーゲンブルーのファブリックを張った造り付けソファー。このB TABLEといい北欧デンマークデザインの家となってきました。椅子もヤコブセンのセブンチェアで決まりですね。

B TABLEはあまりご存知の方がいないと思いますので、ご紹介。(メーカーHPより抜粋)
テーブルシリーズは、ピート・ハイン、ブルーノ・マテソン、アルネ・ヤコブセンらによるデザインのスーパー楕円、スーパー円、円形、正方形、長方形テーブ ルから成るテーブルシリーズです。シリーズにおいて最も広く知られているスーパー楕円テーブルは、ストックホルムのセルゲル広場の交通問題へのピート・ハインの解決策にインスピレーションを得ています。この独創的な形は数学者でもあったピート・ハインならではのデザインといえます。この楕円でも長方形でも ない新しい形は、サイズに関わらず調和するという魅力を持っており、この計算された形は、テーブルに末席をつくりださない点から民主主義のテーブルとも言われています。

私が大好きなテーブルのひとつです。(写真はshopHPより)
家具のコーディネートはインテリアデザインのとても大切な要素のひとつです。せっかくおウチが格好よくても家具がいまいちだと、、、ダサい。クライアントのみなさまの好みをヒアリングしながらご提案します。もちろん、飯田事務所が設計した家でなくても大丈夫ですよ!住宅に限らず、店舗、事務所でもご提案可能です!家具やインテリアの印象で集客、お客さまの印象も全く違うものになります。年度末、今月は家具が安く入るお店もありますので、ラストスパート!急いでご相談ください!

ご相談のお電話は029-887-5332
メールはこちらまで!

飯田貴之建築設計事務所
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見5104-3
TEL029-887-5332
http://iida-studio.com
info@iida-aa.com

ibarakikeikaku at 15:31コメント(0)トラックバック(0)阿見の家2 

2017年03月16日

IMG_1005

こんにちは、スタッフUです。
飯田事務所では現在、群馬県や千葉県でもいくつか住宅プロジェクトが進んでいます。

この日は群馬県伊勢崎市のクライアントと打ち合わせ。高速道路を使っても一般道をつかっても10数分しか変わらないのは流石に高速料金が勿体ないので一般道をつかってのんびりドライブ。

茨城県のつくば市から筑西市、結城市へ。思川を眺めながら栃木県の小山市に入り、栃木市を超え足利市へ。そして渡良瀬川を渡り群馬県の太田市に入り桐生市、みどり市そして伊勢崎市へ。月に何度かこのルートのドライブ。渡良瀬川に近づいたころ、田圃が広がった場所に現れたカラフルな風船。車を留めてみると、熱気球でした。

冒険家、石川直樹の著書でも熱気球のメッカとして渡良瀬遊水地が紹介されていたことを思い出しました。アフリカだったかな?熱気球で楽しんだあと、着陸地点の草原におりるとケータリングが用意されているような映像をみたことがあります。そのままグランピングを楽しむ。このアクティビティーをここでやっても楽しそうですね。

本題からそれてしまいましたが、伊勢崎市のプロジェクトは農地を宅地にして住宅を建てる計画です。農地転用、農転(のうてん)と言われているやり方ですね。農地に住宅を建てるにはいくつか制限がかかるので注意が必要です。また、農地を転用するには市町村の農業委員会に相談し、長いものでは数か月を要することがあります。お子さんの幼稚園入学、小学校入学を機に家づくりをしたい方は今すぐご相談ください!来年3月までに間に合わせるには最後のチャンスです!

電話は029-887-5332
メールはこちらまで!

今すぐ動き始めないと来年の入学時期までに完成が間に合いませんよ!
是非お急ぎください!

