国際ビジネス事業協同組合

当組合の外国人技能実習生事業に関する記事を掲載します。

年末年始の出来事 その1

IMG_2277[1]IMG_3341写真[1] (2)securedownload[1]










  新年明けましておめでとうございます。
  
  今年の年末年始は9連休の会社が多かったようですが、実習生の仕事をしてますと、
 宿舎の巡回や実習生を連れて○○する みたいなことをします。
  それでも例年は仕事の日よりも休みの日の方が多いのですが、今年はいろいろと大変でした。

  その1
  
  12月29日深夜1時ごろ 熟睡をしていたところ、携帯が鳴りました。
  こんな遅い時間に誰だろうと、眠たい目をこすりながら携帯を見ると、実習生から。
  悪い予感が・・・電話に出ると、胃が痛くてがまんできない という連絡がありました。
  
  急いで服を着替えし自宅を出発。車を飛ばし向かっていたところ、また電話。
  “もう我慢できない!助けて”と言われました。

  彼は我慢強い性格なので、よっぽどのことだったのでしょう。
  危険だと思い、すぐに119番に電話し、救急車を呼びました。
  
  救急車は私よりも少し前に到着していました。短い時間で手際よく彼を救急車に乗せました。
  彼はひどい痛みを感じており、痙攣がおきはじめました。
  その後病院まで搬送。
  痛みはずっと続き、何回か吐いたようです。
  歪んだ顔が少しずつ元に戻ってきたのは朝五時でした。
  
  十二腸の潰瘍穿孔による急性腹膜炎と診断され、そのまま入院することになりました。
  
  病院では、病気の苦痛だけではなく、親戚も友人もいない異国で、言葉もわからず、勝手がわからない精神的な苦痛もあったかと思います。
  
  彼はそのまま初めての海外のお正月を迎えました。

  入院生活は彼にとってどれだけ不安であるか思うと、私も気になってなかなかほっとくことができません。
  
  毎日お見舞いに行きました。
  時には同じ会社の実習生仲間も連れて行きました。
  仲間たちの顔を見ることができ、彼は嬉しそうで、表情も和らぎました。
  
  病院の先生も、看護婦さんたちも彼に優しくしてくれました。
  言葉のハンディを補うため、写真のような手作りのカードを作りました。
  そんなこともあり、多少のコミュニケーションもとれたようです。
  そう、中国語で挨拶してくれた看護婦さんもいました。
  こんな光景を見ると、心が温まります。

  今の彼は回復に向かっています。またお粥しか食べられませんが、週末に退院できるそうです。
  入院時は手術をするかもしれない、長ければ1月以上の入院といわれましたが、幸い2週程度で済みそうで、会社にもあまり迷惑をかけないようで良かったです。
   
    
  
 

年末の大掃除

IMG_1313IMG_1322IMG_3330IMG_3325






いよいよ年末が迫ってきました。

今日はインドネシア実習生と宿舎で食事会をすることになりました。

年末になると、家をきれいにして新しい年を迎えるのが日本の習慣だと話し、
組合職員含めて9名で宿舎の大掃除をしました。

部屋、廊下、階段、応接間、
神様が宿るとよく言われるトイレと台所、
福の入り口の玄関にも細心を払い掃除をしました。
3時間しっかりとやりましたので、宿舎はピカピカです。
花も飾り良い雰囲気です。これで気持ちよくお正月を迎えられそうです。

掃除の後、お正月料理のお雑煮の作り方を教えました。
柚子の皮で香りをつけるなど本格的です。実習生もおいしいと言ってくれましたが、彼女たちの口にあったのか?です。
優しい子たちですので、話をあわせてくれたのかもしれません。

ちなみに、インドネシア実習生の話では、インドネシアでは大きい祭日が年に4回ほどあるが、日本のお正月のような日はないと聞きました。

その後、インドネシア実習生が伝統料理を作ってくれました。
疲れが取れるカレー風味の料理です。料理の名前はインドネシア語で「OPORAYAM」です。
せっかくですので料理名をローマ字で書いてもらいました。名前まで覚えれませんので写真で記録します。
おいしかったですので、今度インドネシアに行く機会があればまた食べてみたいです。
(あとサラダ、やさいスープも作ってくれました)

その後、理事長が宿舎に到着。せっかく石川県に来たので寒ぶりの味を覚えてほしいとのことで刺身の差し入れ。おいしい、おいしいと食べてくれた人も二人いますが、やはり無理な人が多いです。(特にわさび!)
さすがに口にあわなければ、いくら優しくても食べれないようです。

そんなこんなで楽しい夜となりました。よい思い出になればと思います。

皆様もよいお年をお迎えください。

冬になりました

  久しぶりのブログです。継続することは難しいですね・・・

  もうすっかり冬になりました。

  さて、最近、当組合のある会社の技能実習生が、仕事が終わり帰宅途中に寒さでやられて道ばたで30分ほどうずくまっていた、ということがありました。幸い親切な人が通りかかり、宿舎まで送ってくれました。(心温かい方、ありがとうございました)  
  
  実習生の身体は大したことがなく良かったです。
  その日のうちに、ダウンジャケット、雨具などを買いに連れていきました。

  実習生の健康管理についても、指導強化をしていきたいと思います。
プロフィール

ibcajp

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