飯田貴之建築設計事務所
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見5104-3
TEL029-887-5332
http://iida-studio.com
info@iida-aa.com

ibarakikeikaku at 11:20コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月06日

こんにちは!スタッフのUです。

前回は、つくば市内で「一戸建てを購入して大規模リフォームしたい」との
ご相談を頂いたお話をさせて頂きました。相談者のIさんは購入するにあたり、
不安でいっぱい。(うーん、その気持ちわかります、、、。)
新築なら耐震性や断熱性も分かりやすく、どのように施工されるのか?と
直接設計者や施工者に質問できますが、中古住宅を購入となるとどうなって
いるのかわからない、、、。そして購入後の大規模リフォームといっても
どのぐらい費用が必要なのかわからない、、、。

中古住宅を購入して大規模リフォームをお考えの方、
リフォーム、リノベーションをお考えの方
3月19日(日)、先着限定4組の無料相談会を行います!
※残り2組ですので急いでお申込み下さい!
ご相談予約メールはこちらへ

中古住宅をリノベーションするにあたり大切なことが2つあると
お話させて頂きました。
1、総予算
2、何年住みたい(使いたいのか)

まず、総予算ですが500万と1000万ではできることに差が出てきます。

築30年、広さ1坪の在来浴室(タイル貼りのお風呂)をユニットバスにすると
解体処分、下地調整、配管、ユニットバス本体、組み立て、間仕切壁再生
そして管理費等多くの費用が必要になります。
また、キッチンも古いものを撤去して新しいキッチンメーカーのものを入れると
解体処分、下地調整、配管、キッチン組み立て、キッチンパネル設置、、、

そして、築30年延べ床面積(1階と2階あわせた面積)35坪の木造2階建ての
工事費というと、、、

1.屋根・外壁の補修、塗装で150万
2.浴室のユニットバスやり替え、、、
3.キッチンのやり替え、、、
4.・・・
5.・・・

あっという間に数百万円。
奥さまはもちろんお嬢さんがいらっしゃる家庭はやっぱり、綺麗なお風呂と
清潔なトイレにしたいですよね。

そして、間仕切り壁を取り外して広々すみたくありませんか?
間仕切壁を取り外すと、床や天井も補修する必要があります。
色々考えることは満載です。

じゃあいくら必要なんだ!、、、、。ということになります。

私たちは、「大切なことの2」に記載したとおり、あと何年住みたい
使いたいのかということをお伺いしています。

30歳だから、あと50年〜60年という方もいらっしゃるでしょうし、
60歳だからあと20年〜30年という方もいらっしゃるでしょう。

50年使いたいという場合はもう一度リノベーションかリフォームを
お考えください。電気や配管の耐用年数は20年と言われています。
ちょっと長くひっぱって(笑)、25年に一度改修すると安心して快適に
その後の25年をリノベーションすることを過ごすことができます。
構造の補強も頭に入れてくださいね。

基礎はどうする?
断熱材(天井、壁、床)はどうする?
サッシはどうする?
配管類はどうする?
電気配線はどうする?
様々考えることがありますが、簡単にいうと1000万以上の
ご予算であれば設計料を10%(100万)ぐらい払って建築家に
依頼した方が長い目でみていいと思います。
建築家に依頼するとデザイン!と思われがちですが、家にとって
必要な性能(耐震性、断熱性、省エネ性能)そして使い勝手を考えた
トータル優れたリノベーションができます。

それ以下(500万や800万とか)であれば建築家に20万ぐらい
払ってアドバイスをもらうのがお勧めです!
信頼できる工務店を相談したり、見積もり内容をみてもらうことが
できます。

中古住宅を購入して大規模リフォームをお考えの方、
リフォーム、リノベーションをお考えの方
3月19日(日)、先着限定4組の無料相談会を行います!
※残り2組ですので急いでお申込み下さい!
ご相談予約メールはこちらへ

飯田貴之建築設計事務所
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見5104-3
TEL029-887-5332
http://iida-studio.com
info@iida-aa.com

ibarakikeikaku at 17:34コメント(0)トラックバック(0)日常 

2017年02月27日

--170224 つくばリノベーションリフォーム
スタッフのUです。こんにちは!

つくば市内で「一戸建てを購入して大規模リフォームしたい」とのご相談を頂きました。相談者のIさんは購入するにあたり、不安でいっぱい。(うーん、その気持ちわかります、、、。)新築なら耐震性や断熱性も分かりやすくどのように施工されるのか?と直接設計者や施工者に質問できますが、中古住宅を購入となるとどうなっているのかわからない、、、。そして購入後の大規模リフォームといってもどのぐらい費用が必要なのかわからない、、、。そうですよね。

中古住宅を購入して大規模リフォームをお考えの方、
3月5日(日)、先着限定2組の無料相談会を行います!
※残り1組ですので急いでお申込み下さい!
ご相談予約メールはこちらへ

まず私たちは大規模リフォームのことを「リノベーション」という言葉を使わせて頂いております。
「リフォーム」・・・新築の状態へのお化粧直し
「リノベーション」・・・既存の状態をより良いプラン変更や仕様変更などで価値を高めること。

Iさんがお考えなのは「リノベーション」にあたります。さてさて、中古住宅を購入、リノベーションするにあたり、大切なことが2つあります。
1、総予算
2、何年住みたい(使いたいのか)
当たり前のような内容ですが、中古住宅の購入ではこれがとても重要です!
この2つの内容をご説明させて頂きました。

つくば市のIさんからは
「不安に思っていたことを相談したところ、とても丁寧にお答え頂いて、目の前の霧が晴れてきた気分です!」
と嬉しい感想を頂きました!

次回はIさんが目の前の霧が晴れてきたという内容にふれさせて頂きますね!
相談のお申込みはメールか電話で今すぐお問い合わせください!

飯田貴之建築設計事務所
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見5104-3
TEL029-887-5332
http://iida-aa.com
info@iida-aa.com

ibarakikeikaku at 10:35コメント(0)トラックバック(0)日常 

2017年02月22日

170222 土の香いちご
茨城県庁での打ち合わせで水戸へ。早い時間に終わったので、念願のハートフルファーム土の香さんに行ってきました。美味しいイチゴができてくる1月はなかなかハートフルファーム土の香さんを訪れることができず悶々として一夜を明かすことも、、、(笑)

2月も下旬に差し掛かっての訪問です。こちらのイチゴはToshiYoroizukaの鎧塚俊彦さんも使われているとのことで、飯田も鎧塚俊彦さんも納得のイチゴなのです!ToshiYoroizukaもワクワクする店ですよね!ケーキ屋さん(洋菓子店)というのは女子たちだけでなくともワクワクします!飯田事務所ではケーキ屋さんの設計をいつでもお待ちしています。(笑)

オーナーの皆さま今すぐ電話かメールで予約を入れてください!

20代の頃は、今はマロニエ何とかに変わってしまったプランタン銀座に入っていたアンジェリーナのモンブランが好きでした。ちなみにモンブランの発祥はパリのアンジェリーナ。なかなか忙しくてパリに行けなかったのでプランタンへ行っていました。(笑)

ケーキ屋さん、カフェ、レストラン飲食店を開業、独立、そして改装をお考えのオーナーの皆さま、無料相談会(予約制)を開催します!
次回は3月4日(土)です!
オーナーのみなさん、今すぐ電話かメールで予約を入れてください。

飯田貴之建築設計事務所
〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町阿見5104-3
TEL029-887-5332
http://iida-studio.com
info@iida-aa.com

ibarakikeikaku at 06:37コメント(0)トラックバック(0)日常 
livedoor プロフィール
無料相談会のお知らせ
ご相談は無料です。
気軽にお問い合わせ下さい。
月曜―金曜(9:00-19:00)
TEL029-887-5332
メールfront@iida-studio.comまで
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

掲載誌                モダンリビング185 2009年7月号
掲載誌                チルチンびと2009年7月号
掲載誌                住まいの実例セレクション45            2009年3月
掲載誌                つくばスタイル No8
掲載誌                月刊ハウジング2008年11月
掲載誌                月刊ハウジング2008年1月
にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ
Recent Comments
Archives